1059件中 51 - 60件表示
  • 行政事業レビュー

    行政事業レビューから見た内閣府内閣府

    内閣府 ・予算監視・効率化チーム行政事業レビュー フレッシュアイペディアより)

  • ダブルブリッド

    ダブルブリッドから見た内閣府内閣府

    通常生物とは全く異なるDNAを保持している生物「特異遺伝因子保持生物」の、日本国独自の呼称。20世紀半ばにヨーロッパである学者の手によって発見され、その後世界中で捜索がなされた結果、二十世紀末までに世界中で50以上の個体が発見された。分布に偏りが見られ、日本やヨーロッパ、中国、オーストラリアにはそれなりの数が生息している模様だが、アメリカではほとんど発見されていない。普通の生物のDNAを構成しているアデニン、チミン、グアニン、シトシンの4つ以外の塩基も多数保持しており、いまだその全貌は解明されていない。甲種と乙種に区別され、人と変わらない外見と知性を持つ怪は甲種、それ以外は乙種とされている。人間をはるかに凌駕する身体能力を誇り、頑丈な体・あらゆる病原体に対する耐性を持ち、高い再生能力を持つ。拳銃程度では相当の至近距離で打たない場合は傷一つ付けることができない。また、一回使われた薬品などにはすぐ抗体が出来上がってしまうため、二度同じ薬は使えない。日本では教科書にも載るほどアヤカシの存在が知られているようだが、一般的には単にアヤカシと言った場合乙種をイメージするようである(甲種がいることも一応知られてはいる)。人間を食べる甲種も昔はたくさん存在したが、「人間は不味い」という意識が定着してからは、人間を捕食する怪は少数派である。内閣府に存在を公認された甲種は、日本国憲法に定められた国民の権利を有し、義務を負う。公職にさえ就くことが許されている。これらの事は「特異遺伝因子保持生物に関する法律」に明記されているが、「怪」に人権を認めているのは世界でも日本だけである。なお、その病原体に対する耐性を持つが故に、知らず知らずのうちに周囲に病原体を撒き散らすことがあるため検疫が厳しく、甲種には定期的に健康診断も義務付けられている。ダブルブリッド フレッシュアイペディアより)

  • 広瀬研吉

    広瀬研吉から見た内閣府内閣府

    広瀬 研吉(ひろせ けんきち、1948年 - )は、日本の科学技術官僚、工学者(原子力法制・核セキュリティ)。学位は博士(エネルギー科学)(京都大学・1998年)。福井大学重点研究高度化推進本部特命教授、東海大学国際教育センター特任教授、独立行政法人科学技術振興機構研究開発戦略センター上席フェロー、内閣府参与。広瀬研吉 フレッシュアイペディアより)

  • 柳沢正史

    柳沢正史から見た内閣府内閣府

    1997年には最年少での東京大学医学部教授就任が決まるが、審査のプロセスに不信を持ち、就任を拒否。2001年科学技術振興事業団戦略的創造研究推進事業柳沢オーファン受容体プロジェクト総括責任者に就任、日本科学未来館に研究室を構え、日米を往復して研究を行う。2010年度からは鳩山由紀夫総理大臣が議長を務めていた総合科学技術会議の決定により内閣府の最先端研究開発支援プログラムから18億円の研究費を獲得、日本の母校筑波大学医療医学系の教授を兼任。柳沢正史 フレッシュアイペディアより)

  • 国民生活センター

    国民生活センターから見た内閣府内閣府

    内閣府は、現行法では悪徳業者を呼び出せないので、将来的には法改正して悪徳業者を呼び出す権限を付与する方針を固めた。国民生活センター フレッシュアイペディアより)

  • 地方制度調査会

    地方制度調査会から見た内閣府内閣府

    地方制度調査会(ちほうせいどちょうさかい)は、内閣府の審議会等の一つ。地方制度調査会 フレッシュアイペディアより)

  • 立川広域防災基地

    立川広域防災基地から見た内閣府内閣府

    内閣府の立川災害対策本部予備施設(立川防災合同庁舎内)は、内閣総理大臣を本部長とする緊急災害対策本部を設置可能な施設であり、官邸危機管理センター(総理大臣官邸地下)・内閣府災害対策本部長室(中央合同庁舎第5号館内)・防衛省中央指揮所(防衛省本省庁舎地下)がいずれも甚大な被害を受け、災害対策本部の運営を行えなくなった際に、政府の災害応急対策活動の臨時拠点として一時的に使用される。また、東京都の東京都立川地域防災センターは、東京都防災センター(東京都庁第一本庁舎内)の指揮の下に活動を行い、都の多摩地域における防災拠点ならびにサブセンターとしての役割を担っている。立川広域防災基地 フレッシュアイペディアより)

  • 岩谷滋雄

    岩谷滋雄から見た内閣府内閣府

    英語研修(米国)、国連政府代表部一等書記官、在インドネシア大使館一等書記官、経済協力局政策課企画官を経て、1991年外務省国際連合局科学課長、1993年在ドイツ大使参事官、1996年在中国大使館参事官、1998年法務省入国管理局政策課長、1999年仙台入国管理局長、2001年外務省領事移住部審議官、2002年内閣府遺棄化学兵器処理担当室長、2004年在ドイツ日本大使館公使、2005年ホノルル総領事等を歴任。2007年8月からケニア国駐箚特命全権大使(ブルンジ国エリトリア国セーシェル国ルワンダ国兼轄)。2010年8月からオーストリア国駐箚特命全権大使。同年10月より兼駐コソボ、マケドニア大使。岩谷滋雄 フレッシュアイペディアより)

  • 一億総中流

    一億総中流から見た内閣府内閣府

    1958年から始まった内閣府の「国民生活に関する世論調査」の第1回調査結果によると、生活の程度に対する回答比率は、「上」0.2%、「中の上」3.4%、「中の中」37.0%、「中の下」32.0%、「下」17.0%であり、自らの生活程度を『中流』とした者、すなわち、「中の上」「中の中」「中の下」を合わせた回答比率は7割を超えた。同調査では『中流』と答えた者が1960年代半ばまでに8割を越え、所得倍増計画のもとで日本の国民総生産 (GNP) が世界第2位となった1968年を経て、1970年以降は約9割となった。1979年の「国民生活白書」では、国民の中流意識が定着したと評価している。一方、同調査で「下」と答えた者の割合は、1960年代から2008年に至る全ての年の調査において1割以下となった。すなわち、中流意識は高度経済成長の中で1960年代に国民全体に広がり、1970年代までに国民意識としての「一億総中流」が完成されたと考えられる。一億総中流 フレッシュアイペディアより)

  • 野村修也

    野村修也から見た内閣府内閣府

    内閣府経済財政諮問会議専門委員(資産債務改革)野村修也 フレッシュアイペディアより)

1059件中 51 - 60件表示

「内閣府」のニューストピックワード