67件中 21 - 30件表示
  • 冲方丁

    冲方丁から見た早稲田大学

    1977年、岐阜県各務原市生まれ。4歳から9歳までシンガポール、10歳から14歳までネパールで過ごす。その後、埼玉県立川越高等学校に入学。早稲田大学第一文学部中退。小説のみならずメディアを限定せず幅広く活動を展開する。日本SF作家クラブ会員。『マルドゥック・スクランブル』で日本SF大賞、『天地明察』で吉川英治文学新人賞、本屋大賞、北東文芸賞を受賞し、第143回直木賞にノミネートされた。『光圀伝』で第3回山田風太郎賞受賞。冲方丁 フレッシュアイペディアより)

  • 冲方丁

    冲方丁から見た本屋大賞

    1977年、岐阜県各務原市生まれ。4歳から9歳までシンガポール、10歳から14歳までネパールで過ごす。その後、埼玉県立川越高等学校に入学。早稲田大学第一文学部中退。小説のみならずメディアを限定せず幅広く活動を展開する。日本SF作家クラブ会員。『マルドゥック・スクランブル』で日本SF大賞、『天地明察』で吉川英治文学新人賞、本屋大賞、北東文芸賞を受賞し、第143回直木賞にノミネートされた。『光圀伝』で第3回山田風太郎賞受賞。冲方丁 フレッシュアイペディアより)

  • 冲方丁

    冲方丁から見た東日本大震災

    家族は妻と息子。自宅は福島県福島市にあるが、2011年3月11日に発生した東日本大震災により母と妹夫婦の住む北海道池田町に避難し、そのまま十勝地方に移住する意向である。冲方丁 フレッシュアイペディアより)

  • 冲方丁

    冲方丁から見た人種差別

    また、角川書店と富士見書房から刊行されているシュピーゲル・シリーズではライトノベルでありながら身体障害や人種差別、宗教紛争といった重いテーマが取り上げられている。冲方丁 フレッシュアイペディアより)

  • 冲方丁

    冲方丁から見た2009年

    『天地明察』角川書店、2009年 のち文庫 冲方丁 フレッシュアイペディアより)

  • 冲方丁

    冲方丁から見た宝島社

    『冲方式ストーリー創作塾』宝島社、2005年 「冲方丁のライトノベルの書き方講座」文庫冲方丁 フレッシュアイペディアより)

  • 冲方丁

    冲方丁から見た富士見書房

    また、角川書店と富士見書房から刊行されているシュピーゲル・シリーズではライトノベルでありながら身体障害や人種差別、宗教紛争といった重いテーマが取り上げられている。冲方丁 フレッシュアイペディアより)

  • 冲方丁

    冲方丁から見たマルドゥック・ヴェロシティ

    SF界隈での評価を高めた『マルドゥック・スクランブル』は黒丸尚による翻訳作品を意識した文体が用いられており、とりわけ終盤のギャンブルシーンの描写は絶賛されている。一方、前日譚である『マルドゥック・ヴェロシティ』では/や=を用いた「クランチ文体」が使用されており、異常な人格・おどろおどろしい風体を持ったサイボーグによる能力バトルが繰り広げられるというジェイムズ・エルロイや山田風太郎を意識したものとなっている。冲方丁 フレッシュアイペディアより)

  • 冲方丁

    冲方丁から見たマルドゥック・スクランブル

    1977年、岐阜県各務原市生まれ。4歳から9歳までシンガポール、10歳から14歳までネパールで過ごす。その後、埼玉県立川越高等学校に入学。早稲田大学第一文学部中退。小説のみならずメディアを限定せず幅広く活動を展開する。日本SF作家クラブ会員。『マルドゥック・スクランブル』で日本SF大賞、『天地明察』で吉川英治文学新人賞、本屋大賞、北東文芸賞を受賞し、第143回直木賞にノミネートされた。『光圀伝』で第3回山田風太郎賞受賞。冲方丁 フレッシュアイペディアより)

  • 冲方丁

    冲方丁から見たばいばい、アース

    ばいばい、アース』では造語をふんだんに用いた独特の言語センスと世界設定で注目を集める。冲方丁 フレッシュアイペディアより)

67件中 21 - 30件表示

「冲方丁」のニューストピックワード