前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
86件中 1 - 10件表示
  • 冲方丁

    冲方丁から見た角川書店

    また、角川書店と富士見書房から刊行されているシュピーゲル・シリーズではライトノベルでありながら身体障害や人種差別、宗教紛争といった重いテーマが取り上げられている。冲方丁 フレッシュアイペディアより)

  • 冲方丁

    冲方丁から見た栗本薫

    小説で影響を受けた作家は、夢枕獏と栗本薫。そのあまりに強い影響=呪縛から逃れるために、デビュー作執筆の際には、夢枕の『上弦の月を喰べる獅子』を鋸で裁断し、栗本の『魔界水滸伝』は学校の焼却炉に放り込んだ、と語っている。冲方丁 フレッシュアイペディアより)

  • 冲方丁

    冲方丁から見た日本テレビ放送網

    金曜スーパープライム(2010年10月1日、日本テレビ冲方丁 フレッシュアイペディアより)

  • 冲方丁

    冲方丁から見た集英社

    『もらい泣き』集英社、2012 のち集英社文庫冲方丁 フレッシュアイペディアより)

  • 冲方丁

    冲方丁から見た伊藤真美

    『微睡みのセフィロト』(イラスト:伊藤真美、徳間デュアル文庫、2002年/ のちハヤカワ文庫 2010年 イラスト:獅子猿)冲方丁 フレッシュアイペディアより)

  • 冲方丁

    冲方丁から見たメディアファクトリー

    『カルドセプト創伝 ストーム・ブリング・ワールド』(イラスト:さめだ小判、メディアファクトリー〈MF文庫J〉2003)冲方丁 フレッシュアイペディアより)

  • 冲方丁

    冲方丁から見たさめだ小判

    『カルドセプト創伝 ストーム・ブリング・ワールド』(イラスト:さめだ小判、メディアファクトリー〈MF文庫J〉2003)冲方丁 フレッシュアイペディアより)

  • 冲方丁

    冲方丁から見た黒丸尚

    SF界隈での評価を高めた『マルドゥック・スクランブル』は黒丸尚による翻訳作品を意識した文体が用いられており、とりわけ終盤のギャンブルシーンの描写は絶賛されている。一方、前日譚である『マルドゥック・ヴェロシティ』では、記号の「/」や「=」を用いた「クランチ文体」が使用されており、異常な人格・おどろおどろしい風体を持ったサイボーグによる能力バトルが繰り広げられるというジェイムズ・エルロイや山田風太郎を意識したものとなっている。冲方丁 フレッシュアイペディアより)

  • 冲方丁

    冲方丁から見た山田秋太郎

    『激闘!! PSY玉県!!』(作画:山田秋太郎。『ウルトラジャンプ』2006年5月号 - 7月号掲載)冲方丁 フレッシュアイペディアより)

  • 冲方丁

    冲方丁から見た山野辺一記

    『蒼穹のファフナー』 文芸統括(1話 - )、シリーズ構成(16話 - )、脚本(12 - 15話(山野辺一記と連名)、16話 - )冲方丁 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
86件中 1 - 10件表示

「冲方丁」のニューストピックワード