57件中 21 - 30件表示
  • 報道2001

    報道2001から見た内閣支持率内閣支持率

    毎回、電話調査によるアンケートを実施し、結果を公表していた。エンディングでは、『投票予定調査【次の総選挙でどの党に投票するかの調査】』、提供終了クレジット部分で右上に『その時々の内閣支持率』を公表していた。報道2001 フレッシュアイペディアより)

  • 青木幹雄

    青木幹雄から見た内閣支持率内閣支持率

    内閣支持率と政党支持率の合計が50%を切ったら、内閣は退陣となる」という持論を持っている。マスコミではしばしば青木方程式などと言われる。青木幹雄 フレッシュアイペディアより)

  • ザハ・ハディッド

    ザハ・ハディッドから見た内閣支持率内閣支持率

    2015年10月に着工予定だったものの、同年7月17日、安倍晋三首相は建設計画の白紙撤回を決断。都倉俊一を座長とする、「有識者会議」の下部組織である「施設利活用(文化)グループ」には、NHKの石原真もメンバーに加わっており、当日の『NHKニュース7』での岩田明子記者の解説など、「内閣不支持率が支持率を上回った結果(の動き)」という見方もあった。彼女のデザインを推したコンペ審査委員長の安藤忠雄は前日の会見で、建設費まで視野に入れる義務はなかったし、2,520億円(7月7日の最終試算額)に驚いたと述べていた。、ザハ・ハディッド フレッシュアイペディアより)

  • 福田おろし

    福田おろしから見た内閣支持率内閣支持率

    薬害肝炎訴訟の和解成立によって支持率が持ち直し、北海道洞爺湖サミットでの一気呵成を目指していた福田康夫内閣であったが、他方、連立与党の公明党では福田おろしの動きがくすぶりはじめた。神崎武法・前代表はサミット前に「これから支持率が上がり、福田首相の手で解散になるのか、支持率が低迷して次の首相で解散になるのか分からない」と予期的な発言をすると一気に党内での緊張感は高まった。公明党は、橋頭堡でもある東京都議選を翌年夏に控えているため、それを重視している公明党にとっては、総選挙と都議選の日程が近くなるのはのぞましくなく、年明けまでの早期解散は望ましいはずであると、自民党執行部やフジテレビの和田圭、岸井成格、『スーパーモーニング』解説員等のマスコミの政治記者は見ていた。しかし、公明党の有力議員の多くが「自民党は全くわかっていない」と難色を示し、「1月解散でも、任期満了選挙であろうと、与党が大敗して政権を野党に奪われては元も子もない。問題は福田首相のままで総選挙に勝てるかどうかだ。サミット後の支持率を見ても、この政権はもう国民の支持を回復できそうにない。自民党は解散時期を考える前に、首相のクビを代えるかどうかの判断をすべきではないのか」との認識が完全に浸透し、福田首相のままの内閣改造案も拒否した。福田おろし フレッシュアイペディアより)

  • 山本拓 (政治家)

    山本拓 (政治家)から見た内閣支持率内閣支持率

    2008年自由民主党総裁選挙では麻生太郎に投票したが、翌2009年(平成21年)6月、世論調査で麻生内閣の支持率が2割を切ると、麻生の自由民主党総裁としての任期が切れる9月の総裁選を、第45回衆議院議員総選挙前に前倒しして実施するよう求める署名運動を自民党内で開始(麻生おろし)。6月22日、108人の賛同者がいると発表したが、賛同者の名前は明かさなかった。108人という数字について、党内には真偽を疑う声もあったが、山本は「麻生首相が「やけくそ解散」の準備を始めるなら、前倒しに必要な署名(216人分)を確保して総裁選を実現する」と発言していた。山本の所属する町村派では、同派相談役の森喜朗が「いったん辞めたのを私が身元引受人のようになって入れたのに、また騒動を起こしている。恥ずかしいので派閥から排除してほしい」と述べ、山本の派閥除名を要求した。その後、党執行部の巻き返しにより、総裁選の前倒しの動きは頓挫する。山本拓 (政治家) フレッシュアイペディアより)

  • 民国連立政権

    民国連立政権から見た内閣支持率内閣支持率

    内閣支持率と求心力の低下に対し菅は、2011年1月14日に内閣改造を決行、菅再改造内閣が発足した。支持率低下の一因とも報道される仙谷由人官房長官と馬淵澄夫国土交通大臣をポストから降ろし、後任にそれぞれ枝野幸男と大畠章宏を横滑りさせた。官房長官に小沢一郎と遠い人物を置くことで、小沢の影響力を低下させる狙いがあった。民国連立政権 フレッシュアイペディアより)

  • 池田勇人内閣の政策

    池田勇人内閣の政策から見た内閣支持率内閣支持率

    池田は安保騒動の余燼を完全に払って国民の自民党離れを阻止し、その後の党勢の礎を築いた。国民の所得は着実に伸びて、池田内閣発足から8年後の1968年には日本のGDP(国内総生産)がアメリカに次いで資本主義国第2位に躍り出た。経済成長による生活水準の向上もあって、池田内閣時代の4年間は、与野党対決といった局面はあまりなく、政局がきわめて安定した時代となった。池田内閣は、朝日新聞の世論調査によれば、55年体制下で一度も支持率が不支持率を下回らなかった唯一の内閣といわれる。1963年に高度成長を背景とする自民党政権の行く手に希望を見出し、池田を委員長とする「自由民主党本部建設委員会」が発足され、自前の自由民主党本部建設が決定、1964年に着工、1966年に完成した。池田勇人内閣の政策 フレッシュアイペディアより)

  • 細田博之

    細田博之から見た内閣支持率内閣支持率

    2009年7月24日に党本部で記者会見した際、麻生首相への批判的な意見に対して「『字が読めない』『ぶれた』なんて言って楽しんでいる。党役員人事だろうが閣僚人事だろうがどうでもいいことだ」と前置きした上で、「だけど、その方がみんな面白いんだから。それは日本国の程度を表している。国民の程度かもしれない。」と国民・有権者を批判し、さらに「そういうことしか、主として取り上げない。電話で調査して支持率は何%と、いいかげんにしてくれという感じだ。聞いて意味がありますか」と内閣支持率の調査という一般的な世論調査の結果報道を批判した。そのあと「真意ではない」として一連の発言を撤回した。細田博之 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤の乱

    加藤の乱から見た内閣支持率内閣支持率

    小渕再選前には、加藤は政界ではポスト小渕のNo.1候補と衆目一致するところであった。保守本流の派閥の長、橋本・小渕政権誕生への協力、幹事長としての新進党切り崩しの実績等があったためである。しかし、当時の加藤は、小渕派(旧竹下派・田中派)に担がれる形での首相就任を拒んでいた。YKKとしての反竹下派の源流、宮沢内閣の竹下派(金丸)影響下の政権二重構造への反発などからである。しかし、自身の首相形態に理想を求めすぎた為、就任が云わば先送りにされていた。森との順番的に遅れをとった加藤の焦りが極まる一方、森内閣は、神の国発言、中川秀直官房長官のスキャンダルによる辞任などで、内閣支持率は低迷を続け、不人気がピークに達していた。加藤の乱 フレッシュアイペディアより)

  • 第1次安倍内閣 (改造)

    第1次安倍内閣 (改造)から見た内閣支持率内閣支持率

    内閣改造後の世論調査では、支持率はやや回復した。各社差はあるものの、支持率・不支持率がそれぞれ大幅に上昇・減少した。第1次安倍内閣 (改造) フレッシュアイペディアより)

57件中 21 - 30件表示

「内閣支持率」のニューストピックワード