750件中 41 - 50件表示
  • クウェート

    クウェートから見た内閣内閣

    憲法によって立憲君主制を取っているが、首相以下、内閣の要職はサバーハ家によって占められており、実態は一族独裁による事実上の絶対君主制である。憲法に基づき首長(立憲君主制)、国民議会、内閣の三者を中心とした統治形態が取られているが、首長が議会を解散できる・首相を任免できるなど権限が強化されているため、これも建国当初から有名無実化している。クウェート フレッシュアイペディアより)

  • 法令

    法令から見た内閣内閣

    1868年に政体書によって設置され、内閣制度が創設されるまで存続していた最高官庁である太政官が制定していた法形式である。一般国民を拘束する内容を持つものを太政官布告とし、官庁限りの心得を太政官達としていたが、必ずしもその区別が守られていたとはいえなかった。太政官制度が廃止された後も、後に制定された法令に矛盾しない限りその効力を有し、日本国憲法施行後も大日本帝国憲法下で法律又は勅令としての効力を認められたものは、現憲法に違反しない限り効力を存続するとされている。太政官布告第何号というのは制定順序ではなく後日編纂された太政官日誌の登載順である。法令 フレッシュアイペディアより)

  • 議院内閣制

    議院内閣制から見た内閣内閣

    議院内閣制(ぎいんないかくせい)とは、立法権を有する議会と行政権を有する政府(内閣)が一応分立しているものの、政府は議会(特に下院)の信任によって存立することとする制度。議院内閣制 フレッシュアイペディアより)

  • 最高裁判所長官

    最高裁判所長官から見た内閣内閣

    最高裁判所は、最高裁判所長官(「長たる裁判官」)1人と、最高裁判所判事(「その他の裁判官」)14人の計15人の最高裁判所裁判官(「最高裁判所の裁判官」)から成る。最高裁判所長官以外のその他の裁判官を「最高裁判所判事」という(裁判所法第5条第1項)。最高裁判所長官が内閣の指名に基づいて天皇が任命するのに対し(日本国憲法第6条第2項)、最高裁判所判事は内閣が任命し天皇が認証する(日本国憲法第79条第1項、裁判所法第39条第3項)。最高裁判所長官 フレッシュアイペディアより)

  • サントメ・プリンシペ

    サントメ・プリンシペから見た内閣内閣

    1990年8月、国民投票で複数政党制移行を決め、1991年1月の総選挙で野党が過半数を獲得、その支持を受けたミゲル・トロボアダ元首相が3月の大統領選で当選し、一党独裁が終結。1994年10月の総選挙ではMLSTP・PSDが第1党に返り咲き、1998年11月の総選挙では過半数を獲得。野党代表のトロボアダ大統領とMLSTP・PSDを与党とする内閣が対立・共存の状況となった。2001年7月、大統領選でトロボアダ派の実業家で独立民主行動 (ADI) 党員であるフラディケ・デ・メネゼスが当選。サントメ・プリンシペ フレッシュアイペディアより)

  • キューバ

    キューバから見た内閣内閣

    国家評議会:人民権力全国会議(議会)の閉会中に、立法機能を果たす集団指導機関。内閣とは別個の存在。首長は国家評議会議長で、国家元首を務める。キューバ フレッシュアイペディアより)

  • 官庁

    官庁から見た内閣内閣

    官庁は、これを構成する官吏の数により、独任制官庁(1名の自然人から構成される官庁)と合議制官庁(複数名の自然人の合議体により構成される官庁)に分類できる。独任制官庁としては、内閣総理大臣・各省大臣や各庁の長官、税務署長、検察官などがあり、ほとんどの官庁は独任制である。合議制官庁としては、内閣や各種行政委員会などがある。官庁 フレッシュアイペディアより)

  • 裁判官

    裁判官から見た内閣内閣

    最高裁判所長官は、内閣の指名に基づいて天皇が任命する(憲法6条2項、裁判所法39条1項)。最高裁判所判事は内閣が任命し(憲法79条1項、裁判所法39条2項)、その任免は、天皇がこれを認証する(裁判所法39条3項。このように天皇が認証する官を認証官という。)。裁判官 フレッシュアイペディアより)

  • レイセン

    レイセンから見た内閣内閣

    現在はバイトで内閣調査室特別対策チームに所属。普段は高校の制服を着ているが実年齢は鈴蘭と同い年なのでおそらく22歳だが外見も高校生にしか見えない。制服はオシャレが面倒なのと本当の青春時代に着る事ができなかったため。レイセン フレッシュアイペディアより)

  • 海上警備隊

    海上警備隊から見た内閣内閣

    1945年(昭和20年)9月2日、米戦艦「ミズーリ」艦上で行われた日本の降伏文書の調印式を受けて、日本軍全軍の武装解除、戦闘停止が発動された。10月15日には大日本帝国海軍の軍令部門である軍令部が、11月30日には軍政部門である海軍省が廃止された。これを受け、12月1日には、海軍省が担ってきた復員などの業務を引き継ぐために第二復員省が発足したが、これも復員の進展に伴い、1946年(昭和21年)6月15日には第一復員省(陸軍省)と統合され、内閣の外局たる復員庁において第二復員局となった。1947年(昭和22年)末ごろより、旧海軍佐官級の同局員を中心に、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)やアメリカ極東海軍司令部(COMNAVFE)の要員と懇親を深めつつ、海軍を含めた再軍備の計画が練られるようになった。海上警備隊 フレッシュアイペディアより)

750件中 41 - 50件表示

「内閣」のニューストピックワード