767件中 41 - 50件表示
  • 任命権者

    任命権者から見た内閣内閣

    内閣→副大臣、内閣官房副長官、大臣政務官、内閣総理大臣補佐官、内閣官房副長官補、最高裁判所長官以外の裁判官、検事総長、次長検事、検事長、人事官、人事院総裁、検査官、内閣法制局長官、内閣危機管理監、国家安全保障局長、宮内庁長官、侍従長、式部官長、東宮大夫、特命全権大使、特命全権公使、国家公務員倫理審査会会長及び委員任命権者 フレッシュアイペディアより)

  • ノルウェー

    ノルウェーから見た内閣内閣

    スウェーデン=ノルウェー連合王国時代の1814年の法律で、「国王は、議会または首相を含む内閣を任命する」という重要な執行権が与えられたが、ほとんどの場合は議会が国王の名の下行使している。1884年には議院内閣制が成立し、内閣の発足には議会の承認が必要となった。これにより、国王による任命は事実上形式だけのものとなった。ノルウェー フレッシュアイペディアより)

  • 石沢芳次郎

    石沢芳次郎から見た内閣内閣

    石沢 芳次郎(いしざわ よしじろう、1915年 - )は日本の経済学者。防衛大学校名誉教授、拓殖大学名誉教授。内閣参事官、拓殖大学学長、財団法人産業経済研究協会理事長等を歴任した。石沢芳次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 官庁

    官庁から見た内閣内閣

    官庁は、これを構成する官吏の数により、独任制官庁(1名の自然人から構成される官庁)と合議制官庁(複数名の自然人の合議体により構成される官庁)に分類できる。独任制官庁としては、内閣総理大臣・各省大臣や各庁の長官、税務署長、検察官などがあり、ほとんどの官庁は独任制である。合議制官庁としては、内閣や各種行政委員会などがある。官庁 フレッシュアイペディアより)

  • 最高裁判所長官

    最高裁判所長官から見た内閣内閣

    最高裁判所は、最高裁判所長官(「長たる裁判官」)1人と、最高裁判所判事(「その他の裁判官」)14人の計15人の最高裁判所裁判官(「最高裁判所の裁判官」)から成る。最高裁判所長官以外のその他の裁判官を「最高裁判所判事」という(裁判所法第5条第1項)。最高裁判所長官が内閣の指名に基づいて天皇が任命するのに対し(日本国憲法第6条第2項)、最高裁判所判事は内閣が任命し天皇が認証する(日本国憲法第79条第1項、裁判所法第39条第3項)。最高裁判所長官 フレッシュアイペディアより)

  • ドナルド・トゥスク

    ドナルド・トゥスクから見た内閣内閣

    政治思想としては穏健ではあるが、個々の政策の実行段階においては必要に応じて大鉈を振るうことがあり、現在行っている医療制度改革と国有大企業の民営化は反対者も多く、その典型例である。また閣内においても必要に応じて断乎たる強力な指導力を見せることがある12。ドナルド・トゥスク フレッシュアイペディアより)

  • フィンランド

    フィンランドから見た内閣内閣

    議会制民主主義国家であり、議会が国権の最高機関である。政治形態は独立以降、半大統領制の様な状態で大統領には現在より大きな権力があったが、1990年以降になって議院内閣制への移行を目的とした憲法改正が数度行われ、行政権の比重は大統領から首相(内閣)に大きく傾いた。フィンランド フレッシュアイペディアより)

  • 日本国憲法

    日本国憲法から見た内閣内閣

    旧憲法には内閣および内閣総理大臣の規定は置かれず、これらは勅令である内閣官制に基づいて設置された。憲法では国務各大臣が天皇を輔弼(ほひつ)し、天皇に対してのみ責任を負うものとされた(第55条第1項)。内閣総理大臣および国務大臣は天皇が任免するものとされたが(第10条)、実際には元老や重臣、内大臣など、憲法外の機関が人選した。日本国憲法 フレッシュアイペディアより)

  • 大統領

    大統領から見た内閣内閣

    大統領が議会に対して依存せずに、行政の任を負う体制。アメリカ合衆国、大韓民国など。このような体制を取る国では内閣がないこともある。大統領 フレッシュアイペディアより)

  • 公用文作成の要領

    公用文作成の要領から見た内閣内閣

    公用文作成の要領(こうようぶんさくせいのようりょう、昭和27年4月4日内閣閣甲第16号)とは、公用文の表記の改善を目的として1952年(昭和27年)4月4日に内閣が内閣閣甲第16号として各省庁の次官宛に発出した通達(指示文書)である。公用文作成の要領 フレッシュアイペディアより)

767件中 41 - 50件表示

「内閣」のニューストピックワード