206件中 71 - 80件表示
  • プランクシュタット

    プランクシュタットから見たパレードパレード

    プランクシュタットの「バッケンブレーザーのカーニバルのパレード」は伝統的には、かつては謝肉祭前の日曜日に行われていた。このパレードには近隣市町村からも多くのグループが参加し、一緒に行列に加わる。現在は多くの場合、9日後のカーニバルの火曜日に行われている。プランクシュタット フレッシュアイペディアより)

  • 八王子いちょう祭り

    八王子いちょう祭りから見たパレードパレード

    またクラシックカーパレードが併せて実施されており、甲州街道を日本各地から集まったクラシックカーが走る。ここのクラシックカーパレードは全国の草分けといわれている。和太鼓お祭り広場・イッチョYOSAKOI踊りゃんせ等、日本の伝統芸能も楽しめる。八王子いちょう祭り フレッシュアイペディアより)

  • ベービング

    ベービングから見たパレードパレード

    シェーンベルク地区へ向かう町外れにあるペスト墓地。1643年のペスト禍の犠牲者が葬られている。毎年8月中旬にこの墓地への小さなパレードが行われる。ベービング フレッシュアイペディアより)

  • 染織祭

    染織祭から見たパレードパレード

    染織祭(せんしょくまつり、せんしょくさい)とは、1931年(昭和6年)〜1940年(昭和15年)4月に、京都府京都市で行われた祭りである。祭りは染織を司る9つの神を奉る祭祀と女性時代衣装行列を含むパレードで構成されていた。京都の三大祭りである葵祭・祇園祭・時代祭とともに、春の京都を彩る盛大な祭りであったが、日中戦争の気運の高まりにより中止となり、以後、復興することはなかった。thumb|パレード風景1染織祭 フレッシュアイペディアより)

  • 光のページェント

    光のページェントから見たパレードパレード

    日本語の「ページェント」にあたる英語は pageant ( パジャントゥ)であるが、英語においては、歴史・伝説・宗教をモチーフにして、華麗な衣装を着て野外で行う劇や行進を指す。仙台では、杜の都の象徴である定禅寺通などの並木道が、冬枯れして殺風景になっているのを憂えた市民が、仙台七夕に因み、天の川に例えたイルミネーションという衣装をまとわせて並木道を華麗なページェントに変えたため、SENDAI Pageant of Starlight、すなわち、SENDAI光のページェントと名付けた。同様にNIIGATA光のページェントも冬枯れした並木道のイルミネーションのため「光のページェント」と命名しているものの、仙台のように七夕との関連がないため、英称では Niigata Pageant of Lights としている。光のページェント フレッシュアイペディアより)

  • グラーデンバッハ

    グラーデンバッハから見たパレードパレード

    2004年、合法的に届け出がなされたよそ者のネオナチによるパレードが 4 回行われ、警官の大規模な援護招集がなされた。このパレードは、大規模な反対デモを引き起こした。この反対デモは、学校長ジークフリート・ザイラーの呼びかけで、教会、社民党青年会、ドイツ労働組合連合および市民が共同して結成された市民連合により組織されたものであった。極右活動家の中心は、グラーデンバッハ、キルトルフ(フォーゲルスベルク)、マールブルクであった。約 30 人の極右主義者と多くのシンパを擁する最大の極右団体が Aktionsbündnis Mittelhessen(ABM、中部ヘッセン行動連盟)で、定期的に交流集会を開催していた。ABMは、ヘッセン内務省による取り締まりを避けるために、2004年末に自主的に解散した。活動家は、他のネオナチ・グループで活動を続けた。ABMは、ヘッセンで最も活動的で最大のネオナチ・グループであった(ヘッセン護憲報告書 2004)。グラーデンバッハ フレッシュアイペディアより)

  • バージンロード (テレビドラマ)

    バージンロード (テレビドラマ)から見たパレードパレード

    最終回は和美(和久井)と薫(反町)の結婚→和美の出産、というストーリーだったが、番組ラストには光(武田)がねだって、和美、薫、光らが馬車でパレードするという設定で、当時のフジテレビ本社周辺などパレードした。これは、フジテレビ本社が河田町から台場へ移転することを記念したもので、当時社長だった日枝久(現・代表取締役会長)も友情出演していた。バージンロード (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 塩竈みなと祭

    塩竈みなと祭から見たパレードパレード

    港町として栄える塩竈の経済発展と、戦後の疲弊した市民の元気回復を祈願し、1948年から開始された。毎年7月の第三月曜日(海の日)に開催される。鹽竈神社、境内の志波彦神社よりそれぞれ神輿を繰り出し市内を練り歩いた後、塩竈港に待つ御座船(龍鳳丸、鳳凰丸)へ乗り入れ、海上を巡幸する。海上では100隻を超える漁船が大漁旗を掲げて御座船を追随し、太鼓や笛などを鳴らしながら囃す。市内では「よしこの鹽竈」、「塩竈甚句」などのパレードや花火大会も催される。塩竈みなと祭 フレッシュアイペディアより)

  • ヒュルホルスト

    ヒュルホルストから見たパレードパレード

    1933年からオーバーバウアーシャフトでは郷土・収穫祭が開催され、5年ごとにパレードが行われる。テンゲルンのメーデーは1950年から毎年5月1日に開催され、パレードが実施される。第1アドヴェントには、1983年から毎年ブンテ・アドヴェントシュトラーセ・ヒュルホルスト(直訳すると「ヒュルホルストのカラフルなクリスマス通り」)が開催される。ヒュルホルスト フレッシュアイペディアより)

  • 胸甲騎兵

    胸甲騎兵から見たパレードパレード

    戦場では姿を消した胸甲騎兵であるが、その名は従来、胸甲騎兵が担っていた機動力およびその高速力を生かした敵中への突破を任務とする戦車部隊、機甲部隊(フランスの第1=第11胸甲騎兵連隊、第6=第12胸甲騎兵連隊)や空中機動部隊(ヘリ部隊)の伝統名称として、現在でも部隊名などに用いられている。また胸甲騎兵自体も、ヨーロッパ各国のパレードやセレモニーの際に登場し、当時の華やかな様子を今に伝えている。また同時代に活躍していた擲弾兵も、現在ではエリート部隊の名称として残っている。胸甲騎兵 フレッシュアイペディアより)

206件中 71 - 80件表示

「凱旋パレード」のニューストピックワード