121件中 91 - 100件表示
  • 援助交際

    援助交際から見た出会い系サイト出会い系サイト

    1999年にはNTTドコモのiモードサービスが始まり、iモード用の匿名掲示板や出会い系サイトが出現し始める。当時はまだ18歳未満の青少年による出会い系サイトの利用は可能であり、社会問題になった。援助交際 フレッシュアイペディアより)

  • 言語交換

    言語交換から見た出会い系サイト出会い系サイト

    出会い系サイト - 元々はインターネット版のメール相手探しの色が強かったが、一部業者によってアダルト色が強められていたり、あるいは詐欺的なものも生まれ、社会問題化した。言語交換 フレッシュアイペディアより)

  • 自殺系サイト

    自殺系サイトから見た出会い系サイト出会い系サイト

    インターネットを介して見ず知らずの人が集まる事から、しばしば出会い系サイトと比較されるが、利用者の多くは明確な自殺の意志を持たず、ただ漠然とした将来に対する不安から、自殺する傾向が指摘されている。ネットで知り合っただけの男女が、これらのサイトを介して、初対面でいきなり一緒に自殺するという事件が、日本の各地でみられ、社会問題となっている。自殺系サイト フレッシュアイペディアより)

  • Myspace

    Myspaceから見た出会い系サイト出会い系サイト

    MySpaceは2000年代後半の英語圏におけるティーンエイジャー文化の最も影響力のある存在と化している。そこでは同じミュージシャンや同じ俳優が好きな人同士が語り合うコミュニティが形成され、ファン同士での友人関係の発展などがある一方で、一種の出会い系サイトにもなっている。また同じ学校の学生同士でもMySpace を使った会話や友人作りが活発になっている。しかし、アメリカやイギリスの多くの学校では「学生同士のゴシップや悪意のあるコメントの温床である」として学内からのMySpace接続を禁止するところが出始め、一部の私立学校では自室からのアクセスも禁止しようとしている。またある大学は、学内のインターネット帯域の40%がMySpace接続のために使われたとして大学からのアクセスを禁止した1。2000年代末以降はFacebookに大きく水をあけられ、急速にユーザーを減らしている。Myspace フレッシュアイペディアより)

  • ヤンキー君とメガネちゃん

    ヤンキー君とメガネちゃんから見た出会い系サイト出会い系サイト

    女好きだが、女性の好みは何故かブス専。出会い系でヤクザの妻に手を出して大ピンチになったこともある。ヤンキー君とメガネちゃん フレッシュアイペディアより)

  • 文通

    文通から見た出会い系サイト出会い系サイト

    出会い系サイト - 元々はインターネット版のメール相手探しの色が強かったが、一部業者によってアダルト色が強められていたり、あるいは詐欺的なものも生まれ、社会問題化した。文通 フレッシュアイペディアより)

  • 無料

    無料から見た出会い系サイト出会い系サイト

    例えば、インターネットに於ける出会い系サイトやアダルトコンテンツは、よく「完全無料」などと表記しているが、これはアクセス自体は無料だが、メール文の閲覧・送信、アダルト画像を閲覧するのに、別途の法外な料金を課されるなどの詐欺的な内容のものである。実際に、被害にあった人々は、「ただより高いものはない」とか、「ただほど高いものはない」などとよく口にする事がある。無料 フレッシュアイペディアより)

  • 芭子&綾香シリーズ

    芭子&綾香シリーズから見た出会い系サイト出会い系サイト

    小森谷芭子(上戸彩)はホストクラブで働く亮(松下洸平)にお金を貢ぐため、出会い系サイトで知り合った男性を睡眠導入剤で眠らせた上で金銭を奪う犯罪を繰り返した末に逮捕される。裁判で懲役7年の実刑が下り、北関東女子刑務所に服役中、同じく服役囚の綾香(飯島直子)と知り合う。芭子&綾香シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • サクラ (おとり)

    サクラ (おとり)から見た出会い系サイト出会い系サイト

    出会い系サイトの利用客の女性を装ったサクラサクラ (おとり) フレッシュアイペディアより)

  • 小森純

    小森純から見た出会い系サイト出会い系サイト

    ポップティーン誌に活動していた時期から、ファッションブランド『TRALALA』や、カラーコンタクト『ラバーズカラー』、アクセサリーブランド『Double』などのイメージモデルを担ってきた。ほか、セガのアミューズメントテーマパーク『東京ジョイポリス』や、日本最大級の出会い系サイト『イククル』、デリケートゾーンソープ『PHケア フェミニンウォッシュ』のイメージモデル活動に加え、自身の結婚の時期(2011年)に合わせての『Mobage(モバゲー)』からのCMキャラクター起用、2012年にはモンテローザの展開する居酒屋『笑笑』からのイベント限定イメージモデル起用や、常盤薬品工業のプラセンタ製品からのイメージキャラクター起用があった。同年暮れには、詐欺事案として摘発を受けた『ペニーオークション』業者に関し、それから2年ほど前にその業者の広報を請け負ったうえで自身のブログ上に虚偽の広告記事を掲載していたことが発覚、その事実を認めたうえで謝罪を表明。この件により、それまで4年と8ヶ月間にわたって継続していた自身のブログを閉鎖。あわせてツイッターの配信も休止するに至った。小森純 フレッシュアイペディアより)

121件中 91 - 100件表示

「出会い系サイト」のニューストピックワード