80件中 11 - 20件表示
  • 攻殻機動隊

    攻殻機動隊から見た冲方丁冲方丁

    この作品を原作とする劇場用アニメ映画が1995年に公開され、またテレビアニメ作品が2002年に公開された。士郎正宗の原作版・押井守の映画版・神山健治の『S.A.C.』・黄瀬和哉と冲方丁の『ARISE』では、時代設定や主人公草薙素子のキャラクター設定、ストーリーを始め多くの相違点があり、それぞれが原作を核とした別作品といえる。その他、小説、ゲームなどの派生作品が展開されている。攻殻機動隊 フレッシュアイペディアより)

  • サイエンス・フィクション

    サイエンス・フィクションから見た冲方丁冲方丁

    2000年代前半には、新作の発表が途絶えていた飛浩隆が『グラン・ヴァカンス』を書き始め、『猫の地球儀』や『イリヤの空、UFOの夏』(共に電撃文庫)の秋山瑞人、『マルドゥック・スクランブル』で日本SF大賞最年少受賞を果たした冲方丁、『第六大陸』と『老ヴォールの惑星』で星雲賞を受賞した小川一水らとともに活躍した。早川書房による2つのレーベル「ハヤカワSFシリーズ Jコレクション」(2002年-)と「次世代型作家のリアル・フィクション」(2003年-2007年)が、彼らに活躍の場を提供した。サイエンス・フィクション フレッシュアイペディアより)

  • ザ・プロファイラー 〜夢と野望の人生〜

    ザ・プロファイラー 〜夢と野望の人生〜から見た冲方丁冲方丁

    ゲスト:川島慶子(名古屋工業大学准教授)、冲方丁、太田光代、ナレーション:大海吾郎ザ・プロファイラー 〜夢と野望の人生〜 フレッシュアイペディアより)

  • 二階堂ヒカル

    二階堂ヒカルから見た冲方丁冲方丁

    2009年、『月刊少年シリウス』(講談社)にて「オイレンシュピーゲル」(原作:冲方丁)を連載。二階堂ヒカル フレッシュアイペディアより)

  • 大今良時

    大今良時から見た冲方丁冲方丁

    2008年、第80回週刊少年マガジン新人漫画賞に投稿した「聲の形」で入選。同作は当初、増刊『マガジンSPECIAL』2008年12月号に掲載される予定であったが編集部内の異論を理由に延期となり(詳細は作品項目を参照)、2009年より『別冊少年マガジン』で冲方丁の同名小説を原作とする「マルドゥック・スクランブル」の連載によりデビューした。大今良時 フレッシュアイペディアより)

  • 吉上亮

    吉上亮から見た冲方丁冲方丁

    日本人作家として、冲方丁、川上稔、深見真、伊藤計劃、神林長平、飛浩隆、村上春樹の名を上げ(特に最初の三人)、海外作家として、アーサー・C・クラーク、J・G・バラード、フィリップ・K・ディック、コリイ・ドクトロウ、ジョン・ミルトン、ジェイムズ・エルロイ(特に《LA四部作》の『ホワイト・ジャズ』)を上げている。吉上亮 フレッシュアイペディアより)

  • BLAME!

    BLAME!から見た沖方丁冲方丁

    2017年公開の劇場アニメ版「BLAME!」に伴い発売された、沖方丁による『BLAME!』の長編小説。監修・イラストは弐瓶勉が務める。内容としては原作漫画の2巻までをノベライズしたものとなっているが、ところどころにオリジナルエピソードが挟まれ、原作を補完したものともなっている。BLAME! フレッシュアイペディアより)

  • PSYCHO-PASS

    PSYCHO-PASSから見た冲方丁冲方丁

    第2期は1クール全11話。シリーズ構成に新たに作家の冲方丁が加わり、熊谷純が脚本を担当。虚淵はシリーズ監修を務める。PSYCHO-PASS フレッシュアイペディアより)

  • ヤングキングアワーズ

    ヤングキングアワーズから見た冲方丁冲方丁

    ガーゴイル(原作:冲方丁、漫画:近藤るるる)2013年11月号 - 2015年10月号、※第1部完ヤングキングアワーズ フレッシュアイペディアより)

  • ミラクルコミック大賞

    ミラクルコミック大賞から見た冲方丁冲方丁

    第一回(2011年)の審査員は太田垣康男・松本次郎・ふなつ一輝・岡本倫・水無月すう・鈴木央、谷口悟朗・冲方丁等が居り、第二回(2012年)第一期審査員は井上和郎・水島精二、第二期審査員は太田垣康男・谷口悟朗である。ミラクルコミック大賞 フレッシュアイペディアより)

80件中 11 - 20件表示

「冲方丁」のニューストピックワード