206件中 91 - 100件表示
  • 馬車

    馬車から見たパレードパレード

    移動手段としてはほとんど用いられず、ロバのパン屋などのような商業宣伝や観光地または、儀式や行事などで利用されることが多い。例えば、王皇族の結婚式では馬車によるパレードがよく見られる。また、日本においては各国から来日した特命全権大使等は、信任状捧呈式のための参内に際して、明治生命館前から宮殿南車寄までの大通りを、宮内庁が差遣わす儀装馬車か自動車どちらかに乗って移動する。ほとんどの大使は騎馬の皇宮護衛官や警視庁警察官によって警護されて馬車に乗って移動することを希望している。→信任状捧呈式の際の馬車列(宮内庁HP)馬車 フレッシュアイペディアより)

  • 東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ

    東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツから見たパレードパレード

    東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ(Tokyo Disneyland Electrical Parade Dreamlights)は、東京ディズニーランドにて2001年6月1日から開催されている夜のパレードである。東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ フレッシュアイペディアより)

  • エヒタナハの踊りの行進

    エヒタナハの踊りの行進から見た行進パレード

    踊り手たちは、3歩飛び、2歩下がりながら行進する。かつては5歩跳んで2歩下がっていた。この踊りの意味は、イエス・キリストの復活に太陽が喜び踊ったからであるとも、太陽の中の神の子羊が踊るからだともいわれる。また、3歩は三位一体を表す、あるいは、夏に3歩進んで冬に2歩後退する、また、異教に対するキリスト教の勝利と諸説紛々である。踊りは軽快である。男性の次には女性が続く。女性はヒールのついた靴をはいており、跳びあがらず、頭を振り、肩を上下させる。このあと一般参加の人々や巡礼者が踊りながら進む。2時間以上踊り、聖堂へ戻って、一巡してから石段を歌いつつ上る。祭壇、地下室(クレプタ)と回り、聖遺物のところまで来ると踊りは最高潮に達する。かつては病人も加わって踊り、死者が出たこともあるという。エヒタナハの踊りの行進 フレッシュアイペディアより)

  • バーバの市

    バーバの市から見たパレードパレード

    バーバの市(ウクライナ語:Бабин торжок、バーブィン・トルジョーク)は、ウクライナ首都キエフにあった歴史的地名。10世紀から13世紀にかけてルーシ時代のキエフにおける中央広場。古キエフ山にあった上町(古キエフ)、什一聖堂と大公の宮殿の隣に位置していた(現在の聖アンドリーイ教会と什一通りの間)。『ルーシ年代記』によれば、広場では989年にヴォロディーミル聖公がケルソネソスから持ってきた青銅のクアドリガと複数の銅像(ウクライナ語でバーバ)が置かれたため、「バーバの市」(像の市)と呼ばれるようになったという。広場は上町の市場として利用されたが、場合によって閲兵式の場として利用されたこともあった。1240年にモンゴル帝国がキエフを陥落させた後に荒地となった。1830年代に開拓工事にともなって、旧来の広場の地形が失われ、広場の跡の一部にヴォロディーミル通りが敷かれた。1934年の広場の隣、古キエフ山の天辺にウクライナ国立歴史博物館が建設された。バーバの市 フレッシュアイペディアより)

  • 東京ディズニーランドで終了したエンターテイメント

    東京ディズニーランドで終了したエンターテイメントから見たパレードパレード

    東京ディズニーランドで終了したエンターテイメント(とうきょうディズニーランドでしゅうりょうしたエンターテイメント)は、これまでに東京ディズニーランドで実施されてきたレギュラーショーや常演パレードの一覧である。 東京ディズニーランドで終了したエンターテイメント フレッシュアイペディアより)

  • 聖ウィリブロルド

    聖ウィリブロルドから見た行進パレード

    1906年の6月4日には、サンピエトロ大聖堂からの聖遺物の遷移式が行われた。この時に、踊りによる行進が始まり、正装の5人の司教や2人のスイス人衛兵をはじめ、15,000人を越える人々が踊りながら行進したといわれる。(Studien u. Mittheilungen, 1906, 551)聖ウィリブロルド フレッシュアイペディアより)

  • ローガン (ユタ州)

    ローガン (ユタ州)から見たパレードパレード

    例年7月頭に、旧車や改造車によるパレードがメインストリートにおいてあるほか、夜には花火大会などが催される1。ローガン (ユタ州) フレッシュアイペディアより)

  • 府中市立府中第一小学校

    府中市立府中第一小学校から見たパレードパレード

    全日本鼓笛バンド連盟府中一小わかば鼓笛隊。1964年(昭和39年)から続く長い伝統を持つ当校生徒による鼓笛隊である。芸術だけではなく心を磨く活動となっている。東京都より表彰を受けている。府中市桜まつりにおいて桜まつりパレードを行う。府中市民体育大会の開会式、府中市福祉まつり、秋の交通安全パレード、青少対四地区音楽会で演奏を行う。他、各種イベントにおいても披露している。府中市立府中第一小学校 フレッシュアイペディアより)

  • ゼーリゲンシュタット

    ゼーリゲンシュタットから見たパレードパレード

    ゼーリゲンシュタットは、カーニバルのパレードで広く知られている。このパレードは伝統的にバラの月曜日に、歴史的な中心市街とそれに隣接する地区を練り歩く。バラの月曜日のパレードは、1859年以降その開催が証明されている。現代では、99基の贅を凝らした山車が造られ、近在・遠来の約 4万人の見物客を楽しませている。カーニバルのシーズンには、ゼーリゲンシュタット市民は道化の「シュルンバー」を自称し、この街を「シュルンバーラント」と呼ぶ。そしてシュルンバーラントの王子・王女ペアと子供の王子・王女ペアが選ばれる。「シュルンバー」あるいは「シュルンパー」とは、「途方もなく長く引きずったドレス」とか「ダラダラと長いもの」あるいは、積載量12 t から 14 t 程度の小舟を指す言葉であるが、なぜこの名前で呼ぶのかは定かではない。ゼーリゲンシュタットは、カーニバルのパレードが 2 回行われる珍しい街の一つである。バラの月曜日のパレードの他に、毎年日曜日に子供のカーニバル・パレードも行われる。総合的な組織・運営は、ゼーリゲンシュタット郷土協会 e.V. が担当する。ゼーリゲンシュタット フレッシュアイペディアより)

  • 吹奏楽の歴史

    吹奏楽の歴史から見たパレードパレード

    国民の軍隊は、徴兵制の施行や軍事パレードなどによって制度としても生活風景としても、人びとにとって身近なものとなりつつあり、士気高揚など、上に掲げた軍楽隊に求められる音楽の性格や様式は、大人数の金管楽器を中心とする音響の華やかさと一致していた。こうして軍楽隊によって、行進曲や式典用の音楽などが演奏されたが、とりわけフランスでは軍楽隊の出身者がパリ音楽院の教授を務めるなど、芸術性や技術的洗練を追求する伝統をよく保持し、ロマン派音楽の巨匠といわれる大作曲家ベルリオーズらも軍楽隊向けに優れた作品をのこした。複雑な旋律をすばやく吹奏できる金管楽器の登場は、ベルリオーズのほか、ドイツのワーグナーやイタリアのヴェルディにも殊のほか愛好され、金管を多用した楽曲が数多く作られた。吹奏楽の歴史 フレッシュアイペディアより)

206件中 91 - 100件表示

「凱旋パレード」のニューストピックワード