28件中 11 - 20件表示
  • 鳩山おろし

    鳩山おろしから見た内閣支持率内閣支持率

    2009年9月、70%近い内閣支持率で船出した鳩山内閣であったが、首相の脱税問題や小沢一郎民主党幹事長の不正蓄財疑惑、普天間基地移設問題での閣内不一致などによる迷走で、2010年(平成22年)5月頃には20%を切ってしまい、7月の参院選で改選を控える議員を中心に、「鳩山総理では参院選を戦えない」などと、執行部を批判する動きが起こった。鳩山おろし フレッシュアイペディアより)

  • YKK (政治同盟)

    YKK (政治同盟)から見た内閣支持率内閣支持率

    しかし、内閣支持率が徐々に下がっていき、いよいよ自らの支持基盤を党内に求めなくてはならなくなった時に内閣改造(2003年9月)を迎え、ここで森、青木幹雄、古賀誠などの党内有力者や公明党から支持の見返りに、山崎、竹中のどちらか(もしくは両方)の更迭を再び決定的に突きつけられた。YKK (政治同盟) フレッシュアイペディアより)

  • 菅内閣 (第1次改造)

    菅内閣 (第1次改造)から見た内閣支持率内閣支持率

    「脱小沢」路線の継続が評価され、参院選前から低下し続けていた内閣支持率も軒並み60%台まで回復し、一部の世論調査では6月の発足当初を上回る記録をたたき出したものもあった。菅内閣 (第1次改造) フレッシュアイペディアより)

  • 雲の上の虚構船

    雲の上の虚構船から見た内閣支持率内閣支持率

    副題は「総理と秘書」。内閣支持率の低下に悩む総理大臣に秘書が、支持率が上がる方法を提案する。雲の上の虚構船 フレッシュアイペディアより)

  • 小泉純一郎

    小泉純一郎から見た内閣支持率内閣支持率

    発足時(2001年4月)の小泉内閣の内閣支持率は、最も高かった読売新聞社調べで87.1%、最も低かった朝日新聞社調べで78%を記録。これは戦後の内閣として歴代1位の数字である。「小泉内閣メールマガジン」を発行し、登録者が200万人に及んだことも話題となった。この小泉人気に乗るかたちで同年7月の参議院議員選挙で自民党は大勝した。小泉純一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 森喜朗

    森喜朗から見た内閣支持率内閣支持率

    上記のいきさつにより就任当初はそれなりの支持があったものの、「失言」が報じられると支持率は急降下した。任期を通して内閣支持率は低く、マスコミなどではこうした低い支持率などを揶揄して森政権の事を「蜃気楼内閣」(森喜朗の音読み、シンキロウにかけた洒落)と揶揄する事もあった。また、民主党の鳩山由紀夫からは「(支持率が)消費税(5%)並みになった」と揶揄された。政権末期には一部新聞が一面トップで「退陣の公算」と報じたことが退陣の流れを導いたとも言われる(新聞辞令)。2001年4月26日、就任からちょうど1年で首相を退任した。後継総理総裁は自派閥出身の小泉純一郎になった。発足当初の小泉内閣の支持率は80%を超える史上最高記録を樹立したが、その背景には先代の森内閣の不人気ぶりの反動があったとする見方もある。森喜朗 フレッシュアイペディアより)

  • 最高裁判所裁判官国民審査

    最高裁判所裁判官国民審査から見た内閣支持率内閣支持率

    しかし、常に選挙や内閣支持率調査などによる国民からの監視を受け、国民の意思に沿って行動することが絶えず求められる国会や内閣と異なり、多数派や権力者などの利害から離れ、憲法と良心に基づき独立して行動しなければならない裁判官に同じ制度を設けることには無理があるとする意見がある。「国民審査による罷免を恐れて、裁判官が多数派やそれを扇動する権力者に迎合してしまい、その結果、公正な裁判がなされなくなる可能性があるから、国民審査は廃止すべきである」などといった主張は、日本国憲法が施行された1947年当時から主に最高裁判所の関係者によってなされている(前述の霜山精一もその代表である)。最高裁判所裁判官国民審査 フレッシュアイペディアより)

  • 村山富市

    村山富市から見た内閣支持率内閣支持率

    1995年1月、兵庫県南部地震に伴う阪神・淡路大震災発生時、政府の対応の遅さが批判され、内閣支持率が急落した(後述)。村山富市 フレッシュアイペディアより)

  • 細川護熙

    細川護熙から見た内閣支持率内閣支持率

    1993年8月9日、政治改革を最大の使命として掲げる細川連立政権が誕生した。公選知事経験者の首相就任は史上初であり、2012年現在も唯一の事例である(公選知事経験者が三権の長に就任した例としては、2009年に衆議院議長に就任した横路孝弘がいる)。また、衆議院議員当選1回での首相就任は1948年の吉田茂以来45年ぶり、閣僚を経験していない政治家の首相就任としては1947年の片山哲以来46年ぶりである。細川政権の誕生により1955年から38年間続いた所謂55年体制が崩壊した。日本新党、新生党、新党さきがけ、社会党、公明党、民社党、社会民主連合の7党、及び参議院の院内会派である民主改革連合が連立を組んだ8党派からなる細川内閣は連立与党間の調整の難航が予想され、「8頭立ての馬車」「ガラス細工の連立」と揶揄されることもあった。しかし、内閣発足直後に行われた世論調査では内閣支持率は軒並み7割を超え、史上空前の高い支持率を誇る。この記録は小泉内閣によって塗り替えられるまで保たれることになる。細川護熙 フレッシュアイペディアより)

  • 細田博之

    細田博之から見た内閣支持率内閣支持率

    2009年7月24日に党本部で記者会見した際、麻生首相への批判的な意見に対して「「(麻生首相は)『字が読めない』『ぶれた』なんて言って楽しんでいる。党役員人事だろうが閣僚人事だろうがどうでもいいことだ」と前置きした上で、「だけど、その方がみんな面白いんだから。それは日本国の程度を表している。国民の程度かもしれない。」と国民・有権者を批判し、さらに「そういうことしか、主として取り上げない。電話で調査して支持率は何%と、いいかげんにしてくれという感じだ。聞いて意味がありますか」と内閣支持率の調査という一般的な世論調査の結果報道を批判する発言を行なった。そのあと「真意ではない」として一連の発言を撤回した。細田博之 フレッシュアイペディアより)

28件中 11 - 20件表示

「内閣支持率」のニューストピックワード