767件中 31 - 40件表示
  • 法令

    法令から見た内閣内閣

    1868年に政体書によって設置され、内閣制度が創設されるまで存続していた最高官庁である太政官が制定していた法形式である。一般国民を拘束する内容を持つものを太政官布告とし、官庁限りの心得を太政官達としていたが、必ずしもその区別が守られていたとはいえなかった。太政官制度が廃止された後も、後に制定された法令に矛盾しない限りその効力を有し、大日本帝国憲法施行後もこれに抵触しない限りでなお従前の効力を有し、また、日本国憲法施行後も大日本帝国憲法下で法律又は勅令としての効力を認められたものは、現憲法に違反しない限り効力を有する。太政官布告第何号というのは制定順序ではなく後日編纂された太政官日誌の登載順である。法令 フレッシュアイペディアより)

  • 行政院

    行政院から見た内閣内閣

    行政院(ぎょうせいいん)は、中華民国における「国家の最高行政機関」(中華民国憲法53条)。内閣と各省庁を併せたものに相当する。行政院長は首相に相当し、中華民国総統が直接任命する。行政院 フレッシュアイペディアより)

  • 上奏

    上奏から見た内閣内閣

    公文式(明治19年勅令第1号)第二条では、法律・勅令の公布について上奏する旨が規定されていた。閣令については内閣総理大臣が発するとされてたため、上奏の対象に規定されていなかった。法律の制定、勅令の発布という大権事項について、内閣(内閣総理大臣・各省大臣)の介在が制度化された中で、上奏は大権行使の過程の一部として位置付けられていた。上奏 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国憲法第7条

    日本国憲法第7条から見た内閣内閣

    天皇は、内閣の助言と承認により、国民のために、左の国事に関する行為を行ふ。日本国憲法第7条 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国憲法第96条

    日本国憲法第96条から見た内閣内閣

    発議権が内閣にもあるかについては争いがある。「国会の発議」は発案権者が国会議員に限られることを当然には意味しないこと、内閣の発議権を認めても国会審議の自主性は損なわれないこと、議院内閣制の内閣と議会の協同関係から考えて認めても不思議ではないことなどから肯定する説がある。一方、戒能通孝の公述によれば、発議出来るのは国会のみであり、内閣が憲法改正に意見することも許されないとする。もっとも内閣は、議員たる資格をもつ国務大臣その他の議員を通じて原案を提出できるので、議論の実益は乏しい。日本国憲法第96条 フレッシュアイペディアより)

  • ルフトハンザドイツ航空 (ドイツ民主共和国)

    ルフトハンザドイツ航空 (ドイツ民主共和国)から見た内閣内閣

    1955年4月27日に、ドイツ民主共和国(以下、東ドイツ)の(内閣)とソ連大使館との間で協議が行なわれ、翌日、4月28日に、「東ドイツ旅客および貨物輸送を実施するために、1955年5月1日にルフトハンザドイツ航空を設立(再建)する。この航空会社は東ドイツ内務省に所属する」と発表された。ルフトハンザドイツ航空 (ドイツ民主共和国) フレッシュアイペディアより)

  • 公安委員会 (フランス革命)

    公安委員会 (フランス革命)から見た内閣内閣

    執行権の対象は「全てのこと」に及び、緊急時には臨時立法や超法規的な行政命令を行使できたが、警察権や司法権を持たず、財政にも関与できないなど、報告義務以外にもいくつか制限があり、命令書が発効するには少なくとも公安委員の3分の2以上が参加する行政会議で委員の過半数の署名が必要だった。このために公安委員会は、国を支配する委員会独裁ではあったが、よく言われるようなロベスピエールの個人独裁というのは間違いで、独裁の実態は少人数の合議制(または寡頭制)であった。各分野は、複数の部門、部局、後には内部の各執行委員会に細分化されており、公安委員には各々に管轄が決められていて、委員会内の権力は分割されて1人に権限が集中することはなかった。公安委員会全体としては実際的には通常の国家での内閣の性格を持っていた。公安委員会 (フランス革命) フレッシュアイペディアより)

  • 小菅智淵

    小菅智淵から見た内閣内閣

    六女の紀子は川嶋家に嫁し、2男2女をもうけた。紀子の夫は川嶋孝彦であり、内閣書記官、内閣統計局長、参議院事務局専門員などを経て、国立国会図書館専門調査員在職中に死去した。川嶋孝彦・紀子の長女・宮子が養女として入り、小菅家を継いでいる。小菅智淵 フレッシュアイペディアより)

  • 内閣府特命担当大臣(宇宙政策担当)

    内閣府特命担当大臣(宇宙政策担当)から見た内閣内閣

    2008年の宇宙基本法の施行に基づき、福田康夫政権にて内閣に宇宙開発戦略本部が設置されることとなった。それを見据えて、同年6月17日、衆議院議員の岸田文雄が「宇宙開発利用に関する施策を総合的かつ計画的に推進するため企画立案及び行政各部の所管する事務の調整」の担当に任じられた。以降、一時期の菅政権や野田政権においても、同様の職が設置されることとなった。内閣府特命担当大臣(宇宙政策担当) フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山内閣メールマガジン

    鳩山内閣メールマガジンから見た内閣内閣

    鳩山内閣メールマガジン(はとやまないかくメールマガジン)は、鳩山由紀夫内閣総理大臣の下で内閣官房内閣広報室から発行されていたメールマガジンである。鳩山内閣メールマガジン フレッシュアイペディアより)

767件中 31 - 40件表示

「内閣」のニューストピックワード