1 2 3 4 5 6 次へ
57件中 51 - 57件表示
  • 衛藤晟一

    衛藤晟一から見た内閣支持率内閣支持率

    2007年(平成19年)7月29日の第21回参議院議員通常選挙で比例区からの立候補を希望し、自民党に公認を申請したことが引き金となって前年末に続く郵政造反組復党問題が起こる。党内では前年末の「造反組議員」復党で内閣支持率が下がったことなどから根強い反対意見も有ったが、自民党党紀委員会では賛成10票、反対7票という異例の多数決となったが、復党が実現して比例代表候補となった。衛藤晟一 フレッシュアイペディアより)

  • 菅内閣

    菅内閣から見た内閣支持率内閣支持率

    発足からの1カ月で内閣支持率が20%以上下降したことから、夕刊フジは「ジェットコースター内閣」と揶揄している。菅内閣 フレッシュアイペディアより)

  • 菅内閣 (第2次改造)

    菅内閣 (第2次改造)から見た内閣支持率内閣支持率

    民主党内の抗争により政府与党の支持率も下落し、各社の世論調査では内閣支持率が20%台にまで下落。次期総選挙の比例代表投票先も2009年の政権交代以来初めて自由民主党に逆転された。菅内閣 (第2次改造) フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山由紀夫

    鳩山由紀夫から見た内閣支持率内閣支持率

    献金問題の追求が進展するなか同年8月30日投開票の第45回衆議院議員総選挙にて、民主党は単独政党として史上最多の308議席を獲得。2009年9月16日、衆参両院の内閣総理大臣指名選挙で国民新党・社会民主党を連立与党として、第93代内閣総理大臣に就任。戦後の首相としては、初の理系学部出身で、国立大学出身の首相は、宮澤喜一以来16年振りであった。また、新制大学としての東京大学卒の総理大臣は史上初だった。なお理系出身首相には中央工学校卒業の田中角栄や水産講習所(現東京海洋大学)卒業の鈴木善幸がいる。政権は高支持率でスタートした。2009年の流行語大賞には「政権交代」が大賞に選ばれ、表彰式には代理の小川敏夫が出席した。鳩山由紀夫 フレッシュアイペディアより)

  • 中川秀直

    中川秀直から見た内閣支持率内閣支持率

    2000年10月 - 愛人問題や右翼団体員との会食などスキャンダルが報道され、3ヶ月で辞任に追い込まれた。この辞任劇が低迷する内閣支持率に悩まされていた森内閣に追い討ちをかけ、同年末の加藤の乱を引き起こす遠因になった。中川秀直 フレッシュアイペディアより)

  • 竹下登

    竹下登から見た内閣支持率内閣支持率

    竹下内閣が消費税を導入した際、DAIGOは張本人の孫という事で学校などでは随分と責められたと言い(本人曰く「超バッシングされた」)、教師からも「お前のじいさんがあんな下らん税を導入しやがって!」となじられたという。なお、トークでこのエピソードを披露する際は、祖父の内閣支持率最低記録「8%」とを引っ掛け、「俺の学校での支持率も低下した」と回想する。竹下登 フレッシュアイペディアより)

  • 第2次安倍内閣 (改造)

    第2次安倍内閣 (改造)から見た内閣支持率内閣支持率

    11月17日に公表される7-9月期の国内総生産(GDP)速報値の数値が悪いとみられており、再増税に踏み切れば消費マインドをさらに冷え込ませ結果として税収増につながらないとの判断から、増税先送りと12月中の解散総選挙への流れが加速した。高橋洋一は、青木幹雄が提唱した「青木率(直近の政党支持率と内閣支持率の合計)」から判断した場合、解散するなら「今でしょ」という状況であったと解説した。解散との観測を受けて、全国紙の増税に対する見解が出揃った。毎日新聞は、「政権与党が税率引き上げの環境を整える努力を尽くさず、しかも増税に慎重な世論に乗じて選挙にまで利用しようという発想が感じられる」と増税への努力を怠ったことを批判。日本経済新聞は、「リーマン危機のような深刻な事態が起きたなら再増税を延期するのが妥当だが、この時点で再増税延期を決めるのはやはり望ましくない」と述べ、増税実施を求めた。読売新聞は、「国民の信任を改めて得ることで、重要政策を遂行するための推進力を手に入れようとする狙いは、十分に理解できる」と評価した。朝日新聞は、他紙に先駆けて既に増税を容認している。11月10日の読売新聞の世論調査では、「予定通り引き上げるべきだ」が16%にとどまった。11月11日に発表された10月の消費者態度指数と景気ウォッチャー調査のDIはともに低下し、消費者心理の悪化が再確認された。第2次安倍内閣 (改造) フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 次へ
57件中 51 - 57件表示