1462件中 31 - 40件表示
  • 山崎日出男

    山崎日出男から見た内閣府内閣府

    福井県出身。1979年(昭和54年)大阪大学経済学部を卒業し、総理府に採用される。内閣総理大臣官房管理室参事官、内閣府男女共同参画局総務課長などを経て、2004年(平成16年)4月1日総務省統計局総務課長、2007年(平成19年)1月、総務省人事・恩給局次長兼内閣府大臣官房審議官、2008年(平成20年)2月29日内閣官房内閣審議官兼公文書管理検討室長、2008年(平成20年)内閣府大臣官房政策評価審議官兼内閣府大臣官房審議官。2009年(平成21年)7月7日、国立公文書館理事。2011年(平成23年)8月15日、内閣府大臣官房審議官。同年9月1日からボスニア・ヘルツェゴビナ駐箚特命全権大使。山崎日出男 フレッシュアイペディアより)

  • 皇室

    皇室から見た内閣府内閣府

    宮内庁(')は、日本の行政機関の一つである。皇室'''関係の国家事務、天皇の国事行為にあたる外国の大使・公使の接受に関する事務、皇室の儀式に係る事務をつかさどり、御璽・国璽を保管する内閣府の機関である。所在地は東京都千代田区千代田1番1(皇居内・坂下門の北側)。皇室 フレッシュアイペディアより)

  • 男女共同参画社会

    男女共同参画社会から見た内閣府内閣府

    男女共同参画社会(だんじょきょうどうさんかくしゃかい)とは、1999年(平成11年)6月23日公布・施行の「男女共同参画社会基本法」を基本法とする、日本における社会政策の一である。その狙いは「男性も女性も、意欲に応じて、あらゆる分野で活躍できる社会」である。所管する内閣府では「男女共同参画」の英語表記を"gender equality"としている。男女共同参画社会 フレッシュアイペディアより)

  • 天皇

    天皇から見た内閣府内閣府

    宮内庁(くないちょう、)は、日本の行政機関の一つである。皇室関係の国家事務、天皇の国事行為にあたる外国の大使・公使の接受に関する事務、皇室の儀式に係る事務をつかさどり、御璽・国璽を保管する内閣府の機関である。所在地は東京都千代田区千代田1番1(皇居内・坂下門の北側)。天皇 フレッシュアイペディアより)

  • 菅内閣 (第2次改造)

    菅内閣 (第2次改造)から見た内閣府内閣府

    また、内閣官房参与は3月29日までに6人が追加され、最大15人となった。さらに、内閣官房に震災ボランティア連携室を新設し、内閣府参与の湯浅誠を室長として転出させた。菅内閣 (第2次改造) フレッシュアイペディアより)

  • 金丸恭文

    金丸恭文から見た内閣府内閣府

    内閣府規制改革推進会議議長代理、内閣官房未来投資会議構成員、内閣官房働き方改革実現会議議員、働き方改革実現会議委員、経済産業省新産業構造部会委員、経済産業省IoT推進ラボIoT支援委員会委員、厚生労働省データヘルス時代における保険者機能強化と質の高い医療実現に関する有識者検討会構成員、公益社団法人経済同友会副代表幹事、公益財団法人総合研究開発機構(NIRA)代表理事、公益財団法人日本ハンドボール協会特任副会長などを務める。金丸恭文 フレッシュアイペディアより)

  • マスコミ世論研究所

    マスコミ世論研究所から見た内閣府内閣府

    社団法人マスコミ世論研究所(しゃだんほうじんますこみよろんけんきゅうじょ)は、内閣府所管の社団法人。マスコミ世論研究所 フレッシュアイペディアより)

  • 千田寛仁

    千田寛仁から見た内閣府内閣府

    内閣府入札指定業者であり、チーム・マイナス6%に参画する岩手県企業、日本環境保全組合を運営する傍ら俳優業、小説の執筆など。宗教家としての側面を持つ。千田寛仁 フレッシュアイペディアより)

  • 読売テレビ制作月曜朝11時25分枠

    読売テレビ制作月曜朝11時25分枠から見た内閣府内閣府

    2008年4月より内閣府提供の「ご存じですか」の見直しにより、木曜日、金曜日の放送になったため、月曜日が読売テレビ制作全国ネットの継続となった。読売テレビ制作月曜朝11時25分枠 フレッシュアイペディアより)

  • 国民及び職員からの意見聴取

    国民及び職員からの意見聴取から見た内閣府内閣府

    国民及び職員からの意見聴取(こくみんおよびしょくいんからのいけんちょうしゅ)、通称ハトミミは、2009年11月30日付行政刷新会議決定、そして「国民及び職員からの意見聴取について」(2009年12月1日閣議決定)にもとづき、広く国民及び職員から、国の行政の無駄、非効率、不透明な取り決め等を聴取する目的で内閣府に設置された窓口。「国民の声」と「職員の声」の2つがあり、「国民の声」は行政サービスに接している国民の目線での指摘を幅広く受け付ける目的で、「職員の声」は行政サービスを提供している職員の提案を受け付ける目的でそれぞれ設置された。国民及び職員からの意見聴取 フレッシュアイペディアより)

1462件中 31 - 40件表示

「内閣府」のニューストピックワード