62件中 31 - 40件表示
  • 年刊日本SF傑作選

    年刊日本SF傑作選から見た冲方丁冲方丁

    冲方丁「メトセラとプラスチックと太陽の臓器」年刊日本SF傑作選 フレッシュアイペディアより)

  • カルドセプト

    カルドセプトから見た冲方丁冲方丁

    著者は冲方丁。ゲームを直接小説化したものではなく、同一の神話大系に基づく異世界という設定である。ダ・ヴィンチ版はJ版のリメイクとなっており、大筋や主な登場人物は同じだが文章構成など一部が変更されている。カルドセプト フレッシュアイペディアより)

  • カオス レギオン

    カオス レギオンから見た冲方丁冲方丁

    『カオス レギオン』 (Chaos Legion) は、カプコンより発売されたプレイステーション2用及びPC用ゲームソフトと富士見ファンタジア文庫から刊行されている冲方丁のライトノベルによるメディアミックス作品である。カオス レギオン フレッシュアイペディアより)

  • マルドゥック・ヴェロシティ

    マルドゥック・ヴェロシティから見た冲方丁冲方丁

    『マルドゥック・ヴェロシティ』は、ハヤカワ文庫JAから刊行されている冲方丁のSF小説。イラストは寺田克也。マルドゥック・ヴェロシティ フレッシュアイペディアより)

  • 算額

    算額から見た冲方丁冲方丁

    冲方丁『天地明察』 角川書店、2009年12月、ISBN 404874013算額 フレッシュアイペディアより)

  • 世界アマチュア囲碁選手権戦

    世界アマチュア囲碁選手権戦から見た沖方丁冲方丁

    2008年の第29回には68ヶ国・地域の選手が参加。2009年の第30回は静岡県エコパアリーナで、静岡県、袋井市、静岡新聞社、静岡放送の後援などで開催、「囲碁による教育・福祉・生きがいまちづくりシンポジウム」も同時に開催された。2011年には『天地明察』作者沖方丁による文化講演会が行われ、また独特な布石を打ったポーランド代表のK.チュエドナ選手に武宮正樹審判長から武宮特別賞が贈られた。世界アマチュア囲碁選手権戦 フレッシュアイペディアより)

  • MF文庫Jライトノベル新人賞

    MF文庫Jライトノベル新人賞から見た冲方丁冲方丁

    冲方丁・桑島由一・榊一郎・清水マリコ・MF文庫J編集部MF文庫Jライトノベル新人賞 フレッシュアイペディアより)

  • EAT LEAD マット・ハザードの逆襲

    EAT LEAD マット・ハザードの逆襲から見た冲方丁冲方丁

    本作の日本語版の翻訳は冲方丁が担当、音声演出は西村智博が担当しており、公式サイトの触れ込み通り単なるローカライズにしていないところも特徴である。翻訳時、パロディ元となったソフトの知名度の違いから、名前を変更したものもいくつか存在する。なお、本作を紹介する日本語版PVはD3パブリッシャーから発売されたゲームをパロディに取り入れている。EAT LEAD マット・ハザードの逆襲 フレッシュアイペディアより)

  • バンダースナッチ

    バンダースナッチから見た冲方丁冲方丁

    冲方丁の小説『マルドゥック・スクランブル』に登場する民間軍事会社にバンダースナッチの名が与えられている。バンダースナッチ フレッシュアイペディアより)

  • シュピーゲル・シリーズ

    シュピーゲル・シリーズから見た冲方丁冲方丁

    『シュピーゲル・シリーズ』は、冲方丁による日本のライトノベルである。『オイレンシュピーゲル』と『スプライトシュピーゲル』と『テスタメントシュピーゲル』の3つの作品にまたがって展開されている。『オイレンシュピーゲル』、『テスタメントシュピーゲル』は角川スニーカー文庫(角川書店)より刊行され、イラストはオイレンシュピーゲルが白亜右月(原案:島田フミカネ)、テスタメントシュピーゲルが島田フミカネ。『スプライトシュピーゲル』は富士見ファンタジア文庫(富士見書房)より刊行され、イラストははいむらきよたかが手がける。シュピーゲル・シリーズ フレッシュアイペディアより)

62件中 31 - 40件表示

「冲方丁」のニューストピックワード