86件中 21 - 30件表示
  • 冲方丁

    冲方丁から見たライトノベル

    また、角川書店と富士見書房から刊行されているシュピーゲル・シリーズではライトノベルでありながら身体障害や人種差別、宗教紛争といった重いテーマが取り上げられている。冲方丁 フレッシュアイペディアより)

  • 冲方丁

    冲方丁から見た早稲田大学

    1977年、岐阜県各務原市生まれ。4歳から9歳までシンガポール、10歳から14歳までネパールで過ごす。その後、埼玉県立川越高等学校に入学。1996年、早稲田大学在学中に『黒い季節』で角川スニーカー大賞金賞を受賞し小説家デビュー。早稲田大学第一文学部中退。小説のみならずメディアを限定せず幅広く活動を展開する。日本SF作家クラブ会員。『マルドゥック・スクランブル』で日本SF大賞、『天地明察』で吉川英治文学新人賞、本屋大賞、舟橋聖一文学賞、北東文芸賞を受賞し、第143回直木賞にノミネートされた。『光圀伝』で第3回山田風太郎賞受賞。冲方丁 フレッシュアイペディアより)

  • 冲方丁

    冲方丁から見た本屋大賞

    1977年、岐阜県各務原市生まれ。4歳から9歳までシンガポール、10歳から14歳までネパールで過ごす。その後、埼玉県立川越高等学校に入学。1996年、早稲田大学在学中に『黒い季節』で角川スニーカー大賞金賞を受賞し小説家デビュー。早稲田大学第一文学部中退。小説のみならずメディアを限定せず幅広く活動を展開する。日本SF作家クラブ会員。『マルドゥック・スクランブル』で日本SF大賞、『天地明察』で吉川英治文学新人賞、本屋大賞、舟橋聖一文学賞、北東文芸賞を受賞し、第143回直木賞にノミネートされた。『光圀伝』で第3回山田風太郎賞受賞。冲方丁 フレッシュアイペディアより)

  • 冲方丁

    冲方丁から見た東日本大震災

    家族は妻と息子と娘の4人家族。自宅は福島県福島市にあるが、2011年3月11日に発生した東日本大震災により母と妹夫婦の住む北海道池田町に避難した。しかし現在は福島に戻っている冲方丁 フレッシュアイペディアより)

  • 冲方丁

    冲方丁から見た脚本家

    冲方 丁(うぶかた とう、1977年2月14日 - )は、日本の小説家、脚本家。日本SF作家クラブ会員。冲方丁 フレッシュアイペディアより)

  • 冲方丁

    冲方丁から見たドメスティックバイオレンス

    2015年8月24日、別居中の妻への傷害容疑で逮捕される(のちに不起訴処分)。この事件の影響により、『光圀伝』の大河ドラマ化を予定していた水戸市は要望を見送った。冲方は留置場内での生活を「閉じ込められた9日間」として「週刊プレイボーイ」誌上で発表した。冲方自身は、訴える側の視点から見て何をドメスティックバイオレンスと解釈するかは難しいとしつつも、自分が暴力を振るった事実はなく、この逮捕は「警察の勇み足」であったと主張している。冲方丁 フレッシュアイペディアより)

  • 冲方丁

    冲方丁から見た人種差別

    また、角川書店と富士見書房から刊行されているシュピーゲル・シリーズではライトノベルでありながら身体障害や人種差別、宗教紛争といった重いテーマが取り上げられている。冲方丁 フレッシュアイペディアより)

  • 冲方丁

    冲方丁から見た2009年

    『天地明察』角川書店、2009年 のち文庫冲方丁 フレッシュアイペディアより)

  • 冲方丁

    冲方丁から見た宝島社

    『冲方式ストーリー創作塾』宝島社、2005年 「冲方丁のライトノベルの書き方講座」宝島社文庫、このライトノベルがすごい!文庫冲方丁 フレッシュアイペディアより)

  • 冲方丁

    冲方丁から見た富士見書房

    また、角川書店と富士見書房から刊行されているシュピーゲル・シリーズではライトノベルでありながら身体障害や人種差別、宗教紛争といった重いテーマが取り上げられている。冲方丁 フレッシュアイペディアより)

86件中 21 - 30件表示

「冲方丁」のニューストピックワード