789件中 51 - 60件表示
  • 田山真輔

    田山真輔から見た冬季オリンピック冬季オリンピック

    カートを主にやっておりレーサーを目指していたが、経済的理由で断念。その後大学時代にテレビでボブスレーを知りそのスピードとオリンピックに憧れて競技生活を始め、その後スケルトンへと転向することになる。田山真輔 フレッシュアイペディアより)

  • ヤロスラフ・ピトナー

    ヤロスラフ・ピトナーから見た冬季オリンピック冬季オリンピック

    彼はチェコスロバキア代表チームを率いて、1972年のアイスホッケー世界選手権にて優勝。冬季オリンピックのアイスホッケー競技においてもグルノーブルオリンピックで銀メダル、札幌オリンピックでも銅メダルを獲得した。ヤロスラフ・ピトナー フレッシュアイペディアより)

  • アンネリーズ・コバーガー

    アンネリーズ・コバーガーから見た冬季オリンピック冬季オリンピック

    アンネリーズ・コバーガー(Annelise Coberger、1971年9月16日-)は、ニュージーランドのアルペンスキー選手である。彼女はクライストチャーチで生まれ、1992年アルベールビルオリンピックにおけるアルペンスキー競技の女子回転で銀メダルを獲得し、南半球出身者として初めて冬季オリンピックのメダリストとなった。1994年のリレハンメルオリンピックにも出場したが、女子回転で途中棄権した。アンネリーズ・コバーガー フレッシュアイペディアより)

  • ニコラ・デッスム

    ニコラ・デッスムから見た冬季オリンピック冬季オリンピック

    ニコラ・デッスム(Nicolas Dessum、1977年2月20日 - )はフランス、ローヌ県リヨン出身の元スキージャンプ選手。1990年代中盤から2000年代中盤にかけて活躍、冬季オリンピックに3度出場した。ニコラ・デッスム フレッシュアイペディアより)

  • プラワット・ナグヴァジャラ

    プラワット・ナグヴァジャラから見た冬季オリンピック冬季オリンピック

    プラワット・ナグヴァジャラ(Prawat Nagvajara、、1958年12月1日-)は、タイ王国の学者でクロスカントリースキーの選手である。彼はタイ王国史上唯一の冬季オリンピック代表として、2002年ソルトレイクシティオリンピック及び2006年トリノオリンピックに出場した。もちろん、彼は両オリンピックでタイ王国の旗手を務めた。プラワット・ナグヴァジャラ フレッシュアイペディアより)

  • シルヴァン・フライホルツ

    シルヴァン・フライホルツから見た冬季オリンピック冬季オリンピック

    冬季オリンピックには4度出場し、1992年のアルベールビルオリンピックではラージヒル14位、ノーマルヒル24位、1994年のリレハンメルオリンピックではノーマルヒル25位、ラージヒル36位、1998年の長野オリンピックでは団体6位、ノーマルヒル29位、ラージヒル41位、ソルトレイクシティオリンピックでは団体7位、ノーマルヒル25位、ラージヒル27位となっている。シルヴァン・フライホルツ フレッシュアイペディアより)

  • オリンピック記録

    オリンピック記録から見た冬季オリンピック冬季オリンピック

    オリンピック記録(オリンピックきろく、Olympic record)とは、夏季オリンピックもしくは冬季オリンピックにおいて記録された、特定の競技で最もよい記録である。どちらの大会も4年に1度しか開催されないため、更新するチャンスも4年に1度しか巡ってこない。もちろん世界記録より劣るものも多いが、オリンピック記録の更新はアスリートにとって名誉なことと考えられている。オリンピック記録 フレッシュアイペディアより)

  • エバンストン (ワイオミング州)

    エバンストン (ワイオミング州)から見た冬季オリンピック冬季オリンピック

    冬季オリンピックが開催されたユタ州ソルトレイクシティまでは車で約2時間、アメリカ合衆国で最初に指定された国立公園であるイエローストーン国立公園まで約3時間の場所に位置する。車で1時間弱の距離にはウインタ山があり、手付かずの自然の中で、フライフィッシングやオートキャンプが楽しめる。グランドティトン国立公園には約2時間の距離。秋にはロデオ祭りが盛んに行われる。エバンストン (ワイオミング州) フレッシュアイペディアより)

  • トラビス=アントン・キャブロウ

    トラビス=アントン・キャブロウから見た冬季オリンピック冬季オリンピック

    15歳のときにアメリカのナショナルチャンピオンになり、16歳でワールドカップデビューを果たす。初参戦となった1999-2000シーズンは4戦に出場して最高11位に終わる。2シーズン目の2000-2001シーズンは日本での2戦のみの出場ながら、猪苗代で3位になり、初の表彰台に登る。2001-2002シーズンも再び日本戦で表彰台に登った。2002-2003シーズンの初戦、19歳にしてワールドカップ初優勝を果たし、大躍進のシーズンとなる。同シーズンは初めてフル参戦したが、その後も優勝するなど好調を維持し、最後まで誰が総合優勝するか分からないという大接戦を制して史上初の10代でのモーグル総合王者に輝いた。また、同シーズン中に行なわれた世界選手権にも初参戦したが、6位に終わりメダル獲得はならなかった。2003-2004シーズンはデュアルでも初優勝を果たしたが、デュアルでの1勝のみで総合成績は4位に終わる。2004-2005シーズンは表彰台には上がるものの優勝はなく、総合成績は6位に終わった。同シーズンの最後に行なわれた世界選手権のデュアルにも参戦したが17位とあまり振るわずに終わった。2005-2006シーズンは成績振るわず最高4位止まりだった。同シーズンの2月に冬季オリンピックに初参加を果たす。予選では2位と健闘するが、決勝では9位に終わりメダル獲得はならなかった。オリンピックの後、アメリカのナショナルカップに参戦して、それを最後に引退。引退後は映画監督になった。トラビス=アントン・キャブロウ フレッシュアイペディアより)

  • オリンピックアンティグア・バーブーダ選手団

    オリンピックアンティグア・バーブーダ選手団から見た冬季オリンピック冬季オリンピック

    オリンピックアンティグア・バーブーダ選手団は、アンティグア・バーブーダのオリンピック選手団。1976年モントリオールオリンピックで初参加、その後もボイコットした1980年モスクワオリンピックを除き夏季オリンピックは全ての大会に参加を続けている。冬季オリンピックへの出場はない。これまでメダル獲得はない。オリンピックアンティグア・バーブーダ選手団 フレッシュアイペディアより)

789件中 51 - 60件表示

「冬季五輪スポーツ」のニューストピックワード