111件中 31 - 40件表示
  • 内閣府

    内閣府から見た官報

    宮内庁は旧総理府の外局であったが、現在は内閣府の外局(内閣府設置法第49条)ではなく内閣府に置かれる独自の位置づけの機関とされている(内閣府設置法48条)。官報では内閣府のみ「外局」の区分表記を「外局等」とし、宮内庁をその区分内の筆頭に記載する形をとっている。かつては防衛庁も内閣府の外局であったが、2007年1月9日に防衛省として昇格し、法的には廃止された。内閣府 フレッシュアイペディアより)

  • 内閣府

    内閣府から見た宮内庁法

    宮内庁(宮内庁法、法律第48条)内閣府 フレッシュアイペディアより)

  • 内閣府

    内閣府から見た国民生活センター

    内閣府が主管する独立行政法人は2016年4月1日現在、国立公文書館、北方領土問題対策協会、日本医療研究開発機構および国民生活センター(主務庁:消費者庁)の4法人である。国立公文書館は行政執行法人(旧・特定独立行政法人)であり、役職員は国家公務員の身分を有する。内閣府 フレッシュアイペディアより)

  • 内閣府

    内閣府から見た国公関連労働組合連合会

    2011年3月31日現在、人事院に登録された職員団体の数は単一体3、支部1となっている。組合員数は373人、組織率は7.0%。主な職員団体には内閣府職員労働組合、沖縄総合事務局開発建設労働組合(開建労)、沖縄国家公務員労働組合、宮内庁職員組合、公正取引委員会職員組合および金融庁職員組合がある。内閣府職員労組と公取職組は旧総理府・総務庁関係機関の他労組と連合体である総理府労連を形成している。さらに、総理府労連は日本国家公務員労働組合連合会(全労連傘下)に加盟している。金融庁職員組合は国公関連労働組合連合会(連合傘下)に加盟している。宮内庁職組は中立系。内閣府 フレッシュアイペディアより)

  • 内閣府

    内閣府から見た沖縄開発庁

    「内閣補助事務」と呼ばれる一連の所掌事務(内閣府設置法第4条第1項及び第2項)の他、他省庁と横並びの分担管理事務(同条第3項)も所掌している。旧総理府本府、長期経済計画の策定や経済に関する基本政策の総合的な調整、内外の経済動向や国民所得等に関する調査・分析を行っていた経済企画庁、沖縄の経済振興や開発に関する事務を行った沖縄開発庁の業務を中心としているが、旧総務庁、旧科学技術庁、旧国土庁の業務も引き継いでいる。内閣府 フレッシュアイペディアより)

  • 内閣府

    内閣府から見た沖縄総合事務局

    沖縄総合事務局(法律第44条)内閣府 フレッシュアイペディアより)

  • 内閣府

    内閣府から見た千代田区

    内閣府の組織の多くは東京都千代田区永田町一丁目6-1の内閣府庁舎および中央合同庁舎第8号館に所在する。ただし、大臣官房の一部、地方分権改革推進室、国際平和協力本部事務局は千代田区霞が関三丁目1-1の中央合同庁舎第4号館に、地域活性化推進室、公共サービス改革推進室、 情報公開・個人情報保護審査会事務局などは千代田区永田町一丁目11-39の永田町合同庁舎に、その他にも大手町合同庁舎第3号館や経済産業省別館、民間ビルなどに分かれて所在している。内閣府 フレッシュアイペディアより)

  • 内閣府

    内閣府から見た人事院

    2011年3月31日現在、人事院に登録された職員団体の数は単一体3、支部1となっている。組合員数は373人、組織率は7.0%。主な職員団体には内閣府職員労働組合、沖縄総合事務局開発建設労働組合(開建労)、沖縄国家公務員労働組合、宮内庁職員組合、公正取引委員会職員組合および金融庁職員組合がある。内閣府職員労組と公取職組は旧総理府・総務庁関係機関の他労組と連合体である総理府労連を形成している。さらに、総理府労連は日本国家公務員労働組合連合会(全労連傘下)に加盟している。金融庁職員組合は国公関連労働組合連合会(連合傘下)に加盟している。宮内庁職組は中立系。内閣府 フレッシュアイペディアより)

  • 内閣府

    内閣府から見た大臣補佐官

    内閣府大臣補佐官(法律第14条第2項) - 6人以内(必置ではない)内閣府 フレッシュアイペディアより)

  • 内閣府

    内閣府から見た犯罪被害者等基本法

    犯罪被害者等施策推進会議(犯罪被害者等基本法内閣府 フレッシュアイペディアより)

111件中 31 - 40件表示

「内閣府」のニューストピックワード