750件中 31 - 40件表示
  • 問責決議

    問責決議から見た内閣内閣

    内閣は行政権の行使について国会に対し連帯して責任を負う立場にあり(日本国憲法第66条第3項)、内閣がその果たすべき責任を充分に果たしていないと考える場合には国会は責任を問うことができる。衆議院の場合、内閣を信任しない場合には、内閣不信任決議を可決(または内閣信任決議を否決)することで、内閣に対し、内閣総辞職あるいは衆議院解散によって改めて民意を問う法的義務を負わせることができる(日本国憲法第69条)。一方、参議院においても、内閣は行政権の行使について国会全体に対し連帯して責任を負う立場にある以上(日本国憲法第66条第3項)、内閣がその果たすべき責任を充分に果たしていないと考える場合には国会を構成する一院として当然にその責任を問うことができるが、憲法上、参議院には衆議院に認められているような内閣不信任決議(日本国憲法第69条)はなく、参議院がその政治的責任を問おうとする場合には法的拘束力のない「国会決議」という形式を用いて問責決議を行うことになる。問責決議 フレッシュアイペディアより)

  • 小菅智淵

    小菅智淵から見た内閣内閣

    六女の紀子は川嶋家に嫁し、2男2女をもうけた。紀子の夫は川嶋孝彦であり、内閣書記官、内閣統計局長、参議院事務局専門員などを経て、国立国会図書館専門調査員在職中に死去した。川嶋孝彦・紀子の長女・宮子が養女として入り、小菅家を継いでいる。小菅智淵 フレッシュアイペディアより)

  • 枢密院書記官長 (カナダ)

    枢密院書記官長 (カナダ)から見た内閣内閣

    枢密書記官長 (すうみついんしょきかんちょう、英語:Clerk of the Privy Council、仏語:Greffier du Conseil privé)は、カナダ政府の上級官僚である。正式な呼称と地位は「枢密院書記官長および内閣書記官(Clerk of the Privy Council and the Secretary to the Cabinet)」である。書記官長は、首相の助言のもと、カナダにおける国王の代理である総督によって任命される。枢密院書記官長 (カナダ) フレッシュアイペディアより)

  • シュラフタ

    シュラフタから見た内閣内閣

    シュラフタは国会(セイム)と元老院(セナト)を構成し、国会議員から選出・信任され国王によって任命される、首相に相当する大法官、および大元帥に相当する王冠領大ヘトマン(大法官と王冠領大ヘトマンはしばしば兼任された)、そして大法官が率いる、内閣に相当する評議会、および王冠領大ヘトマンが率いる(軍備の大半は非常設の)国会軍を設けていた。この貴族共和政の議会制度によってシュラフタは時にポーランド国王兼リトアニア・ルーシ大公をもしのぐ権力を持ち、立憲君主制を基礎としてそれを改革改良、あるいは時に改革改良の是非をめぐる激しい政治闘争を展開しながら中世から近世にかけての東欧の政治・文化に置いて大きな影響力を与えた。1918年のポーランド第二共和国成立時にシュラフタの制度は廃止された。シュラフタ フレッシュアイペディアより)

  • 上奏

    上奏から見た内閣内閣

    公文式(明治19年勅令第1号)第二条では、法律・勅令の公布について上奏する旨が規定されていたが、閣令については規定されていなかった。法律の制定、勅令の発布という大権事項について、内閣(内閣総理大臣・各省大臣)の介在が制度化された中で、上奏は大権行使の過程の一部として位置付けられていた。上奏 フレッシュアイペディアより)

  • 公用文作成の要領

    公用文作成の要領から見た内閣内閣

    公用文作成の要領(こうようぶんさくせいのようりょう、昭和27年4月4日内閣閣甲第16号)とは、公用文の表記の改善を目的として1952年(昭和27年)4月4日に内閣が内閣閣甲第16号として各省庁の次官宛に発出した通達(指示文書)である。公用文作成の要領 フレッシュアイペディアより)

  • 内閣官制

    内閣官制から見た内閣内閣

    大日本帝国憲法は、同第55条に「國務各大臣ハ天皇ヲ輔弼シ其ノ責ニ任ス」と定められたが、「内閣」や「内閣総理大臣」については規定されなかった。行政権は国務各大臣の輔弼により天皇が自ら行う「大権」とされ、内閣は国務各大臣の協議と意思統一のための合議体にすぎないものとされた。これにより、「内閣職権」に規定された内閣・国務大臣・内閣総理大臣について、再度規定することが必要とされた。内閣官制 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国憲法

    日本国憲法から見た内閣内閣

    日本国憲法の本文は、11章103条からなる。大別して、人権規定、統治規定、憲法保障の三つからなる。人権規定とは、国民の権利などを定めた規定であり、主に「第3章 国民の権利及び義務」にまとめられている。このことから、第3章は、別名「人権カタログ」と呼ばれている。統治規定とは、国家の統治組織などを定めた規定であり、「第1章 天皇」「第4章 国会」「第5章 内閣」「第6章 司法」「第7章 財政」「第8章 地方自治」など多岐にわたる。憲法保障とは、憲法秩序の存続や安定を保つことであり、そのための規定や制度としては、憲法の最高法規性が宣言され(98条)、公務員に憲法尊重擁護義務が課され(99条)、憲法改正の要件を定めて硬性憲法とする(96条)ほか、司法審査制(81条)や権力分立制なども挙げられる。日本国憲法 フレッシュアイペディアより)

  • 大日本帝国憲法

    大日本帝国憲法から見た内閣内閣

    1891年(明治24年)、日本を訪問中のロシア皇太子・ニコライ(のちのニコライ2世)が、滋賀県大津市で警備中の巡査・津田三蔵に突然斬りかかられ負傷した。いわゆる大津事件である。この件で、時の内閣は対露関係の悪化をおそれ、大逆罪(皇族に対し危害を加える罪)の適用と、津田に対する死刑を求め、司法に圧力をかけた。しかし、大審院長の児島惟謙は、この件に同罪を適用せず、法律の規定通り普通人に対する謀殺未遂罪を適用するよう、担当裁判官に指示した。かくして、津田を無期徒刑(無期懲役)とする判決が下された。この一件によって、日本が立憲国家・法治国家として法治主義と司法権の独立を確立させたことを世に知らしめた。もっとも、本件は当時の司法権の独立の危うさを語っている。また、大審院長が裁判に介入したことから、個々の裁判官の独立は守られていないことに注意を要する。大日本帝国憲法 フレッシュアイペディアより)

  • サウジアラビア

    サウジアラビアから見た内閣内閣

    従来は内閣も国会も存在せず、勅令が法律公布と同義となり、行政も勅令の他、クルアーンやシャリーア(イスラム法)に則って施行されてきたが、統治基本法公布によって選挙が行われ、内閣や国会に相当する諮問評議会、地方議会も設置された。サウジアラビア フレッシュアイペディアより)

750件中 31 - 40件表示

「内閣」のニューストピックワード