113件中 91 - 100件表示
  • 冷蔵庫

    冷蔵庫から見た液体

    冷媒の循環のために、液体を使用する。この液体が冷媒を吸収(吸着)して循環することにより冷媒を移動させている。この液体を吸収液とよび、このため吸収型と呼ばれる。熱することにより液体を循環させる。このために熱源が用いられるが、ジェネレーターにガスバーナーを用いたガス冷蔵庫、電気ヒーターを用いた電気冷蔵庫がある。この吸収型では、ガス/電気交流100V切替方式のような2ウェイ型や、ガス/電気交流100V/直流12V切替方式のような3ウェイ型なども一般的である。コンプレッサーを必要とする圧縮型に比べ、静穏性に優れており、また動力源が電気でなくても良いため医療(病院向けなど)、ホテル、レジャーに使用されることも多い。冷蔵庫 フレッシュアイペディアより)

  • 冷蔵庫

    冷蔵庫から見たレトロニム

    1803年 豪農トマス・ムーア(' 米国メリーランド)が「氷を利用して冷蔵する道具」を作成しこれを「'(冷蔵庫)」と名づけた。Frigerareとはラテン語でcoolという意味でre frigeratorは''''である。電気冷蔵庫が一般化して以降、それらが新たに「refrigerator」と呼ばれ、旧来のrefrigeratorには「icebox(アイスボックス)」の名が与えられた(=レトロニム)。冷蔵庫 フレッシュアイペディアより)

  • 冷蔵庫

    冷蔵庫から見たペルチェ素子

    冷媒を用いない。ペルチェ効果を利用し温度を下げる。(ペルチェ素子冷蔵庫 フレッシュアイペディアより)

  • 冷蔵庫

    冷蔵庫から見た観音開き

    2000年代に入ると断熱材の進歩で壁厚を薄くした、従来よりも小型・大容量なタイプが登場した。最近は400リットル以上の大型機でフレンチドアと呼ばれる観音開きタイプが主流になったが、一方で従来の片開きドアにも根強い人気があり、同等の容量・機能で片開き・両開きの両機種が併売される例も少なくない。近年は冷凍食品のストック需要から大型容量が比較的売れ筋傾向になっている。冷蔵庫 フレッシュアイペディアより)

  • 冷蔵庫

    冷蔵庫から見たバイメタル

    1918年 ケルビネーター社がバイメタル式サーモスタット付冷蔵庫を発表。初期の家庭用冷蔵庫は壁に埋め込む金庫のようなもので、騒音が大きかった。冷蔵庫 フレッシュアイペディアより)

  • 冷蔵庫

    冷蔵庫から見たゴミ

    20世紀に広く普及した冷蔵庫では、可燃性や安全性(漏出した際に直接的な有毒性が低いほうが扱いやすい)などの事情で冷媒や断熱材の発泡にフロンを利用するなどした製品が主流となっていったが、このフロンが環境中に漏出した際に、オゾン破壊係数が高いなど深刻な環境破壊に繋がるとして問題視され、それら環境負荷の高い物質の処分後の適正な取り扱いが求められるようになっていった。この流れの中で、日本では2001年より家電リサイクル法の対象となり、回収され資源としてリサイクルすることを目指したテレビ受像機、エア・コンディショナー、洗濯機と同様に、廃棄する際には適切な処理が義務付けられ、粗大ゴミとして処分できなくなった。冷蔵庫 フレッシュアイペディアより)

  • 冷蔵庫

    冷蔵庫から見たニンジン

    タマネギ、ニンジン、カボチャ、大根、ゴボウ:常温保存が可能、あえて入れる必要はない。特にタマネギやカボチャは出荷前に一旦常温で保管されている。冷蔵庫 フレッシュアイペディアより)

  • 冷蔵庫

    冷蔵庫から見た水素吸蔵合金

    水素吸蔵合金に水素を吸収、放出する時に発熱、吸熱する現象を利用する。冷蔵庫 フレッシュアイペディアより)

  • 冷蔵庫

    冷蔵庫から見た氷点下

    室温が冬季に氷点下となるような寒い地方では、冷やすためだけでなく、凍らせない目的でも使われることもある。これは熱交換器の原理上発熱があるため、目標温度より室温が低い場合は保温ができるためである。冷蔵庫 フレッシュアイペディアより)

  • 冷蔵庫

    冷蔵庫から見た高度成長時代

    1950年代後半(昭和30年代)からの高度成長時代に冷蔵庫は、白黒テレビ受像機や洗濯機と共に三種の神器の一つとして爆発的に普及。冷蔵庫 フレッシュアイペディアより)

113件中 91 - 100件表示

「冷蔵庫」のニューストピックワード