275件中 21 - 30件表示
  • バーバの市

    バーバの市から見たパレードパレード

    バーバの市(ウクライナ語:Бабин торжок、バーブィン・トルジョーク)は、ウクライナ首都キエフにあった歴史的地名。10世紀から13世紀にかけてルーシ時代のキエフにおける中央広場。古キエフ山にあった上町(古キエフ)、什一聖堂と大公の宮殿の隣に位置していた(現在の聖アンドリーイ教会と什一通りの間)。『ルーシ年代記』によれば、広場では989年にヴォロディーミル聖公がケルソネソスから持ってきた青銅のクアドリガと複数の銅像(ウクライナ語でバーバ)が置かれたため、「バーバの市」(像の市)と呼ばれるようになったという。広場は上町の市場として利用されたが、場合によって閲兵式の場として利用されたこともあった。1240年にモンゴル帝国がキエフを陥落させた後に荒地となった。1830年代に開拓工事にともなって、旧来の広場の地形が失われ、広場の跡の一部にヴォロディーミル通りが敷かれた。1934年の広場の隣、古キエフ山の天辺にウクライナ国立歴史博物館が建設された。バーバの市 フレッシュアイペディアより)

  • リロ&スティッチのフリフリ大騒動〜Find Stitch!〜

    リロ&スティッチのフリフリ大騒動〜Find Stitch!〜から見たパレードパレード

    フリフリ・オハナ・バッシュ(Hulihuli Ohana Bash)は、スペシャルイベント期間中に東京ディズニーランドのパレードルートで開催されるパレード。フロートがファンタジーランド - ウエスタンランド、プラザ、トゥモローランド - トゥーンタウンの3箇所で停止し、それぞれ異なるショーモードに入る。このパレードは以下のフロートで構成されている。リロ&スティッチのフリフリ大騒動〜Find Stitch!〜 フレッシュアイペディアより)

  • レディー・ガガ

    レディー・ガガから見たパレードパレード

    2011年1月、フォーブス誌がガガの2011年の所得は1億ドル(日本円で約83億円)を超えるであろうと大胆予想をした。ガガは2010年の『The Monster Ball Tour』だけで6300万ドル(日本円で約52億円)を稼いでいるが、2011年の2月から同ツアーが再開されるほかに高額なCM出演料と5月にはニューアルバム『Born This Way』のリリースも控えているために2010年の所得額を上回ると予想されるとした。フォーブスは、アルバムの『Born This Way』関連でガガは1000万ドル - 1500万ドル(日本円で約8 - 12億円)の所得を得るだろうと予想した。2011年3月、パレード誌が前年の稼ぎを発表する「第28回最も稼いだ人々」を発表し、ガガは6200万ドル(日本円で約51億円)を稼ぎ、7位にランクインした。2011年5月、フォーブス誌が毎年発表している「世界で最も影響力のあるセレブ100人」で、2011年はガガが1位に選ばれたと発表した。(このランキングはトム・クルーズとアンジェリーナ・ジョリーがそれぞれ1位になった2006年と2009年を除くと、オプラ・ウィンフリーが2005年から1位をほぼ独占してきたが、2011年は2位落ちの結果になった)。2011年6月、フォーブス誌が「最も稼いでいる30歳未満のセレブ」を発表し、2010年の5月からの1年間で9,000万ドル(日本円で約72億円)を稼ぎトップに輝いた。これは22カ国137公演のコンサート、1,500万枚のアルバムの売り上げから算出された数字だという。レディー・ガガ フレッシュアイペディアより)

  • 小牧市民まつり

    小牧市民まつりから見たパレードパレード

    小牧市民まつり(こまきしみんまつり)は、愛知県小牧市で毎年秋に行なわれる祭。1980年に小牧市の誕生25周年を記念して、始められる。市内の数か所が会場となり様々な催しが行なわれる他、市民から選ばれた人が三英傑(織田信長、豊臣秀吉、徳川家康)に扮し市内を練り歩くパレードも行なわれる。小牧市民まつり フレッシュアイペディアより)

  • 秦野たばこ祭

    秦野たばこ祭から見たパレードパレード

    メインイベントとして、市内を巡回するフロート車によるパレード(後述)が行われていたが、第61回〜64回まではにより休止になった。しかし第65回に復活することが、。秦野たばこ祭 フレッシュアイペディアより)

  • カナダの日

    カナダの日から見たパレードパレード

    カナダの日の祝祭行事は主に各地方自治体が主催し、屋外で行われるものが多い。パレード、屋外のお祭り、バーベキュー、航空・艦船ショー、野外コンサート、花火などである。また新移民の公民宣誓式も行われる習わしとなっている。バンクーバーのパレードでは、地元日本人団体による神輿、盆踊りも見ることが出来る。カナダの日 フレッシュアイペディアより)

  • ボアク島

    ボアク島から見たパレードパレード

    モリオネス祭はボアク島の有名な文化である。もとは目の見えないローマ兵ロンギヌスがイエス・キリストの死を確かめるために槍を刺したところ、返り血で目が見えるようになったという奇跡(聖槍を参照)を祝った祭りである。3月から4月のイースターの間、パレードや祝い事が通りのあちこちで行われる。ガサン、ボアク、モグポグなどの街では、カラフルなローマ兵風の衣装をまとった人々が町を結ぶ道路をパレードしてゆく。ボアクの町では夕方、ロンギヌスの奇跡を再現するショーが催される。ボアク島 フレッシュアイペディアより)

  • 胸甲騎兵

    胸甲騎兵から見たパレードパレード

    戦場では姿を消した胸甲騎兵であるが、その名は従来、胸甲騎兵が担っていた機動力およびその高速力を生かした敵中への突破を任務とする戦車部隊、機甲部隊(フランスの第1=第11胸甲騎兵連隊、第6=第12胸甲騎兵連隊)や空中機動部隊(ヘリ部隊)の伝統名称として、現在でも部隊名などに用いられている。また胸甲騎兵自体も、ヨーロッパ各国のパレードやセレモニーの際に登場し、当時の華やかな様子を今に伝えている。また同時代に活躍していた擲弾兵も、現在ではエリート部隊の名称として残っている。胸甲騎兵 フレッシュアイペディアより)

  • 大石りくまつり

    大石りくまつりから見たパレードパレード

    2日間にわたり大開通りでの市中パレードをはじめ、豊岡小学校グラウンドや豊岡市立総合体育館前広場でのステージイベントやのほか、「りくゆかりの地めぐり」バスツアーなど様々なイベントが行われる。大石りくまつり フレッシュアイペディアより)

  • パパゴ

    パパゴから見たパレードパレード

    パパゴの文化資源、なかでも言語は抑圧され失われつつある。しかしより悲惨な状況にある他のインディアン部族の多くからすれば、まだ健在を保っている方だろう。さらにバスケット作りや民族語、砂漠の食物、遊戯といった伝統文化の再活性化が、1990年頃から勢いを得た。長老ダニー・ロペスとNPOのTOCA(Tohono O'odham Community Action)が先頭に立ってこれらの運動を指揮したのである。毎年2月にはネーションの首都でセルズ・ロデオとパレードが催され、毎年行われてきたロデオは70年目を超えた。視覚美術においても、伝統的なパパゴの生活と風景を描く作家が広く認知されてきている。例えばハード美術館で展覧会を開いたほか、Arizona Highways誌やアリゾナ大学の広報誌の表紙に作品を提供したマイケル・チアゴ、さらにはトゥーソンの作家バード・ベイラーの作品に絵を入れ、ネーションの建物の壁画を担当したレナード・チャナがある。国立アメリカ・インディアン博物館(NMAI)の設立時の展示にはパパゴが代表して選ばれ、ロペス長老はそれに賛辞を送った。生涯にわたり砂漠の民の生活様式を支えた業績を讃え、2004年にはハード美術館初の遺産賞が、ロペス長老に送られている。パパゴ フレッシュアイペディアより)

275件中 21 - 30件表示

「凱旋パレード」のニューストピックワード