1059件中 71 - 80件表示
  • 政府インターネットテレビ

    政府インターネットテレビから見た内閣府内閣府

    政府インターネットテレビ(せいふインターネットテレビ)は、内閣官房内閣広報室・内閣府大臣官房政府広報室が配信するインターネットテレビである。政府インターネットテレビ フレッシュアイペディアより)

  • 奥谷禮子

    奥谷禮子から見た内閣府内閣府

    厚生労働省労働政策審議会臨時委員(労働条件分科会会員)、郵政省郵政審議会委員、内閣府未来生活懇談会委員、国土交通省交通政策審議会委員、通商産業省産業構造審議会委員、通商産業省航空機宇宙産業審議会委員、内閣府規制改革会議委員、公正取引委員会「21世紀にふさわしい競争政策を考える懇談会」会員。奥谷禮子 フレッシュアイペディアより)

  • 国務大臣

    国務大臣から見た内閣府内閣府

    内閣府特命担当大臣 - 必要に応じて内閣府に置かれるが、「沖縄及び北方対策担当」、「金融担当」、「消費者及び食品安全担当」は必ず置かなければならない(内閣府設置法10条、11条、11条の2)。国務大臣 フレッシュアイペディアより)

  • 地震調査研究推進本部

    地震調査研究推進本部から見た内閣府内閣府

    以前は科学技術庁長官が地震予知推進本部に続き、地震調査研究推進本部長に充てられていたが、中央省庁再編後は、文部科学大臣が地震調査研究推進本部長に就いている。内閣官房副長官、および内閣府・総務省・文部科学省・経済産業省・国土交通省の各事務次官ら次官級の担当者が本部員として参画しており、そのうち、文部科学事務次官が本部長代理として指定されている。また、国土地理院長や気象庁長官は、本部員ではないものの「常時出席者」と位置づけられ、各会合に参加している。地震調査研究推進本部傘下の各委員会には、大学などさまざまな研究機関の研究者らが多数所属している。事務局は東京都千代田区の霞が関コモンゲート内に置かれており、文部科学省と同じく中央合同庁舎第7号館東館に設置されている。地震調査研究推進本部 フレッシュアイペディアより)

  • 行政刷新会議

    行政刷新会議から見た内閣府内閣府

    行政刷新会議(ぎょうせいさっしんかいぎ、Government Revitalization Unit)は、内閣府に設置されていた機関。行政刷新会議 フレッシュアイペディアより)

  • YFU

    YFUから見た内閣府内閣府

    YFUの日本支部に該当するYFU日本国際交流財団は、かつて文部科学省及び外務省共管の財団法人であったが、公益法人制度改革に伴い、2012年に内閣府を所管行政庁とする公益財団法人に移行した。様々な奨学金制度により、企業や政府の公的プログラムを提供する役割も担っている。また高留連(全国高校生留学・交流団体連絡協議会)の幹事長はYFUの江夏啓子専務理事が務めている。YFU フレッシュアイペディアより)

  • クローズアップにっぽん

    クローズアップにっぽんから見た内閣府内閣府

    総理府(現・内閣府)の一社提供。クローズアップにっぽん フレッシュアイペディアより)

  • 北方四島交流事業

    北方四島交流事業から見た内閣府内閣府

    北方四島交流事業(ほっぽうよんとうこうりゅうじぎょう)は、内閣府北方対策本部の補助のもと、北方四島交流北海道推進委員会並びに独立行政法人北方領土問題対策協会が実施している、日本人と色丹島、国後島及び択捉島(以下、北方四島)に居住するロシア人との交流事業。一般的にはビザなし交流と呼ばれている。北方四島交流事業 フレッシュアイペディアより)

  • 地域振興券

    地域振興券から見た内閣府内閣府

    1999年、経済企画庁は振興券を受け取った(約三千百七万人)の中の9,000世帯に対してアンケート調査を行い、振興券によって増えた消費は振興券使用額の32%であったとしている。つまり、残りの68%が貯蓄に回されたり、振興券がなくても行われた消費に使われたということである。経企庁の調査ではこの結果をベースに単純計算し、振興券は名目GDPを約2,000億円(GDP全体の0.04%程度、内訳である個人消費の0.07%程度)押し上げたと結論付けている。ただし、このアンケート調査では半耐久財の将来需要の先喰い部分も含まれてしまうなど、振興券の消費喚起の効果を過大評価している可能性が高い。実際、その後に行われた、内閣府経済社会総合研究所による個票データを用いたより精緻な分析によると、限界消費性向は0.1程度まで低下することとなり、消費喚起効果は非常に限定的であった。これはあくまで振興券が交付された者についてのみの分析であり、交付を受けなかった者も将来の増税時には負担を分担しなければならなくなると予想することから、それに備えるため、交付を受けなかった者は地域振興券政策を受けてむしろ消費を減らした可能性もあり、社会全体での消費刺激効果はさらに小さなものであったと考えられる。地域振興券 フレッシュアイペディアより)

  • 赤城徳彦

    赤城徳彦から見た内閣府内閣府

    事務所費の架空計上であった場合、10年間に渡り政治団体の架空の事務所費を計上し、辞任した前内閣府特命担当大臣(規制改革担当)佐田玄一郎と同じケースであり、後援会関係者は実家での事務所としての稼働はないと認めているため、第21回参院選を直前に控えた野党は、各地の街頭演説などで一斉に批判した。赤城徳彦 フレッシュアイペディアより)

1059件中 71 - 80件表示

「内閣府」のニューストピックワード