169件中 81 - 90件表示
  • 内藤大助

    内藤大助から見た両国国技館

    2008年3月8日に両国国技館で、前王者ポンサクレック・ウォンジョンカムと2度目の防衛戦。試合は12R判定でジャッジは内藤勝利1、ポンサクレック勝利1、ドロー1で引き分けとなったため、規定により2度目のタイトル防衛。ポンサクレックとはこれで4度目の対決となった(第4戦参照)。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤大助

    内藤大助から見たAll-nippon News Network

    柔和な喋り方が特徴。母親は非常に厳しい人らしく、これまでに一度も母親から褒められたことが無い。日本チャンピオンになった時も「世界戦を制して初めて褒める価値がある、日本王者になったくらいで偉そうにするな」と言われ、逆に怒られたという。夫人は1歳年上で、2000年に結婚、2人の男児を儲けている。宮田ジムのボクササイズコースに通っているのを見掛け一目惚れしアタックを開始するが、当時夫人には交際相手がいたそうで、困惑していたとのこと(内藤本人は「ストーカー」と自嘲)。しかし、内藤の熱意に押され、その恋人と別れて内藤との交際を開始したという。夫人の両親は都内で惣菜店を営んでおり、ボクシングだけで食えない頃はよく惣菜を分けてくれ、助けられたという。また、収入が不安定だったにもかかわらず、夫人との結婚を許してくれた義理の両親をとても敬愛しており、これまでの感謝の気持ちとして、テレビ朝日系列の人気番組『大改造!!劇的ビフォーアフター』を通じて店舗兼自宅のリフォームを「プレゼント」している。なお、本番組での著名人からのリフォーム依頼は内藤が初めてであり、後に「有名人の実家 リフォーム相談スペシャル」が企画される契機にもなった。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤大助

    内藤大助から見たお笑いタレント

    事の発端は2005年1月、当時日本王者だった内藤に対し、同時期にそのビッグマウスと派手なパフォーマンスで良くも悪くもボクシング界の話題の中心にいた亀田三兄弟の長男・興毅が、週刊誌のインタビューで「あんなん弱い。パンチもないしな」と評したのを受け、内藤が興毅に対戦を呼び掛けたことに始まる。しかし亀田陣営は、「誰やそれ? 興味無いわ」「6回戦レベル」などと歯牙にもかけない態度を貫いていた。これに対し内藤も負けじと、当時流行していたお笑い芸人・波田陽区の持ちネタ「ギター侍」に扮し、「結局逃げられて…残念! 亀田君、たまには日本人とやろうよ…斬り!!」というキャッチコピーを載せたポスターを作製するなどして亀田陣営を挑発した。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤大助

    内藤大助から見た大改造!!劇的ビフォーアフター

    柔和な喋り方が特徴。母親は非常に厳しい人らしく、これまでに一度も母親から褒められたことが無い。日本チャンピオンになった時も「世界戦を制して初めて褒める価値がある、日本王者になったくらいで偉そうにするな」と言われ、逆に怒られたという。夫人は1歳年上で、2000年に結婚、2人の男児を儲けている。宮田ジムのボクササイズコースに通っているのを見掛け一目惚れしアタックを開始するが、当時夫人には交際相手がいたそうで、困惑していたとのこと(内藤本人は「ストーカー」と自嘲)。しかし、内藤の熱意に押され、その恋人と別れて内藤との交際を開始したという。夫人の両親は都内で惣菜店を営んでおり、ボクシングだけで食えない頃はよく惣菜を分けてくれ、助けられたという。また、収入が不安定だったにもかかわらず、夫人との結婚を許してくれた義理の両親をとても敬愛しており、これまでの感謝の気持ちとして、テレビ朝日系列の人気番組『大改造!!劇的ビフォーアフター』を通じて店舗兼自宅のリフォームを「プレゼント」している。なお、本番組での著名人からのリフォーム依頼は内藤が初めてであり、後に「有名人の実家 リフォーム相談スペシャル」が企画される契機にもなった。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤大助

    内藤大助から見た頭突き

    2004年6月6日、日本フライ級王者の中野博(畑中)に挑戦。内藤は中野から2度のダウンを奪うなど一方的に攻め続け、6Rに偶然のバッティングによる負傷判定勝ちを収め、29歳7か月にして日本王座を獲得。同年10月11日、小嶋武幸(横浜さくら)を相手に初防衛戦を行い、日本タイトルマッチ史上最短となる1R24秒KO勝ちを収めた。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤大助

    内藤大助から見たノックダウン

    2004年6月6日、日本フライ級王者の中野博(畑中)に挑戦。内藤は中野から2度のダウンを奪うなど一方的に攻め続け、6Rに偶然のバッティングによる負傷判定勝ちを収め、29歳7か月にして日本王座を獲得。同年10月11日、小嶋武幸(横浜さくら)を相手に初防衛戦を行い、日本タイトルマッチ史上最短となる1R24秒KO勝ちを収めた。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤大助

    内藤大助から見たサミング

    2007年10月11日、初防衛戦を行い、亀田三兄弟の次男・亀田大毅(当時:協栄)を相手に試合内容で圧倒、ほぼフルマークの3-0の判定で勝利した。なお、この試合で大毅は序盤からサミングやローブローなどの反則行為を繰り返し行い、12Rでは内藤を抱えて投げ飛ばしている(参照)。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤大助

    内藤大助から見たフライ級

    内藤 大助(ないとう だいすけ、1974年8月30日 - )は、日本の元プロボクサー、タレント、ボクシング解説者。北海道虻田郡豊浦町出身。元WBC世界フライ級王者(第36代)。元日本フライ級王者(第49代)、元OPBF東洋太平洋フライ級王者(第35代)。プロボクサーとしては宮田ジムに所属し、タレントとしてはAK Global Agent(エーケー・グローバル・エージェント)に所属。血液型はO型。異名は「北の剛拳」、「最短男」、「国民の期待」など(詳細は後述)。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤大助

    内藤大助から見た北海道

    内藤 大助(ないとう だいすけ、1974年8月30日 - )は、日本の元プロボクサー、タレント、ボクシング解説者。北海道虻田郡豊浦町出身。元WBC世界フライ級王者(第36代)。元日本フライ級王者(第49代)、元OPBF東洋太平洋フライ級王者(第35代)。プロボクサーとしては宮田ジムに所属し、タレントとしてはAK Global Agent(エーケー・グローバル・エージェント)に所属。血液型はO型。異名は「北の剛拳」、「最短男」、「国民の期待」など(詳細は後述)。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤大助

    内藤大助から見た大串事件

    1996年10月11日、プロデビュー戦を1RKO勝ちで飾ると、1998年12月19日、全日本フライ級新人王決定戦で福山登(大阪帝拳)に1RKO勝ちし、9勝1引き分けの戦績で新人王を獲得。2001年7月16日、坂田健史(協栄)の持つ日本フライ級王座に挑戦するも、引き分けで王座獲得ならず(大串事件も合わせて参照)。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

169件中 81 - 90件表示

「内藤大助」のニューストピックワード