767件中 71 - 80件表示
  • 天皇

    天皇から見た内閣内閣

    大日本帝国憲法では第4条で「天皇ハ国ノ元首ニシテ統治権ヲ総攬(そうらん)」するとの明記があったが、現行の日本国憲法には元首の規定はなく、そのため元首について様々な見解がある。象徴天皇を元首とする説、実質的機能を重視し内閣(または首相)を元首とする説、元首は不在とする説等がある。学説の多くは、条約締結や外交使節任免および外交関係処理の権限をもつ内閣を元首とするか、行政権の首長としての内閣代表の内閣総理大臣を元首としている。天皇 フレッシュアイペディアより)

  • 阿南惟幾

    阿南惟幾から見た内閣内閣

    1945年(昭和20年)4月に鈴木貫太郎内閣の陸軍大臣に就任した。太平洋戦争(大東亜戦争)末期に降伏への賛否を巡り混乱する政府において戦争継続を主張したが、聖断によるポツダム宣言受諾が決定され、8月15日に割腹自決。日本の内閣制度発足後、現職閣僚が自殺したのはこれが初である。阿南惟幾 フレッシュアイペディアより)

  • レイセン

    レイセンから見た内閣内閣

    現在はバイトで内閣調査室特別対策チームに所属し、頸城と組んで任務に当たっている。レイセン フレッシュアイペディアより)

  • 第二次世界大戦

    第二次世界大戦から見た内閣内閣

    アジアでは、1937年7月7日の蘆溝橋事件以降、日中間で戦争状態が続いていた。日本は阿部信行内閣当時、ヨーロッパの戦争への不介入方針を掲げたが、同内閣総辞職後、松岡洋右ら親独派を中心に1940年9月、日独伊三国同盟を締結、枢軸側に接近した。さらに日本軍は同月、本国がドイツ支配下に入ったフランス領インドシナ(仏印)北部へ進駐した(仏印進駐)。1941年4月からは日米交渉が本格化したが、三国同盟の空文化・仏印や中国戦線からの撤退を求めるアメリカと、南進論が台頭する日本の溝は埋まらなかった。7月にアメリカは両洋艦隊法を成立させ大軍拡に着手するとともに在米日本資産の凍結を行い、日本は南部仏印への進駐を行った。第二次世界大戦 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の鉄道史 (大正-昭和前半)

    日本の鉄道史 (大正-昭和前半)から見た内閣内閣

    しかし、1918年政友会の原敬内閣において国際標準軌への改築は見送られることが決定し、その後国鉄関係者は『狭軌のままの輸送力改善』に取り組むようになる。日本の鉄道史 (大正-昭和前半) フレッシュアイペディアより)

  • 電気通信大学藤沢分校

    電気通信大学藤沢分校から見た内閣内閣

    1945年(昭和20年)5月19日 - 逓信院(内閣所属部局)の所管となる。電気通信大学藤沢分校 フレッシュアイペディアより)

  • 愛国社

    愛国社から見た内閣内閣

    昭和3年(1928年)岩田愛之助により創設される。機関紙は「愛国新聞」。中国及び満州に関する問題に積極的関与、各大学で反共産主義右翼学生の組織化を企図した。田中義一内閣打倒や農村での青年に対する実践教育などを行っていたが、一躍、愛国社の名を広めたのは、昭和5年(1930年)ロンドン海軍軍縮条約をめぐる統帥権干犯問題で、愛国社社員の佐郷屋留雄が東京駅において浜口雄幸首相を狙撃し重傷を負わせた(このときの傷がもとで、浜口は死去)ことによる。後に大日本生産党に参加した。愛国社 フレッシュアイペディアより)

  • 内閣メールマガジン

    内閣メールマガジンから見た内閣内閣

    内閣メールマガジン(ないかくメールマガジン)は、2001年より2010年まで内閣官房内閣広報室から発行されていたメールマガジンである。内閣メールマガジン フレッシュアイペディアより)

  • 衆議院解散要求決議案

    衆議院解散要求決議案から見た内閣内閣

    衆議院解散要求決議案(しゅうぎいんかいさんようきゅうけつぎあん)とは、内閣に対して衆議院の解散をすることを要求する決議案のこと。内閣不信任決議案のように法的な手続が規定されたものではなく、任意の決議案の一種である。衆議院解散要求決議案 フレッシュアイペディアより)

  • 三条委員会

    三条委員会から見た内閣内閣

    公正中立性や専門性が必要な問題を扱うとして、内閣からある程度独立した地位が与えられている。三条委員会 フレッシュアイペディアより)

767件中 71 - 80件表示

「内閣」のニューストピックワード