54件中 11 - 20件表示
  • フランス語憲章

    フランス語憲章から見た出生率出生率

    この背景には、ケベック州の主導権はフランス系住民こそが握るべきだという思いと、フランス系の出生率低下や移民の増加とで、州の人口構成に変化が出たことも挙げられる。しかしながら、1989年の世論調査では,人口の約3分の2が二言語主義に賛成している。後にこの憲章は違憲とされ、英語の使用も認めるようになった。フランス語憲章 フレッシュアイペディアより)

  • ホーリズム

    ホーリズムから見た出生率出生率

    またドイツの統計学者ヨハン・ペーター・ジュスミルヒは人口の統計をとって観察した結果、死亡率および出生率、男女の出生比が一定になることを発見、このように全体の規則性のうち、個々の要素に還元して説明できない物を「神の秩序」と名付けた。ホーリズム フレッシュアイペディアより)

  • ベビーブーマー

    ベビーブーマーから見た出生率出生率

    ベビーブーマー(baby boomers)とは、第二次世界大戦の終結直後に、復員兵の帰還に伴って出生率が上昇した時期に生まれた世代を指す。この第二次大戦終結後のベビーブームは世界的現象であるが、狭義で「ベビーブーマー」という場合にはアメリカ合衆国でのベビーブーマーを指す事が多い。ベビーブーマー フレッシュアイペディアより)

  • 永遠のアセリア

    永遠のアセリアから見た出生率出生率

    命の根源で空間中に存在するエネルギー。戦争などでマナを多く消費すれば出生率や収穫高にも大きく影響する。かつては無限と思われていたが、そうでないことが分かって以来その争奪が争いの火種となっている。永遠のアセリア フレッシュアイペディアより)

  • フランス系アメリカ人

    フランス系アメリカ人から見た出生率出生率

    フランス系の人々の多くは自らのアイデンティティをフレンチカナディアンやケイジャン、クレオールととらえ、彼らの北米での本格的活動は1840年代から1930年代にかけてのケベックからの離散によって始まった。この時、約100万人のフランス系カナダ人がニューイングランドを始めミネソタ州、ウィスコンシン州、ミシガン州(全て五大湖沿岸の州)などに移り住んだ。当時のフランス系カナダ人の出生率は世界的に見て非常に高く、よって本国フランスからの移民が少なかったのにも関わらず彼らの人口は大きかった。またアメリカだけでなくオンタリオ州やマニトバ州などカナダ内でも散らばりを見せた。男性の労働者の多くは両国にて最初は材木業に携わり、他の者は五大湖周辺で活性化した鉱山業に従事した。フランス系アメリカ人 フレッシュアイペディアより)

  • リヒャルト・ヴァルター・ダレ

    リヒャルト・ヴァルター・ダレから見た出生率出生率

    二つの主要な作品において、ダレはドイツ農民を「ドイツ国民の文化的人種的中核を形成し、北欧人の先祖を持つ均質的な人種集団」と定義した。北欧人の出生率は他の人種より低いので、北欧人は長い間、絶滅の脅威のもとにあった。リヒャルト・ヴァルター・ダレ フレッシュアイペディアより)

  • 中華人民共和国の経済

    中華人民共和国の経済から見た出生率出生率

    共産党政府の成立後、中華人民共和国では急激な人口増加が進んだことにより、食糧問題、エネルギー問題などが発生した。人口増加に危機感を抱いた共産党政府は、対策として1979年から一人っ子政策を実施し、出生率の統制による人口抑制を展開した結果、人口増加率は低下した。中華人民共和国の経済 フレッシュアイペディアより)

  • ワーク・ライフ・バランス

    ワーク・ライフ・バランスから見た出生率出生率

    仕事と生活のバランスを崩したことで起こる悲劇の急増は、国民(労働者)にとって日々の私生活や将来への大いなる不安を抱かせることになり、返って社会の活力を低下させてしまうことになる。さらには多忙で安定した生活ができないことにより出生率低下・少子化に繋がり、人口を減らす原因となってしまうとも考えられている。ワーク・ライフ・バランス フレッシュアイペディアより)

  • 世界人口

    世界人口から見た出生率出生率

    世界人口の予測は非常に困難であり出生率の変化などによって変動も大きいため、国連の予測も断続的に修正されてきている。国連が発表している2010年版の「世界人口予想」では、21世紀半ばの2050年までに90億人を突破、その後は増加のペースが鈍化していくものの21世紀末までに100億人を突破するだろうと予測している。世界人口 フレッシュアイペディアより)

  • フロリダ県

    フロリダ県から見た出生率出生率

    2004年に行われた国勢調査によると、人口は68,181人で21,938世帯が暮らしており、平均世帯人員は3.1人。また男女比は、女性100人に対して男性100.4人であった。人口増加率は0.071%で出生率は14.53%、死亡率は10.08%。平均年齢は33.2歳で平均寿命は76.24歳。男女別にみると男性は72.98歳で女性は79.63歳であった。フロリダ県 フレッシュアイペディアより)

54件中 11 - 20件表示

「出生率」のニューストピックワード