576件中 11 - 20件表示
  • 発酵食品

    発酵食品から見た冷蔵庫冷蔵庫

    発酵食品(はっこうしょくひん)とは、食材を微生物等の作用で発酵させることにより加工した食品である。冷蔵庫などの存在する以前から、保存食として、または風味を改良したり食品の硬さを柔らかくするといった目的でも行われる。納豆、醤油、味噌、漬物、鰹節のように日本の伝統的な食品に見られる。このことは日本だけでなく、パンやヨーグルト、紅茶、キムチなど世界でも伝統的に利用されてきた。また穀物や果物を発酵させて製造される酒は、アルコールが殺菌作用を持つが、同時に精神作用を持つ飲料である。発酵食品 フレッシュアイペディアより)

  • 家庭の電化

    家庭の電化から見た冷蔵庫冷蔵庫

    一般家庭に本格的に電気製品が普及し始めるのは、高度経済成長期に入ってからである。この頃から、急速に電気製品が普及し始めた。その後も、日本の電機メーカーの高い技術力により、世界でも他に例を見ないほど機能が急速に充実していき、それらも家庭に普及した。現在、日本の電機メーカーの国内向け家電製品は、世界のどの国のメーカーよりも多機能かつ高機能で、きめ細かい制御ができる製品が揃っている。その反面、開発や製造に多大なコストがかかっており、映像機器・音響機器といった機器を除けば、機能性よりもシンプルさが求められる海外にはそれほど輸出されていない。製品が大きく輸送コストがかかる、冷蔵庫、洗濯機、エアコンなどは特に輸出される事が少ない。家庭の電化 フレッシュアイペディアより)

  • コモディティ化

    コモディティ化から見た冷蔵庫冷蔵庫

    生活の必需品という意味では、白物家電(生活家電)が先進国では標準的に普及しているが、これらで例えるならば、掃除機であれば「軽量で細かいごみを強力に吸引して内部に蓄え捨て易くする機能」、冷蔵庫であれば「中の食品が腐らないよう十分に冷やす機能」など、日々の使用における使い勝手の良さは求められるが、あとは消費電力(省エネルギー)・容量・操作性・デザイン・付加機能などの細かい選択基準があるのみで、基本的な性能や機能は大手・中小の電機メーカー、プライベートブランドの各製品を比較しても大きな差異は無く、消費者はどのメーカーの製品を選んでもほぼ同等の基本的機能を有する製品を手にすることができる。また新製品と従来製品の差が基本的な機能の部分ではほとんど発生せず、壊れるか余程の陳腐化でもしない限り新製品に対する買い替えの必要性が乏しいといった面もある。コモディティ化 フレッシュアイペディアより)

  • パナソニックショップ

    パナソニックショップから見た冷蔵庫冷蔵庫

    これに先行する形で、三洋系列店には薄型テレビや冷蔵庫など、一部でパナソニック製品が供給され始めている。さらに一部地域・店舗は、これまでの「SANYO」から「Panasonic」への看板掛け替えを予定より半年前倒しで実施した。パナソニックショップ同様、「Panasonic」ロゴの下に「エコ活動宣言店&各店店名ロゴ」看板を二段掲示する店舗が大半だったが、2011年10月からは順次「スーパーパナソニックショップ」に新規認定された店舗の突き出し看板に「スーパーパナソニックショップ」表記が付加された。パナソニックショップ フレッシュアイペディアより)

  • 白元

    白元から見た冷蔵庫冷蔵庫

    パラジクロルベンゼン系衣服用防虫剤「パラゾール」を始め、冷蔵庫用脱臭剤「ノンスメル」、使い捨てカイロ「ホッカイロ」、ピレスロイド系衣服用防虫剤「ミセスロイド」、保冷枕「アイスノン」など息の長いヒット商品が多く、業界屈指のロングセラーメーカーとして知られていた。また、2001年(平成13年)より、大正製薬からの商標貸与によって殺虫剤事業に参入している他、キング化学や大三を傘下に収めたことで、「快適ガードプロ」や「バスキング」をはじめとする衛生用品・入浴剤事業にも参入した。白元 フレッシュアイペディアより)

  • 秋葉原

    秋葉原から見た冷蔵庫冷蔵庫

    1960年代:高度成長と連動する形で、テレビや洗濯機、冷蔵庫など家電製品の販売店が多くなり、大阪日本橋のでんでんタウンと並んで日本有数の電気街の地位を築く。秋葉原 フレッシュアイペディアより)

  • 可変電圧可変周波数制御

    可変電圧可変周波数制御から見た冷蔵庫冷蔵庫

    この技術は鉄道車両(電車、電気機関車)、自動車(電気自動車、ハイブリッドカー)、エレベーターといった輸送用機器やファン、ポンプ、空調設備、圧延機などさまざまな産業用機器、さらには家庭用電気機械器具(家庭用エアコン、冷蔵庫、洗濯機他)などで広く利用される。可変電圧可変周波数制御 フレッシュアイペディアより)

  • 省エネルギー

    省エネルギーから見た冷蔵庫冷蔵庫

    冷蔵庫に詰め込み過ぎない、暖かいものは冷ましてから入れる、保冷箱を活用して開閉回数・時間を減らす、設定温度を上げる、放熱のために設置スペースを広めにとる→電力削減省エネルギー フレッシュアイペディアより)

  • 氷

    から見た冷蔵庫冷蔵庫

    液体が固体になるとき、溶解している物質は結晶構造に加わらずに濃縮される。冷蔵庫などで氷を作ると、内部に白く気泡が残されるのはこのためで、気泡中には、溶けていた空気(二酸化炭素やその他不純物)が閉じ込められている。一方、透明な部分は不純物が少ない、純度が高い水になっている。透明な氷を作るためには、なるべく純粋な水をゆっくり凍らせる必要がある。一般に、一度煮沸して気体を追い出したり、大部分が凍結した段階で不純物が集まった水の部分を捨てるなどの方法が取られる(濃縮された方に用がある場合は、凍結濃縮法と呼ばれる)。 フレッシュアイペディアより)

  • 干物

    干物から見た冷蔵庫冷蔵庫

    旨味が増すのは、水分が減って味が濃密になるほか、魚の死後に増えるイノシン酸が寄与している。日本国内有数の干物産地である静岡県では、アジなどを塩汁(しょしる)という塩水に10分?数十分漬けてから干すことが多い。こうすると塩汁が魚肉の筋繊維に入り込んで隙間が殆ど無くなるとともに、蛋白質が変化して、干物を焼いた時にジューシーさやもっちり感が味わえる。元は保存食として広まり、天日による干物作りは、漁港がある地域でよく見られる風物詩的な光景となっている。冷蔵庫が普及した現代でも、生魚から作る刺身や焼き魚、煮魚とは違った、干物独特の味・食感を好む消費者は多い。このため干物は産地の土産売り場だけでなく、全国のスーパーなどで広く販売されたり、旅館・飲食店で料理として出されたりしている。干物 フレッシュアイペディアより)

576件中 11 - 20件表示

「冷蔵庫」のニューストピックワード