750件中 61 - 70件表示
  • 合議制

    合議制から見た内閣内閣

    合議制(ごうぎせい)とは、執行機関を複数の人によって構成させる制度である。内閣やあらゆる委員会が合議制に当たる。合議制の機関は、その権限の範囲内の意思決定については、その組織内の他の機関から指揮監督を受けないのが一般である。合議制 フレッシュアイペディアより)

  • 教育行政

    教育行政から見た内閣内閣

    第2次大戦後の日本における教育行政は、教育行政の民主化、地方分権化、一般行政との機能的分離を目指して組織され、運営されてきた。中央教育行政においては、文部科学省が直接教育行政を担当する機関とするが、内閣も教育行政に寄与する。地方教育行政では、地方公共団体の長にも、一定の権限(大学・短期大学・高等専門学校・専門学校・各種学校の設置運営や高等学校以下の私立学校の認可等)を付与されているが、主たる機関は教育委員会である。教育行政 フレッシュアイペディアより)

  • 司法制度改革

    司法制度改革から見た内閣内閣

    1999年7月 - 内閣に司法制度改革審議会を設置司法制度改革 フレッシュアイペディアより)

  • バーダル (ネパールの政治家)

    バーダル (ネパールの政治家)から見た内閣内閣

    バーダル(Badal)はネパールの政治家・革命家。プラチャンダ内閣の国防大臣。ネパール共産党毛沢東主義派の政治局員でプラチャンダ、バブラム・バッタライに次いでNo.3の地位にあると目される。前国防相。バーダル (ネパールの政治家) フレッシュアイペディアより)

  • デヴ・グルン

    デヴ・グルンから見た内閣内閣

    8月22日、プラチャンダ内閣の法務大臣として入閣。デヴ・グルン フレッシュアイペディアより)

  • マトリカ・プラサド・ヤーダブ

    マトリカ・プラサド・ヤーダブから見た内閣内閣

    新党「ネパール共産党毛沢東主義派」を結成し、武装闘争の再開も辞さない姿勢を明らかにしている。マデシや少数民族など、統一毛派に不満を持つ層に同調者が現れており、今後の動向が注目される。G.P.コイララ内閣で森林大臣などを歴任。マデシ出身。マトリカ・プラサド・ヤーダブ フレッシュアイペディアより)

  • レクラジ・バッタ

    レクラジ・バッタから見た内閣内閣

    レクラジ・バッタ(英:Lekh Raj Bhatta または Lekhraj Bhatta)はネパールの政治家。ネパール共産党毛沢東主義派に所属。2008年8月31日、プラチャンダ内閣に労働・運輸管理大臣として入閣。2008年時点で48歳。レクラジ・バッタ フレッシュアイペディアより)

  • 本予算

    本予算から見た内閣内閣

    国家財政の場合、財務大臣は、予算(案)を作成し閣議の決定の後、内閣として国会に提出し、国会の承認を受けたうえで成立する。通常、8月末に各省から提出された概算要求を財務省が査定して年末までに財務省原案として作成し、復活折衝を経て政府案を決定する。この政府予算案を1月中に国会へ提出し、3月末日までに成立するようにする(財政法第16条?第28条)。本予算 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の鉄道史 (大正-昭和前半)

    日本の鉄道史 (大正-昭和前半)から見た内閣内閣

    しかし、1918年政友会の原敬内閣において国際標準軌への改築は見送られることが決定し、その後国鉄関係者は『狭軌のままの輸送力改善』に取り組むようになる。日本の鉄道史 (大正-昭和前半) フレッシュアイペディアより)

  • フィネアシ・フナキ

    フィネアシ・フナキから見た内閣内閣

    フィネアシ・フナキ(Fineasi Funaki,1966年-2010年11月13日)は、トンガの政治家。かつての内閣において観光大臣を務めていた。フィネアシ・フナキ フレッシュアイペディアより)

750件中 61 - 70件表示

「内閣」のニューストピックワード