57件中 11 - 20件表示
  • 前田直人

    前田直人から見た内閣支持率内閣支持率

    内閣支持率、高止まりの怪(2016年12月25日)前田直人 フレッシュアイペディアより)

  • YKK (政治同盟)

    YKK (政治同盟)から見た内閣支持率内閣支持率

    しかし、内閣支持率が徐々に下がっていき、いよいよ自らの支持基盤を党内に求めなくてはならなくなった時に内閣改造(2003年9月)を迎え、ここで森、青木幹雄、古賀誠などの党内有力者や公明党から支持の見返りに、山崎、竹中のどちらか(もしくは両方)の更迭を再び決定的に突きつけられた。YKK (政治同盟) フレッシュアイペディアより)

  • 最高裁判所裁判官国民審査

    最高裁判所裁判官国民審査から見た内閣支持率内閣支持率

    しかし、常に選挙や内閣支持率調査などによる国民からの監視を受け、国民の意思に沿って行動することが絶えず求められる国会や内閣と異なり、多数派や権力者などの利害から離れ、憲法と良心に基づき民主主義の行き過ぎを抑制することが求められている最高裁判所裁判官に対して、単に民主主義的原理だけでその罷免を決定するという制度自体に無理があるとする意見がある。「国民審査による罷免を恐れて、裁判官が多数派やそれを扇動する権力者に迎合してしまい、その結果、公正な裁判がなされなくなる可能性があるから、国民審査は廃止すべきである」などといった主張は、日本国憲法が施行された1947年当時から主に最高裁判所の関係者によってなされている(前述の霜山精一がその代表である)。最高裁判所裁判官国民審査 フレッシュアイペディアより)

  • 神の国解散

    神の国解散から見た内閣支持率内閣支持率

    首相就任後、森の不適切な発言や行動がたびたび指摘されたが、5月15日に神道政治連盟国会議員懇談会で、いわゆる「神の国発言」を行うと、野党(特に日本共産党)をはじめとして「政教分離原則に反する」との批判が高まり、森内閣の内閣支持率が大きく低下した。神の国解散 フレッシュアイペディアより)

  • 郵政造反組復党問題

    郵政造反組復党問題から見た内閣支持率内閣支持率

    安倍総理は復党した11人に対して「おかえりなさい」と言葉をかけたが、この復党によって、就任当初は70%近くあった安倍内閣支持率が50%台に急落した。そのためこの郵政造反組復党問題は、松岡利勝農水相自殺問題、消えた年金記録問題と並び2007年の参議院選挙(第21回参議院議員通常選挙)における自民党の敗因の(2007年から2009年までのねじれ国会を作った)一つとしてあげられ、また安倍内閣退陣の主な原因・ターニングポイントであったとも言われる。郵政造反組復党問題 フレッシュアイペディアより)

  • 牧野聖修

    牧野聖修から見た内閣支持率内閣支持率

    2010年の第22回参議院議員選挙で、当初民主党の選挙責任者となっていた幹事長の小沢一郎は、静岡県選挙区を含む2人区でも複数候補の擁立を進め、静岡では現職の藤本祐司に加えて、中本奈緒子を擁立した(2009年10月の第20回参議院議員補欠選挙で当選した土田博和は、静岡県選挙区から比例代表に移った)。しかし、中本の擁立に静岡県連や連合静岡(吉岡秀規会長)が反発し、そのため小沢側が藤本への選挙資金の提供を中止するなど、険悪な状況になった。小沢の幹事長辞職後、菅直人代表・枝野幸男幹事長体制になると、藤本への資金提供は再開された。静岡県連は改めて中本の公認取り消しを党本部に要求した。しかし、トップが鳩山から菅に交代し内閣支持率が急上昇したことを理由に、枝野ら党本部側は公認取り消しを拒否し、あくまで2人を擁立するよう主張した。中本も譲らず、2人公認は維持された。牧野聖修 フレッシュアイペディアより)

  • 死んだふり解散

    死んだふり解散から見た内閣支持率内閣支持率

    1986年(昭和61年)当時、中曽根康弘首相は在任4年目に突入していた。中曽根政権は党内基盤が磐石ではないものの、世論調査では高い内閣支持率を保っており、中曽根は前回総選挙で失った党勢の回復のために衆参同日選挙を目論んでいた。死んだふり解散 フレッシュアイペディアより)

  • 第20回参議院議員通常選挙

    第20回参議院議員通常選挙から見た内閣支持率内閣支持率

    第2次小泉内閣は構造改革路線を着実に進めていた。しかし、自民党幹部の年金未納問題や選挙直前に成立した年金改革法などへの反発から、内閣支持率はやや伸び悩んでいた。その一方で、民主党は菅直人に代わって岡田克也が代表となり、初めて菅と鳩山由紀夫以外の代表が就任していた。前年の第43回衆議院議員総選挙において民主党は177議席を得ており、戦後の野党としては最も多い議席を単独で得ていたことから、二大政党制への変化が主張され始めていた。第20回参議院議員通常選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 田中金脈問題

    田中金脈問題から見た内閣支持率内閣支持率

    発表当初、田中首相は記者会見にも応ぜず、ノーコメントで通していたが、10月13日発売の『ニューズウィーク』、10月17日付け「ボルチモアサン」、10月19日付の「ワシントン・ポスト」などが欧米メディアが金脈問題を紹介し、反響は日本国内よりも外国で注目された。10月22日に田中首相が丸の内プレスクラブでおこなった外国人記者会見では、詰めかけた300人の内外の記者は田中の演説には耳を貸さずに、金脈問題を集中的に質問した。記者の質問に田中首相は釈明を繰り返したが、翌朝各紙のトップ記事になると国内でも政治問題として広く注目されるようになり、内閣支持率が低下した。田中首相は11月11日に内閣改造して改造内閣で乗り切ろうとするも、野党が金脈問題追及のために佐藤昭を含めた田中人脈に連なる者たちの国会招致を求めるようになったことで政権維持を断念。11月26日に「私個人の問題で、世間の誤解を招いたことは公人として不明、不徳のいたすところ」「私は国政の最高責任者として政治的、道義的責任を痛感しております」と竹下登官房長官が田中首相の言葉を代読する形で退陣を表明し、12月9日に内閣総辞職をした。田中金脈問題 フレッシュアイペディアより)

  • 森喜朗

    森喜朗から見た内閣支持率内閣支持率

    上記のいきさつにより就任当初はそれなりの支持があったものの、「失言」が報じられると支持率は急降下した。任期を通して内閣支持率は低く、マスコミなどではこうした低い支持率などを揶揄して森政権の事を「蜃気楼内閣」(森喜朗の音読み、シンキロウにかけた洒落)と揶揄する事もあった。また、民主党の鳩山由紀夫からは「(支持率が)消費税(5%)並みになった」と揶揄された。御厨貴は「森氏はとにかく人気がなかった。」、後藤謙次は「えひめ丸事故当時森氏はゴルフのプレー中。初動の対応の悪さに批判が殺到し、世論調査では支持率8%、不支持率82%まで達しました。」と述べている。政権末期には一部新聞が一面トップで「退陣の公算」と報じたことが退陣の流れを導いたとも言われる(新聞辞令)。2001年4月26日、就任からちょうど1年で首相を退任した。後継総理総裁は自派閥出身の小泉純一郎になった。発足当初の小泉内閣の支持率は80%を超える史上最高記録を樹立したが、その背景には先代の森内閣の不人気ぶりの反動があったとする見方もある。森喜朗 フレッシュアイペディアより)

57件中 11 - 20件表示

「内閣支持率」のニューストピックワード