出生率 ニュース&Wiki etc.

出生率(しゅっしょうりつ)とは、人口学において、一定人口に対するその年の出生数の割合をいう。通常、人口1000人あたりにおける出生数を指す。これは普通出生率または粗出生率(crude birth rate、CBR)と呼ばれる。これに対し合計特殊出生率(total fertility rate、TFR)という概念もあり、単… (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「出生率」のつながり調べ

  • 永遠のアセリア

    永遠のアセリアから見た出生率

    命の根源で空間中に存在するエネルギー。戦争などでマナを多く消費すれば出生率や収穫高にも大きく影響する。かつては無限と思われていたが、そうでないことが分かって以来その争奪が争いの火種となっている。(永遠のアセリア フレッシュアイペディアより)

  • フランス系アメリカ人

    フランス系アメリカ人から見た出生率

    フランス系の人々の多くは自らのアイデンティティをフレンチカナディアンやケイジャン、クレオールととらえ、彼らの北米での本格的活動は1840年代から1930年代にかけてのケベックからの離散によって始まった。この時、約100万人のフランス系カナダ人がニューイングランドを始めミネソタ州、ウィスコンシン州、ミシガン州(全て五大湖沿岸の州)などに移り住んだ。当時のフランス系カナダ人の出生率は世界的に見て非常に高く、よって本国フランスからの移民が少なかったのにも関わらず彼らの人口は大きかった。またアメリカだけでなくオンタリオ州やマニトバ州などカナダ内でも散らばりを見せた。男性の労働者の多くは両国にて最初は材木業に携わり、他の者は五大湖周辺で活性化した鉱山業に従事した。(フランス系アメリカ人 フレッシュアイペディアより)

「出生率」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「出生率」のニューストピックワード