前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
767件中 1 - 10件表示
  • 国事行為臨時代行

    国事行為臨時代行から見た内閣内閣

    第二条  :天皇は、精神若しくは身体の疾患又は事故があるときは、摂政を置くべき場合を除き、内閣の助言と承認により、国事に関する行為を皇室典範 (昭和二十二年法律第三号)第十七条 の規定により摂政となる順位にあたる皇族に委任して臨時に代行させることができる。国事行為臨時代行 フレッシュアイペディアより)

  • 衆議院解散

    衆議院解散から見た内閣内閣

    そこで、いずれの国家機関が衆議院解散に関する実質的決定権を持つかが問題となるが、憲法学者・先例ともに内閣に衆議院解散の実質的決定権があることについてはほぼ見解が固まっている(内閣説)。一方、内閣の意思によらない衆議院による自主解散権(自律的解散)を認める見解(自律的解散説)も存在するが、従来より議院の多数派により少数派の議員の地位を失わせることを可能とするためには法律上明文の根拠が必要であるとして否定的な見解が多い。衆議院解散要求決議案が衆議院本会議で採決に至った例はあるが、可決されたことはなく、仮に可決されても、法的拘束力のない国会決議の一つにとどまるものとされる。今日の学説においては、衆議院における多数派が内閣との関係において、対立関係になく解散を望むのであれば内閣に解散を求めることで足り、対立関係にあり内閣が応じなければ不信任すればよく、憲法もこのような運用を予定しているとされ、また、衆議院解散は憲法69条の場合に限定されるとみる後述の69条説をとらない限りは実益のある議論ではないと考えられている。衆議院解散 フレッシュアイペディアより)

  • 天皇制

    天皇制から見た内閣内閣

    実際に政治を運営するのは、天皇でなく元老や内閣の各国務大臣である。行政権は各国務大臣の輔弼により天皇に付随しており、権力執行者とされた。大日本帝国憲法では、国務大臣は天皇を輔弼するもの(総理大臣も他の大臣と同格。)と規定された。しかし、最終的な政治決断を下すのは誰か、という点は曖昧にされていた。対外的には、天皇は元首であるが実際の行政権執行者は内閣としていた。内閣は憲法ではなく内閣官制で規定されており、内閣総理大臣は国務大臣の首班ではあるものの憲法上は対等な地位であった。天皇制 フレッシュアイペディアより)

  • マラウイの政治

    マラウイの政治から見た内閣内閣

    マラウイの政治(まらういのせいじ)は、間接民主制による共和政治で執り行われている。また、大統領制が導入されており、マラウイの大統領は元首と政府の長および党の代表者を兼ねた地位となっている。行政権を行使するのは内閣であり、立法権は内閣と国民議会(国会)が有するほか、司法権は立法および行政から独立している。マラウイの政治 フレッシュアイペディアより)

  • 法典調査会

    法典調査会から見た内閣内閣

    法典調査会(ほうてんちょうさかい)は、明治時代に内閣に設置された、法典の起草・審議・編纂を行なう機関である。通常、1898年(明治31年)の大規模再編を境に、前期と後期に区分される。前期法典調査会では現行民法典・商法典が創られるなど、日本の法典整備に大きな役割を果たした。法典調査会 フレッシュアイペディアより)

  • 中華民国の首相

    中華民国の首相から見た内閣内閣

    「中華民国臨時約法」の設置により、「臨時大総統」によって「内閣」の長としての「総理」が任命されるようになる。中華民国の首相 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の元首

    日本の元首から見た内閣内閣

    大日本帝国憲法では第4条で「天皇ハ国ノ元首ニシテ統治権ヲ総攬(そうらん)」するとの明記があったが、現行の日本国憲法には元首の規定はなく、そのため元首について様々な見解がある。象徴天皇を元首とする説、実質的機能を重視し内閣(または首相)を元首とする説、元首は不在とする説等がある。田中浩・芦部信喜・長野和夫によると学説の多数は、権限を持つ内閣または内閣総理大臣を元首としている。日本の元首 フレッシュアイペディアより)

  • 内閣不信任決議

    内閣不信任決議から見た内閣内閣

    内閣不信任決議(ないかくふしんにんけつぎ)は、議会が内閣に対して信任しないことを内容として行う決議で、現に行政を担っている特定の内閣を信任せず退陣を求めることを内容とする決議。日本国憲法第56条第2項及び第69条)に基づき、衆議院本会議で、出席議員の過半数によって決議される。内閣不信任決議 フレッシュアイペディアより)

  • 裁判官

    裁判官から見た内閣内閣

    最高裁判所長官は、内閣の指名に基づいて天皇が任命する(憲法6条2項、裁判所法39条1項)。最高裁判所判事は内閣が任命し(憲法79条1項、裁判所法39条2項)、その任免は、天皇がこれを認証する(裁判所法39条3項。このように天皇が認証する官を認証官という。)。裁判官 フレッシュアイペディアより)

  • 内閣総理大臣

    内閣総理大臣から見た内閣内閣

    これに対して、岩倉具視と同じく保守派の太政大臣三條實美らは、右大臣に伊藤博文を充てるという人事改革案で応酬した。しかし伊藤博文はこれを丁重に断り、代わって黒田清隆を推したが、今度は酒乱の気がある黒田清隆に保守派が尻込み、結局この「改革合戦」は引き分けに終わった。その後も伊藤博文等はこれに怯まず「内閣」制度を提案し、「君主立憲政体なれば、君位君権は立法の上に居らざる可からずと云の意なり。故に、憲法を立て立法行政の両権を並立せしめ(立法議政府、行政宰相府)恰も人体にして意想と行為あるが如くならしめざる可からずと云」という伊藤博文の語録にあるように、憲法とセットして近代的内閣制度を突き付けられては、保守派も反対の名目がなく、伊藤博文の意向が通る形となった。内閣総理大臣 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
767件中 1 - 10件表示

「内閣」のニューストピックワード