154件中 111 - 120件表示
  • 日本における売買春

    日本における売買春から見た出会い系サイト出会い系サイト

    日本の性産業は様々な名称を用いる。ソープランドは、顧客がスタッフによってせっけんで洗われサービスを受ける浴場である。ファッションヘルスおよびピンクサロンは名目上マッサージあるいは審美処理店である。イメージクラブはテーマのある同様のマッサージあるいは審美処理店である。コールガールはデリバリーヘルスシステムによって運営されている。フリーで売春を行う者は出会い系サイトによって潜在的な顧客と接触することができ、実際の売春行為は、法律上の問題を避けるために「援助交際」と呼ばれる。日本における売買春 フレッシュアイペディアより)

  • 風俗嬢

    風俗嬢から見た出会い系サイト出会い系サイト

    1990年 - 2001年 出会い系サイト、援助交際が出現、発生し、問題化。家出少女が多く発生するようになる。風俗嬢 フレッシュアイペディアより)

  • Jetrunテクノロジ

    Jetrunテクノロジから見た出会い系サイト出会い系サイト

    2008年10月(平成20年)- 青少年を取り巻く出会い系サイトの実態調査において琉球大学と産学連携Jetrunテクノロジ フレッシュアイペディアより)

  • 臨場

    臨場から見た出会い系サイト出会い系サイト

    家庭に疲れた45歳の主婦・裕子は、出会い系サイトで知り合った一回りも年下の男に夢中になり、捨てられるくらいならと思い、青酸カリで無理心中する。警察庁への出向を持ちかけられていた一ノ瀬は、現場に臨場し、この事件を「倉石学校」の卒業試験と位置付け張り切る。臨場 フレッシュアイペディアより)

  • 自殺系サイト

    自殺系サイトから見た出会い系サイト出会い系サイト

    インターネットを介して見ず知らずの人が集まることから、しばしば出会い系サイトと比較されるが、利用者の多くは明確な自殺の意志を持たず、ただ漠然とした将来に対する不安から、自殺する傾向が指摘されている。ネットで知り合った男女が、これらのサイトを介して、初対面でいきなり一緒に自殺するという事件が、日本の各地でみられ、社会問題となっている。自殺系サイト フレッシュアイペディアより)

  • 1990年代の日本

    1990年代の日本から見た出会い系サイト出会い系サイト

    1995年、個人間の商取引(売買、譲渡、交換)と、不特定人物との出会い(友達、サークル仲間、交際相手など)情報で構成される書誌「じゃマ〜ル」が刊行(2000年廃刊)。現在でいうインターネットオークション、出会い系サイトが普及し始める。1990年代の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 斉藤さん (アプリケーション)

    斉藤さん (アプリケーション)から見た出会い系サイト出会い系サイト

    「見知らぬ誰かと一期一会のコミュニケーションを楽しむ」という趣旨のアプリであるため、1度通話した相手に再度電話をかける機能は付いておらず、1度通話した相手とは2度と繋がらない(繋がりにくい)システムになっている。これにより「出会えない出会い系」と謳われている。なお、通話中かメッセージ機能を用いて別途連絡先を交換することは事実上可能であり、「出会い系サイトではないか」との批判があるほか、実際に週刊誌にて「出会い系アプリ」として報じられたこともあり、「斉藤さん」利用者同士によって発生した事件もある。中高生がいたずら電話感覚で暴言を発していたり、女性に対し個人情報を聞き出すなどの健全とは言えない実情となっており、アプリ導入時には正しい使い方をするよう呼びかけが行われている。斉藤さん (アプリケーション) フレッシュアイペディアより)

  • ヤンキー君とメガネちゃん

    ヤンキー君とメガネちゃんから見た出会い系サイト出会い系サイト

    女好きだが、女性の好みは何故かブス専。出会い系でヤクザの妻に手を出して大ピンチになったこともある。ヤンキー君とメガネちゃん フレッシュアイペディアより)

  • 実話BUNKAタブー

    実話BUNKAタブーから見た出会い系出会い系サイト

    BUBKAの増刊号『実話BUBKAタブー』として、2010年1月に創刊。当初は隔月刊発行だったが、2011年4月よりBUBKAから独立し、月刊化。2012年9月15日発売の2012年11月号より、BUBKAの発行元がコアマガジンから白夜書房に変更されたのに伴い、誌名を『実話BUNKAタブー』に変更。あらゆる分野を批判している雑誌であり、主張に矛盾を繰り返すような論調も多く見られる。政治、芸能、スポーツ、グルメ等、世間で話題となっているものに喰いつき、世間一般に良いと言われているものを批判したり、逆に悪いと言われているものを誉め上げるという、常に逆方向のことが書かれているのが特徴。ただし、過酷な労働環境によって社員が過労自殺したワタミについては別で、一貫してその社風を批判している。また中国、韓国に対しても批判的である。主な販売拠点であるコンビニエンスストアへの批判記事は皆無であり、主な広告主である風俗や出会い系の批判記事も一切無い。実話BUNKAタブー フレッシュアイペディアより)

  • 伊集院光 深夜の馬鹿力のコーナー

    伊集院光 深夜の馬鹿力のコーナーから見た出会い系サイト出会い系サイト

    「T氏」こと当時の番組プロデューサー・知野(Tino、一般的なヘボン式ではなく訓令式のイニシャル)をモテさせてあげようというコーナー。名前や職業、趣味といったプロフィールをリスナーから募集し、投稿されたネタから最終的に知野が選択、そのプロフィールのまま本当に出会い系サイトに登録する。珍奇なプロフィールにも関わらず、女性からメールが来たことも。2001年1月8日(第274回)の伊集院による例題から始まり、2001年4月2日(第286回)で終了。『伊集院光の怪電波発信基地』での、実在のモデルの女性のプロフィールをでっちあげるコーナー「ミス・ユニバースへの道」の発展型といえる。伊集院光 深夜の馬鹿力のコーナー フレッシュアイペディアより)

154件中 111 - 120件表示

「出会い系サイト」のニューストピックワード