57件中 41 - 50件表示
  • 菅内閣 (第1次改造)

    菅内閣 (第1次改造)から見た内閣支持率内閣支持率

    「脱小沢」路線の継続が評価され、参院選前から低下し続けていた内閣支持率も軒並み60%台まで回復し、一部の世論調査では6月の発足当初を上回る記録をたたき出したものもあった。菅内閣 (第1次改造) フレッシュアイペディアより)

  • 内閣改造

    内閣改造から見た内閣支持率内閣支持率

    第二に、閣僚が同じ人物のままではマスコミを通じて国民からマンネリ感を持たれて社会に閉塞感が漂っている場合は、内閣改造を表明することで、どの与党議員が閣僚入りをするかなどをマスコミに予想させるなどして内閣への国民的注目を高めることで内閣を刷新し、フレッシュな感覚を国民にアピールすることを目的とする。その結果、内閣改造すると、改造直後の内閣支持率が改造前より上昇する傾向がある。内閣改造 フレッシュアイペディアより)

  • 田中角栄

    田中角栄から見た内閣支持率内閣支持率

    7月6日 - 第1次田中内閣が成立。初の大正生まれの首相であり史上初の新潟県出身の首相である。各種機関の内閣支持率調査で70%前後の支持を集める。なお、田中の次の大正生まれの首相は5代後の中曽根康弘。田中角栄 フレッシュアイペディアより)

  • 第2次橋本内閣 (改造)

    第2次橋本内閣 (改造)から見た内閣支持率内閣支持率

    橋本の自由民主党総裁の再選に伴う内閣改造。ロッキード事件で有罪が確定していた佐藤孝行を総務庁長官とした事に非難が集中、佐藤は9月22日に辞任した。佐藤は歴代内閣に入閣を拒まれ、橋本も入閣させない意向だったが、中曽根康弘の強硬な推薦に抗し切れず起用した。この一件で内閣支持率は改造前の50%前後から30%台に急落する。第2次橋本内閣 (改造) フレッシュアイペディアより)

  • ニコニコ動画

    ニコニコ動画から見た内閣支持率内閣支持率

    ニコニコ動画では特定の時間に動画を閲覧しているユーザーを対象とした内閣支持率・政党支持率調査を毎月行っているほか、国政選挙の当日に動画を閲覧したユーザーを対象とした「ネット出口調査」と称する投票先調査を実施している。ニコニコ動画 フレッシュアイペディアより)

  • 第1次安倍内閣

    第1次安倍内閣から見た内閣支持率内閣支持率

    組閣当初は70%近くの支持率があったものの、2005年(平成17年)の郵政国会において郵政民営化法案に造反し党を除名された議員を復党させて以降急落。「言論NPO」が2007年(平成19年)1月6日に発表した「安倍政権100日評価アンケート」によれば、支持率は24.0%で、70%以上が「期待以下」「最初から期待していない」と回答した。支持率は年金記録問題が持ち上がった同年5月下旬以降さらに下降した。第1次安倍内閣 フレッシュアイペディアより)

  • 村山富市

    村山富市から見た内閣支持率内閣支持率

    1995年1月17日、兵庫県南部地震に伴う阪神・淡路大震災発生時、日本国政府の対応の遅さが批判され、内閣支持率が急落した(後述)。3月20日には「オウム真理教」幹部による地下鉄サリン事件が起こった(後述)。その後、公安調査庁の調査結果を尊重し、オウム真理教への破壊活動防止法適用を公安審査委員会に申請した(後に基準を満たさないとされ適用は見送られる)。村山富市 フレッシュアイペディアより)

  • 細川護熙

    細川護熙から見た内閣支持率内閣支持率

    1993年8月9日、政治改革を最大の使命として掲げる細川連立政権が誕生した。公選知事経験者の首相就任は史上初であり、2014年現在も唯一の例である。また衆議院議員当選1回での首相就任は1948年の吉田茂以来45年ぶり、閣僚を経験していない政治家の首相就任としては1947年の片山哲以来46年ぶりである。日本新党・新生党・新党さきがけ・社会党・公明党・民社党・社会民主連合の7党に、参議院院内会派の民主改革連合を加えた8党派からなる連立では政策の調整に困難が予想され、「8頭立ての馬車」「ガラス細工の連立」などと皮肉られることもあった。その一方で、内閣発足直後に行われた世論調査では内閣支持率が軒並み70%を超え、これは当時としては空前の高支持率となった。細川護熙 フレッシュアイペディアより)

  • 野田佳彦

    野田佳彦から見た内閣支持率内閣支持率

    2012年(平成24年)10月1日、内閣改造を再び行い、野田第3次改造内閣が発足した。10月23日に、田中慶秋法務大臣が暴力団関係者との交際問題で事実上の更迭をされただけでなく、前原誠司国家戦略担当大臣の事務所費問題や田中眞紀子文部科学大臣の『3大学の「不認可」』問題が発生し、改造内閣発足後1ヶ月で支持率が17%(共同通信社調査)。10月9日、韓国ウォンの急落を受けて前年10月に700億ドルに引き上げられた日韓通貨スワップ協定の拡充措置を予定通り打ち切ることで両国が合意。11月以降は700億ドルから130億ドルに大幅減少する。野田佳彦 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤ゆかり

    佐藤ゆかりから見た内閣支持率内閣支持率

    2009年6月、総選挙を前に麻生内閣の支持率が低迷したため、佐藤は『マニフェストを通じた総裁選を事前に行って改革路線を堅持する党のリーダーを決めよう』と、両院議員総会の開催を呼びかける署名活動をし、“麻生おろし”に一役買った。佐藤ゆかり フレッシュアイペディアより)

57件中 41 - 50件表示