前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
80件中 1 - 10件表示
  • マルドゥック・スクランブル

    マルドゥック・スクランブルから見た冲方丁冲方丁

    『マルドゥック・スクランブル』は、ハヤカワ文庫JAから刊行されている冲方丁のSF小説。イラストは寺田克也。第24回日本SF大賞受賞作品。マルドゥック・スクランブル フレッシュアイペディアより)

  • 小説 野性時代

    小説 野性時代から見た冲方丁冲方丁

    近年は桜庭一樹や有川浩、乙一、米澤穂信、冲方丁らライトノベル作家の起用が多く、桜庭一樹『少女七竈と七人の可愛そうな大人』や冲方丁『天地明察』など一般文芸での活躍の足がかりとなった作品を発表している。関連する新人文学賞に、カドカワエンタテインメントNext賞(2002年 - 2003年)、野性時代青春文学大賞(2005年 - 2008年)、野性時代フロンティア文学賞(2009年 - )がある。小説 野性時代 フレッシュアイペディアより)

  • ライトノベル

    ライトノベルから見た冲方丁冲方丁

    近年では作品と読者年齢層の多様化が見られる。また高殿円、森田季節、紅玉いづきなどライトノベルとそれ以外の小説の両方を出版する作家、乙一、冲方丁、桜庭一樹などライトノベル作家として文壇に登場し後に他ジャンルにも展開して直木賞など主に中堅作家を対象とした権威ある文学賞を受賞した作家の出現によって、それまでの概念から大きく広がりを見せている。ライトノベル フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤真美

    伊藤真美から見た冲方丁冲方丁

    『ピルグリム・イェーガー』では、歴史資料を下敷きにしたもののほか、原作の冲方丁とのすり合せによる創作と思われるデザインも多い。原画においては、全体的に黒い部分が多い印象を受けるが、広範囲のベタはそれほど多くなくスクリーントーンでまかなっている部分が大きい。伊藤真美 フレッシュアイペディアより)

  • 遠田志帆

    遠田志帆から見た冲方丁冲方丁

    2012年12月より、冲方丁の小説「はなとゆめ」の新聞連載の挿絵を担当する。遠田志帆 フレッシュアイペディアより)

  • ヒロイック・エイジ

    ヒロイック・エイジから見た冲方丁冲方丁

    ストーリー原案・シリーズ構成にも再び冲方丁が参加しており、脚本も手がけている。ヒロイック・エイジ フレッシュアイペディアより)

  • 次世代型作家のリアル・フィクション

    次世代型作家のリアル・フィクションから見た冲方丁冲方丁

    2003年5月、帯に「次世代型作家のリアル・フィクション」と記された冲方丁『マルドゥック・スクランブル The First Compression 圧縮』と荻野目悠樹『デス・タイガー・ライジング 1 別離の惑星』(ともにハヤカワ文庫JA書き下ろし)が発売し、同月発売の『S-Fマガジン』2003年7月号で「ぼくたちのリアル・フィクション」特集が組まれた。この刊行時期は、若手推理作家が集まった若者向け文芸誌『ファウスト』(講談社)の刊行時期を強く意識し、それよりも早くと心掛けた結果だったと後に塩澤が語っている(『ファウスト』はこの年の9月に刊行された)。その後翌年までに、『マルドゥック・スクランブル』全3巻、『デス・タイガー・ライジング』全4巻、小川一水『第六大陸』全2巻、同じく小川一水『復活の地』全3巻が発売される。高評価を受けた作品は多かったが、この時期には「リアル・フィクション」という言葉自体はあまり注目されていなかった。次世代型作家のリアル・フィクション フレッシュアイペディアより)

  • さめだ小判

    さめだ小判から見た冲方丁冲方丁

    スプライトシュピーゲル(原作:冲方丁、2010年4月、少年画報社)さめだ小判 フレッシュアイペディアより)

  • 尖端出版

    尖端出版から見た冲方丁冲方丁

    最初こそ日本のいわゆるファウスト系作家の作品の翻訳出版が多かったが、当初から冲方丁など『ファウスト』とは関連のない作家の作品も刊行されており、後にはさまざまな日本のライトノベル作品を刊行するようになった。創刊当初の2ヶ月で刊行されたのは、冲方丁、清涼院流水、西尾維新、佐藤友哉、森岡浩之の作品である。尖端出版 フレッシュアイペディアより)

  • 日本SF大賞

    日本SF大賞から見た冲方丁冲方丁

    第24回(2003年) - 冲方丁 『マルドゥック・スクランブル』日本SF大賞 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
80件中 1 - 10件表示

「冲方丁」のニューストピックワード