1059件中 61 - 70件表示
  • 2008年の経済

    2008年の経済から見た内閣府内閣府

    3月12日 - 参議院本会議で19日に任期切れの福井俊彦日本銀行総裁の後任に武藤敏郎副総裁(元財務省事務次官)を、副総裁に伊藤隆敏(内閣府経済財政諮問会議議員)を充てる人事案が採決された結果、反対多数で否決、不同意とした。尚、白川方明(京都大学大学院教授)を副総裁に充てる人事案については、賛成多数で可決、同意された。2008年の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 東京臨海広域防災公園

    東京臨海広域防災公園から見た内閣府内閣府

    平常時には防災学習施設のある都市公園として、災害発生時には首都圏広域の現地対策本部として機能する。国土交通省と東京都が分担し、本部棟・ヘリポートを含む北側6.7haを国営公園、南側6.5haを都立公園として整備している。また、本部棟には内閣府が所管する防災拠点施設が設置されている。東京臨海広域防災公園 フレッシュアイペディアより)

  • 科学技術庁

    科学技術庁から見た内閣府内閣府

    科学技術庁(かがくぎじゅつちょう Science and Technology Agency)は、1956年から2001年まで存在した日本の中央省庁の一つ。総理府の外局として設置され、科学技術行政全般を所掌した。中央省庁再編により廃止され、その業務は内閣府政策統括官、文部科学省などに継承された。東海大学創立者松前重義らの運動が中心となって設立に至った行政官庁として知られる。略称「科技庁(かぎちょう)」。長は科学技術庁長官。いわゆる大臣庁のひとつであった。科学技術庁 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄総合事務局

    沖縄総合事務局から見た内閣府内閣府

    沖縄総合事務局(おきなわそうごうじむきょく)は、沖縄県の本土復帰と同時に、復興開発を効率的に進めるために作られた国の出先機関である。2001年(平成13年)1月6日の省庁再編により、内閣府の地方支分部局として再編された。新聞などでは総事局と略される。沖縄総合事務局 フレッシュアイペディアより)

  • 財務局

    財務局から見た内閣府内閣府

    沖縄県内では、同様の業務を内閣府の地方支分部局である沖縄総合事務局財務部が所管する。その場合は、沖縄総合事務局は、財務大臣、金融庁長官または証券取引等監視委員会の指揮監督を受ける。財務局 フレッシュアイペディアより)

  • 横田睦

    横田睦から見た内閣府内閣府

    日本の墓園関係者によって構成される公益社団法人全日本墓園協会(現内閣府・前厚生労働省所管)の主任研究員。横田睦 フレッシュアイペディアより)

  • 分掌官

    分掌官から見た内閣府内閣府

    公式にそのような呼称はないが、内閣府に置かれている特命担当大臣は、この分掌官の考え方によって任命されている。内閣府で内閣官房長官が所掌しない分野・機関(金融庁・消費者庁・北方対策本部等)を分掌する。ただし警察庁には国家公安委員長、宮内庁には宮内庁長官(認証官)が置かれる。分掌官 フレッシュアイペディアより)

  • 御厨貴

    御厨貴から見た内閣府内閣府

    1990年代後半からは論壇でも盛んに同時代の政治を論じ、書評家としても知られる。近年はジャーナリズムの分野での活動が多く、テレビのコメンテーターや解説、週刊誌などにも多く登場する。2007年4月からは政治評論家の岩見隆夫の後任として、TBSテレビ「時事放談」の司会者を務めている。2010年7月、内閣府公文書管理委員会委員長に就任。東北地方太平洋沖地震を受け、2011年4月に発足した「東日本大震災復興構想会議」の議長代理に就任。2012年2月、復興庁復興推進委員会委員長代理に就任。御厨貴 フレッシュアイペディアより)

  • 任命権者

    任命権者から見た内閣府内閣府

    内閣総理大臣→国務大臣(日本国憲法第68条)、公正取引委員会委員、国家公安委員会委員、中央選挙管理会委員、内閣広報官、内閣情報官、内閣府職員任命権者 フレッシュアイペディアより)

  • 山本繁太郎

    山本繁太郎から見た内閣府内閣府

    山口県立柳井高等学校から東京大学法学部卒業後、1972年(昭和47年)に建設省(後の国土交通省)に入省し、住宅局長等を歴任。以降は内閣府等を経て、麻生内閣のもとで務めた内閣官房地域活性化統合事務局長を最後に退官。山本繁太郎 フレッシュアイペディアより)

1059件中 61 - 70件表示

「内閣府」のニューストピックワード

  • 自分の持てる力を全力で発揮し、チームに貢献できるように努力していきますので応援よろしくお願いします

  • 2017シーズン

  • 皆さんとともに戦い更なる飛躍とJ1昇格を成し遂げましょう