51件中 21 - 30件表示
  • 出会い系サイト

    出会い系サイトから見た風俗奇譚

    一方出会いの場が限られるLGBTを始め性的マイノリティの人々には、1960年代からゲイ雑誌などの出会い投稿欄が存在していた。1960年に創刊された風俗奇譚にはゲイ同士の文通欄があり、1961年1月号からは女装者専用の交際欄「女装愛好の部屋」も設けられた。1971年創刊のゲイ雑誌「薔薇族」にも創刊号からゲイの出会い欄が設けられ、サークルの会員募集欄、結婚欄、未成年同士の友人募集覧「少年の部屋」などがあった。また1976年11月号から「「百合族の部屋」(後、百合族コーナー」)も設けられた。出会い系サイト フレッシュアイペディアより)

  • 出会い系サイト

    出会い系サイトから見たデブ

    なお、2004年の栗林彰の文献では、「うまい話は嘘と思え、カメラ付きケータイの無かった時代には、待ち合わせ場所にとんでもないデブやブスが現れる事も多かった」などと言及されている例が有り、携帯系の出会い系サイトには女子中高生が多く出入りしているので、年齢詐称には気を付けること、また万が一未成年と関係を持った事が発覚した際のダメージの大きさにも注意を促している。出会い系サイト自体も悪質な物が少なからずあり、ポイント制サイトなどには注意を要するとしている。なおこの文献では若干の出会い系の使い方指南も掲載されているが、全体としては法的もしくは金銭的な危険性を指摘している。出会い系サイト フレッシュアイペディアより)

  • 出会い系サイト

    出会い系サイトから見た強姦

    警察庁広報資料「平成23年中の出会い系サイト等に起因する事犯の検挙状況について」では、出会い系サイトにまつわる犯罪として、出会い系サイト規制法違反、児童買春・児童ポルノ法違反、児童福祉法違反、準強制わいせつおよび児童買春・児童ポルノ法違反(児童ポルノ製造)といった検挙事例が挙げられている。なお、同年度の検挙数は1,421件。うち22件は殺人・強姦などもみられるが、ほとんどは児童・青少年の福祉関係を理由とした検挙となっている。出会い系サイト フレッシュアイペディアより)

  • 出会い系サイト

    出会い系サイトから見た犯罪

    出会い系サイトは身元や素性を偽って登録することが可能であり、またそれが許容される環境にあるため、それを狙って近年では援助交際、売春、詐欺、恐喝、暴行、殺人など様々な犯罪の温床になっている。出会い系サイト フレッシュアイペディアより)

  • 出会い系サイト

    出会い系サイトから見たじゃマール

    1995年には男女間にも「出会い」を仲介する出会い系雑誌「じゃマール」がリクルートフロムエーより発刊され、市民権を得る。なお、「出会い系」という言葉はこのじゃマールの中の一カテゴリーだったとする説がある。出会い系はさらにおともだちから族、お付き合い族、ケッコン族に細分化されていた。出会い系サイト フレッシュアイペディアより)

  • 出会い系サイト

    出会い系サイトから見たLGBT

    一方出会いの場が限られるLGBTを始め性的マイノリティの人々には、1960年代からゲイ雑誌などの出会い投稿欄が存在していた。1960年に創刊された風俗奇譚にはゲイ同士の文通欄があり、1961年1月号からは女装者専用の交際欄「女装愛好の部屋」も設けられた。1971年創刊のゲイ雑誌「薔薇族」にも創刊号からゲイの出会い欄が設けられ、サークルの会員募集欄、結婚欄、未成年同士の友人募集覧「少年の部屋」などがあった。また1976年11月号から「「百合族の部屋」(後、百合族コーナー」)も設けられた。出会い系サイト フレッシュアイペディアより)

  • 出会い系サイト

    出会い系サイトから見たインターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律

    インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律(出会い系サイト規制法・出会い系サイト被害防止法)として、平成15年(2003年)6月13日に公布され、平成15年9月13日に施行された。18歳未満の児童を性行為目的で誘い出す書き込みをインターネット上で行なうと行為などを禁じ、罰則化した。さらに、2009年2月1日に施行された同法では営業の公安委員会への届け出義務や、利用者が未成年ではないことを証明するために、運転免許証やクレジットカードなど本人確認が義務化され、日本国内で運営されている無料もしくはオープンな掲示板式の出会い系サイトは、事実上消滅した。出会い系サイト フレッシュアイペディアより)

  • 出会い系サイト

    出会い系サイトから見た本人確認

    インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律(出会い系サイト規制法・出会い系サイト被害防止法)として、平成15年(2003年)6月13日に公布され、平成15年9月13日に施行された。18歳未満の児童を性行為目的で誘い出す書き込みをインターネット上で行なうと行為などを禁じ、罰則化した。さらに、2009年2月1日に施行された同法では営業の公安委員会への届け出義務や、利用者が未成年ではないことを証明するために、運転免許証やクレジットカードなど本人確認が義務化され、日本国内で運営されている無料もしくはオープンな掲示板式の出会い系サイトは、事実上消滅した。出会い系サイト フレッシュアイペディアより)

  • 出会い系サイト

    出会い系サイトから見たフロムエー

    1995年には男女間にも「出会い」を仲介する出会い系雑誌「じゃマール」がリクルートフロムエーより発刊され、市民権を得る。なお、「出会い系」という言葉はこのじゃマールの中の一カテゴリーだったとする説がある。出会い系はさらにおともだちから族、お付き合い族、ケッコン族に細分化されていた。出会い系サイト フレッシュアイペディアより)

  • 出会い系サイト

    出会い系サイトから見た警察庁

    警察庁広報資料「平成23年中の出会い系サイト等に起因する事犯の検挙状況について」では、出会い系サイトにまつわる犯罪として、出会い系サイト規制法違反、児童買春・児童ポルノ法違反、児童福祉法違反、準強制わいせつおよび児童買春・児童ポルノ法違反(児童ポルノ製造)といった検挙事例が挙げられている。なお、同年度の検挙数は1,421件。うち22件は殺人・強姦などもみられるが、ほとんどは児童・青少年の福祉関係を理由とした検挙となっている。出会い系サイト フレッシュアイペディアより)

51件中 21 - 30件表示

「出会い系サイト」のニューストピックワード