275件中 41 - 50件表示
  • フラー・キョール

    フラー・キョールから見たパレードパレード

    始まった当初より、フラー・キョールの目的はコンクールを通じてアイルランド伝統音楽の標準を設けることにあった。フラーは主にコンクールとして発展したが、多くのコンサート、ケイリー、パレード、そしてセッションも同時に開かれている。フラー・キョール フレッシュアイペディアより)

  • マラバリスタ

    マラバリスタから見たパレードパレード

    サンバのパレード、いわゆるサンバカーニバルなどにおいては、本来は楽器であるパンデイロを使って曲芸しながらパレードすることをマラバリズムといい、これらの人を総称してマラバリスタと呼称する。マラバリスタ フレッシュアイペディアより)

  • 官製デモ

    官製デモから見たパレードパレード

    「大統領就任式典」「建国n周年記念式典」のような国家の慶事を祝う式典、閲兵式などはパレードになる。官製デモ フレッシュアイペディアより)

  • レニー・ディー

    レニー・ディーから見たパレードパレード

    その後も、このレーベルから精力的にハードコアテクノの作品をプロデュースしていった。レニー自身も、メイデイやラブパレードといった有名なパレードをはじめ、さまざまなパレードでもプレイを行った。レニー・ディー フレッシュアイペディアより)

  • ドラマー

    ドラマーから見たパレードパレード

    自動車による物資輸送が広範囲に普及する以前は、ドラマー(鼓手)の演奏は戦場において重要な役割を担っていた。ドラムの規則的なリズムは行軍速度を緩やかにし、フルート等の管楽器の伴奏と共に、戦場での兵士の士気を高める働きをした。また、パレードや閲兵式、懲罰前のドラムロール (:en:Drum_roll) を含む様々な式典や祭典でも働いていた。いくつかの事例では、ドラマーはそれらの刑罰を管理する任務があり、鞭打ちの刑で鞭を振り下ろす速度の調節などもしていた。ドラマー フレッシュアイペディアより)

  • クルー (カーニバル)

    クルー (カーニバル)から見たパレードパレード

    クルー(krewe)とは、カーニバルのシーズンにパレードや舞踏会を行う団体を指す。ニューオーリンズ・マルディグラでの組織がよく知られているが、フロリダ州タンパの「Gasparilla Pirate Festival」などのようなメキシコ湾岸のカーニバルにおいてもこの言葉が使われる。これは、19世紀初めの団体、ミスティック・クルー・オブ・コムス(Ye Mystick Krewe of Comus)が作った造語と考えられ、最初は古英語の物まねかパロディであったが、現在ではニューオーリンズのカーニバルの団体を指す言葉として普通に使用されている。クルー (カーニバル) フレッシュアイペディアより)

  • スーザフォン

    スーザフォンから見たパレードパレード

    スーザフォンはパレードやマーチングといった行進のほか、デキシーランド・ジャズなどで好んで用いられる。動きのある野外演奏を大前提として考案された楽器なので、立奏用のチューバと比べ楽器の保持が容易で長時間の演奏に適し、トランペットやクラリネットなどの小型の楽器とともに俊敏な動作もできる。スーザフォン フレッシュアイペディアより)

  • 前橋まつり

    前橋まつりから見たパレードパレード

    1948年(昭和23年)に「復興祭」として開催され、1949年(昭和24年)に「商工祭」と改め、1959年(昭和34年)に「前橋まつり」となる。元々行われていた山車祭り(手古舞も登場)に加え、だんべえ踊りや、八木節、市内小学生による鼓笛パレード、中学生による吹奏楽演奏などが催される。前橋まつり フレッシュアイペディアより)

  • アントン・ペッフェンハウゼル

    アントン・ペッフェンハウゼルから見たパレードパレード

    パレード用の鎧と馬の鎧(1591年) — ドレスデン美術館蔵アントン・ペッフェンハウゼル フレッシュアイペディアより)

  • ベルリン王宮

    ベルリン王宮から見たパレードパレード

    終戦時にはベルリン王宮は焼け落ちて廃墟と化していたが、外壁や門などの構造物や「薬医棟」、「白の間」など一部の部屋は砲撃や銃撃で損傷しているものの崩れずに建っており、王宮の一部は1945年から1950年までの間、屋根を掛けられて仮設展示場として使用された。同じように廃墟となりながらも外壁は残ったベルリンの歴史的建築物の多く(例えば博物館島やウンター・デン・リンデンの諸建築、あるいはベルリン王宮より重大な損害を被ったシャルロッテンブルク宮殿など)は戦後の再建工事で元通りの姿を取り戻しており、ベルリン王宮も資金をかけて再建工事を行えば復元することは可能な状態だった。しかし王宮のある地区はソ連軍占領下の東ベルリンとなっており、1949年に発足したドイツ民主共和国(東ドイツ)政府は王宮をプロイセン軍国主義の象徴とみて保存しないことを決めた。1950年の9月7日から12月30日にかけて王宮の残骸は取り壊され、都心にできた大きな跡地はパレードのための広場となった。唯一、カール・リープクネヒトが社会主義政府樹立を呼びかけたバルコニーのある部分の外壁だけが壊されずに残された。ベルリン王宮 フレッシュアイペディアより)

275件中 41 - 50件表示

「凱旋パレード」のニューストピックワード