62件中 41 - 50件表示
  • 二階堂ヒカル

    二階堂ヒカルから見た冲方丁冲方丁

    『月刊コミックドラゴン』(富士見書房)にて第1回ドラゴン新人大賞に入賞したのち、2001年に『月刊ドラゴンジュニア』(同社)にて「無敵王トライゼノン ファイアー」でデビュー。『月刊マガジンZ』にて「Atomicネコカブッ」を連載し、さらに読み切りを一作掲載した。2009年より『月刊少年シリウス』(講談社)にて「オイレンシュピーゲル」(原作:冲方丁)を連載。二階堂ヒカル フレッシュアイペディアより)

  • ビズメディア

    ビズメディアから見た冲方丁冲方丁

    マルドゥック・スクランブル (冲方丁) (Mardock Scramble (Tow Ubukata))ビズメディア フレッシュアイペディアより)

  • シュヴァリエ 〜Le Chevalier D'Eon〜

    シュヴァリエ 〜Le Chevalier D'Eon〜から見た冲方丁冲方丁

    『シュヴァリエ 〜Le Chevalier D'Éon〜』(シュヴァリエ ル・シュヴァリエ・デオン)は、冲方丁の原作を元にした、アニメ・漫画・小説で展開されている作品群である。シュヴァリエ 〜Le Chevalier D'Eon〜 フレッシュアイペディアより)

  • コミックブレイドZEBEL

    コミックブレイドZEBELから見た冲方丁冲方丁

    冲方丁×梅川和実 特別コラム「少女マンガについて何か話そうぜ!」 - 1コミックブレイドZEBEL フレッシュアイペディアより)

  • 東方Project

    東方Projectから見た冲方丁冲方丁

    ZUNは、第三者が二次創作しやすいように意図して作品設計をしているわけではないとし、自分自身の創作活動もある意味では神社や神を原作とした二次創作のようなものであり、オリジナルと二次創作という区別をあまり意識していないかもしれないとしている。後にZUNは冲方丁の発言を引用して「僕はこの方と同じ意味で常々東方は二次創作だと言って来たけど、言葉足らずだったかもなぁ」と述べた。東方Project フレッシュアイペディアより)

  • ヤングキングアワーズ

    ヤングキングアワーズから見た冲方丁冲方丁

    ピルグリム・イェーガー(原作:冲方丁、漫画:伊藤真美)2001年10月号 - 2006年11月号 ※第1部完ヤングキングアワーズ フレッシュアイペディアより)

  • 月刊アフタヌーン

    月刊アフタヌーンから見た冲方丁冲方丁

    天地明察(槇えびし/冲方丁)6月号-月刊アフタヌーン フレッシュアイペディアより)

  • 西尾維新

    西尾維新から見た冲方丁冲方丁

    西尾の著作は一般文芸である講談社ノベルスから発行されているが、ライトノベルとして分類されることがある。乙一は冲方丁との対談で、西尾について「広義のライトノベルに入ると思う」と述べている。『日経キャラクターズ! no.5』では「一般文芸とライトノベルの壁を越える新世代の作家」として西尾を紹介している。。『西尾維新クロニクル』では「戯言シリーズ」について「ライトノベルと評価されることも多い」としている。西尾維新 フレッシュアイペディアより)

  • 山野辺一記

    山野辺一記から見た冲方丁冲方丁

    羽原信義がプロデューサーを務める『怪傑蒸気探偵団』、『機動戦艦ナデシコ The blank of 3 years』のゲームシナリオを執筆するなど、アニメ制作会社ジーベックの仕事を手がけ、2004年には羽原信義監督のジーベック作品『蒼穹のファフナー』のシリーズ構成を任された。しかし、スタッフからの不評を受け、物語後半でシリーズ構成は原作者である冲方丁と交替、山野辺本人はベースプランニング協力になった。山野辺一記 フレッシュアイペディアより)

  • 塩澤快浩

    塩澤快浩から見た冲方丁冲方丁

    冲方丁の『マルドゥック・スクランブル』を三冊連続出版。塩澤快浩 フレッシュアイペディアより)

62件中 41 - 50件表示

「冲方丁」のニューストピックワード