内閣支持率 ニュース&Wiki etc.

内閣支持率(ないかくしじりつ)とは内閣への支持率のこと。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「内閣支持率」のつながり調べ

  • 田中金脈問題

    田中金脈問題から見た内閣支持率

    発表当初、田中首相は記者会見にも応ぜず、ノーコメントで通していたが、10月13日発売の『ニューズウィーク』、10月17日付け「ボルチモアサン」、10月19日付の「ワシントン・ポスト」などが欧米メディアが金脈問題を紹介し、反響は日本国内よりも外国で注目された。10月22日に田中首相が丸の内プレスクラブでおこなった外国人記者会見では、詰めかけた300人の内外の記者は田中の演説には耳を貸さずに、金脈問題を集中的に質問した。記者の質問に田中首相は釈明を繰り返したが、翌朝各紙のトップ記事になると国内でも政治問題として広く注目されるようになり、内閣支持率が低下した。田中首相は11月11日に内閣改造して改造内閣で乗り切ろうとするも、野党が金脈問題追及のために佐藤昭を含めた田中人脈に連なる者たちの国会招致を求めるようになったことで政権維持を断念。11月26日に「私個人の問題で、世間の誤解を招いたことは公人として不明、不徳のいたすところ」「私は国政の最高責任者として政治的、道義的責任を痛感しております」と竹下登官房長官が田中首相の言葉を代読する形で退陣を表明し、12月9日に内閣総辞職をした。(田中金脈問題 フレッシュアイペディアより)

  • 池田勇人内閣の政策

    池田勇人内閣の政策から見た内閣支持率

    池田は安保騒動の余燼を完全に払って国民の自民党離れを阻止し、その後の党勢の礎を築いた。国民の所得は着実に伸びて、池田内閣発足から8年後の1968年には日本のGDP(国内総生産)がアメリカに次いで資本主義国第2位に躍り出た。経済成長による生活水準の向上もあって、池田内閣時代の4年間は、与野党対決といった局面はあまりなく、政局がきわめて安定した時代となった。池田内閣は、朝日新聞の世論調査によれば、55年体制下で一度も支持率が不支持率を下回らなかった唯一の内閣といわれる。1963年に高度成長を背景とする自民党政権の行く手に希望を見出し、池田を委員長とする「自由民主党本部建設委員会」が発足され、自前の自由民主党本部建設が決定、1964年に着工、1966年に完成した。(池田勇人内閣の政策 フレッシュアイペディアより)

「内閣支持率」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「内閣支持率」のニューストピックワード