1 2 3 次へ
28件中 21 - 28件表示
  • 青木幹雄

    青木幹雄から見た内閣支持率内閣支持率

    内閣支持率と政党支持率の合計が50%を切ったら、内閣は退陣となる」という持論を持っている。マスコミではしばしば青木方程式などと言われる。青木幹雄 フレッシュアイペディアより)

  • ニコニコ動画

    ニコニコ動画から見た内閣支持率内閣支持率

    ニコニコ動画では特定の時間に動画を閲覧しているユーザーを対象とした内閣支持率・政党支持率調査を毎月行っているほか、国政選挙の当日に動画を閲覧したユーザーを対象とした「ネット出口調査」と称する投票先調査を実施している。ニコニコ動画 フレッシュアイペディアより)

  • 番町政策研究所

    番町政策研究所から見た内閣支持率内閣支持率

    1990年の衆院選に勝利するが、以後海部政権の内閣支持率が低落傾向になり、1991年には、海部政権への竹下派支配に対して宮沢派の加藤紘一、安倍派の小泉純一郎、渡辺派の山崎拓らのYKKが反発。また、当時の竹下派会長・金丸信からも見放され、海部は首相辞任に追い込まれた。番町政策研究所 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤の乱

    加藤の乱から見た内閣支持率内閣支持率

    小渕再選前には、加藤は政界ではポスト小渕のNO1候補と衆目一致するところであった。保守本流の派閥の長、橋本・小渕政権誕生への協力、幹事長としての新進党切り崩しの実績等があったためである。しかし、当時の加藤は、小渕派(旧竹下派・田中派)に担がれる形での首相就任を拒んでいた。YKKとしての反竹下派の源流、宮沢内閣の竹下派(金丸)影響下の政権二重構造への反発などからである。しかし、自身の首相形態に理想を求めすぎた為、就任が云わば先送りにされていた。森との順番的に遅れをとった加藤の焦りが極まる一方、森内閣は、神の国発言、中川秀直官房長官のスキャンダルによる辞任などで、内閣支持率は低迷を続け、不人気がピークに達していた。加藤の乱 フレッシュアイペディアより)

  • 第22回参議院議員通常選挙

    第22回参議院議員通常選挙から見た内閣支持率内閣支持率

    鳩山由紀夫内閣は、当初、70%を超す高い内閣支持率を得てスタートし、発足直後から国連での一般演説で、温室効果ガスなどのCO2削減目標の引き上げ(1990年(平成2年)比25%の削減目標)、自衛隊インド洋派遣の撤退、公共事業の見直し(いわゆる「コンクリートから人へ」)などの政策転換を積極的に推し進めた。しかし他方で、民主党の小沢一郎幹事長の政治資金収支報告書の虚偽記載問題が再燃し、また、鳩山首相自身にも母親からの多額の生前贈与に対して、贈与税を納めていなかった事実が発覚。自民党政権時代から続く「政治とカネ」を巡る不信に加え、鳩山よりも小沢に実質的な権力が集中する「二重権力構造」や、選挙支援と引き換えに予算配分を行う小沢の政治手法などが党内外で問題視されるようになると、内閣支持率は一転、下降の一途をたどることとなる。第22回参議院議員通常選挙 フレッシュアイペディアより)

  • DAIGO

    DAIGOから見た内閣支持率内閣支持率

    竹下内閣が消費税を導入した際、張本人の孫という事で学校などでは随分と責められたと言い(本人曰く「超バッシングされた」)、教師からも「お前のじいさんがあんな下らん税を導入しやがって!」となじられたという。なお、トークでこのエピソードを披露する際は、祖父の内閣支持率最低記録「8%」とを引っ掛け、「俺の学校での支持率も低下した」と回想する。DAIGO フレッシュアイペディアより)

  • 田中角栄

    田中角栄から見た内閣支持率内閣支持率

    7月6日 - 第1次田中内閣が成立。初の大正生まれの首相であり史上初の新潟県出身の首相である。各種機関の内閣支持率調査で70%前後の支持を集める。なお、田中の次の大正生まれの首相は5代後の中曽根康弘。田中角栄 フレッシュアイペディアより)

  • 自由民主党 (日本)

    自由民主党 (日本)から見た内閣支持率内閣支持率

    1976年(昭和51年)12月には福田赳夫が執行部による推挙と両院議員総会の承認により総理総裁に就任した。この際には福田が先に総理総裁を一期だけつとめた後、大平に交代することを示唆した大福密約があったとされる。福田内閣は当初、内閣支持率は低かったが、景気回復や外交で成果を上げていくようになった。また、伯仲国会という状況下ではあったが執行部が野党の一部に対して部分連合を呼びかけるなど協調的でもあり、それほど問題とならなかった。なお、自民党は1977年(昭和52年)に党員、党友参加による総裁選の導入を決めた。また、党友組織の自由国民会議も結成した。さらに派閥解消が唱えられ、各派閥は形だけではあるが解散した。1978年(昭和53年)の自民党総裁予備選挙に福田は大福密約を無視して立候補するも、田中派の支持に支えられた大平が勝利し、福田は本選進出を辞退し、大平が総理総裁に就任した。自由民主党 (日本) フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
28件中 21 - 28件表示

「内閣支持率」のニューストピックワード