206件中 31 - 40件表示
  • 福生七夕まつり

    福生七夕まつりから見たパレードパレード

    1951年(昭和26年)7月、仙台七夕まつりをヒントに、商店街振興のため中央商栄会が第1回の福生七夕まつりを開催。見物客で3日間にぎわう。翌年、福生町(現・福生市)全域の商店が七夕に参加し、竹飾りコンクールが始まった。1956年、福生特有の「壁面飾り」が登場。1966年、「福生音頭」が制作され、当時、新人の都はるみ、杉良太郎が歌手として起用され、2年後にはパレードもスタート。福生七夕まつり フレッシュアイペディアより)

  • レニー・ディー

    レニー・ディーから見たパレードパレード

    その後も、このレーベルから精力的にハードコアテクノの作品をプロデュースしていった。レニー自身も、メイデイやラブパレードといった有名なパレードをはじめ、さまざまなパレードでもプレイを行った。レニー・ディー フレッシュアイペディアより)

  • アイダ・ルイス

    アイダ・ルイスから見たパレードパレード

    1869年7月4日、ニューポート市民により、彼女に新しいボート(船名:the Rescue、マホガニー製)が贈られる。アイダは以降、独立記念日にボートに車輪を付けてパレードに参加した。アイダ・ルイス フレッシュアイペディアより)

  • 盛岡さんさ踊り

    盛岡さんさ踊りから見たパレードパレード

    以前は、盛岡八幡宮から岩手公園にかけてパレードを行っていた(肴町を中心に)が、その後、盛岡市役所前の中央通りを利用した観光商業的な今の形になったという説がある。勇壮さで知られる東北の祭りの中においては歴史が浅いため、開始当初は比較的に知名度が低く、開催者や地元マスコミなどがPRに努め、「東北五大夏祭り」の名称が定着しつつある。2007年のNHK朝の連続テレビ小説『どんど晴れ』では地元の協力で「盛岡さんさ踊り」が再現され、劇中エピソードの舞台として描かれた。2007年6月には世界一の和太鼓の数の祭りとしてギネス世界記録に登録された。盛岡さんさ踊り フレッシュアイペディアより)

  • アルディート (駆逐艦)

    アルディート (駆逐艦)から見たパレードパレード

    1983年7月2日から1984年2月26日にかけてレバノン内戦に対応してITALCONが編成されてレバノン領海ベイルート沖合いにて合計198日間に渡る警戒任務に従事。その後乗組員は、アレッサンドロ・ペルティーニ共和国大統領の観閲の下でリヴォルノで開催されたフォルゴーレ落下傘旅団のパレードに参加する。アルディート (駆逐艦) フレッシュアイペディアより)

  • 女王誕生日 (オランダ)

    女王誕生日 (オランダ)から見たパレードパレード

    この日にはオランダ全土がオレンジ色(オランダ王家の色)の飾りが掲げられ、さまざまなパレードや音楽祭が催されるほか、 (フリーマーケット)が開かれ、街の通りで住人が自由に物を売買することが許されている。女王誕生日 (オランダ) フレッシュアイペディアより)

  • 御池通

    御池通から見たパレードパレード

    祇園祭の山鉾巡行の経路の一部となっているほか、各種のイベントでは交通規制してパレードなども行われる。御池通 フレッシュアイペディアより)

  • 赤杉康伸

    赤杉康伸から見たパレードパレード

    大学院在学中、北海道セクシュアル・マイノリティ協会(HSA)札幌ミーティングに参加し、ゲイ・アクティビストとしての活動を開始。2001年に上京後、東京在住の立場で、出身地で開催されるレインボーマーチ札幌(セクシュアル・マイノリティのパレード)の実行委員を務めた(2001年?2003年)。赤杉康伸 フレッシュアイペディアより)

  • 但馬牛まつり

    但馬牛まつりから見たパレードパレード

    ふるさと芸能発表として新温泉町の県無形民俗文化財である「丹土はねそ踊り」、「海上傘踊り」や、「春来竹太鼓」などの伝統文化の披露を行う。パレード会場では、牛のファッションショーや、但馬牛の造形物パレード、かつて但馬で行われていた牛車を使った花嫁行列を再現するなど、但馬牛にちなんだパレードを中心に実施される。但馬牛まつり フレッシュアイペディアより)

  • パーミャチ・メルクーリヤ (防護巡洋艦)

    パーミャチ・メルクーリヤ (防護巡洋艦)から見たパレードパレード

    11月11日、「パーミャチ・メルクーリヤ」の船上委員会は、明日11月12日午前8時を以って船尾アンドレイの旗に替えてウクライナの民族旗を掲揚することをウクライナ人乗員が決定した旨、黒海艦隊司令部へ通達した。その日、ウクライナ総軍事委員会が中心となってウクライナ人民共和国の建国宣言が祝福された。黒海艦隊艦船では、艦船によってアンドレイの旗と赤旗に並んで青・黄旗が掲揚された。「パーミャチ・メルクーリヤ」ではウクライナ人乗員らがアンドレイの旗を降ろし、自分たちの民族旗を掲げた。大ロシア人およびウクライナの旗の掲揚に同意しない者は両者の隔たりが埋めがたいものであると判断して下船を決意し、その数は 200 名に上った。彼らは、抗議の印として艦を退去した。一方、では、黒海艦隊艦船とセヴァストーポリ海軍要塞の部隊から出された軍事パレードが催された。ロシアの陸軍と海軍が革命騒ぎで崩壊したのに対し、ウクライナの軍人らは陸軍の規律と忠誠心、海軍の秩序を実演してみせたのである。ロシア人乗員らが退去したため、「パーミャチ・メルクーリヤ」の船上委員会は下船した者の代わりとなるウクライナ人乗員の補充問題を速やかにしかるべく解決するように要請した。ウクライナ委員長であるアキーモウ 2 等佐官が対処したが、ソビエトならびにツェントロフロートは、この要求を拒絶した。最終的に、ウクライナの民族旗は降納された。パーミャチ・メルクーリヤ (防護巡洋艦) フレッシュアイペディアより)

206件中 31 - 40件表示

「凱旋パレード」のニューストピックワード