83件中 21 - 30件表示
  • 3000年

    3000年から見た出生率出生率

    国立社会保障・人口問題研究所は、2014年の出生率・死亡率が続いた場合、西暦3000年で日本の人口がおよそ1000人になると予測。3000年 フレッシュアイペディアより)

  • ヨハン・ペーター・ジュースミルヒ

    ヨハン・ペーター・ジュースミルヒから見た出生率出生率

    ジュースミルヒが1741年に書いた『神の秩序』()は彼の最も重要な作品であり、人口統計学の歴史において先駆となる作品となった。ジュースミルヒは出生率の性別比が長期的には女性1,000対男性1,050に収束することを発見、彼はこれを神の仕業の証明として扱った。このため、ジュースミルヒは人口統計学の父の1人とされるが、彼は『神の秩序』でが作成した1687年から1691年までのブレスラウにおける月間死亡率と死因データを参考にした。ジュースミルヒはまた生命表の作成にかかわった。ヨハン・ペーター・ジュースミルヒ フレッシュアイペディアより)

  • パーミル

    パーミルから見た出生率出生率

    出生率や死亡率などの統計値でも、千分の一程度が頻出する場合には利用する。パーミル フレッシュアイペディアより)

  • 平城・相楽ニュータウン

    平城・相楽ニュータウンから見た出生率出生率

    現在の人口は2013年(平成25年)4月1日時点。入居開始以降増加を続けていたが、2000年(平成12年)を境に減少傾向に転じている。開発当初、公団団地に入居する人の割合が高かったことから奈良市旧市街地域と比較すると若い世帯が多かったが、その後若い世帯の割合は減少し、現在では平城第二団地が建っている右京二丁目では老人世帯、朱雀第一住宅街が建っている朱雀5丁目では50-60代人口の多さが目立っている。また、世帯数の伸び悩みと、核家族化と出生率低下に伴う一世帯あたりの人数の減少が、3つの近隣センター地区計画や公共施設の建設計画の遅れや規模縮小をもたらし、雑草が生い茂る空き地の景観や防犯の問題を起こした。平城・相楽ニュータウン フレッシュアイペディアより)

  • 人口

    人口から見た出生率出生率

    アメリカは先進国の中では出生率も比較的高く、移民も毎年入ってくるため、高齢化は緩やかなものになると見られている。人口 フレッシュアイペディアより)

  • 世界人口

    世界人口から見た出生率出生率

    世界人口の予測は非常に困難であり出生率の変化などによって変動も大きいため、国連の予測も断続的に修正されてきている。国連は2年おきに最新の推計値である「世界人口展望」 (World Population Prospects) を発表しており、その2010年改訂版では、21世紀半ばの2050年までに90億人を突破、その後は増加のペースが鈍化していくものの21世紀末までに100億人を突破するだろう(中位値)と予測している。さらに、2013年に国連が発表した「世界人口展望」(2012年改訂版)では前回の予測値より増加傾向にあり、中位値として2025年に約81億人、2050年に約96億人、2100年には約109億人に達するとの予測がされている。一方で、世界人口は80億人で頭打ちになるという予測も存在する。世界人口 フレッシュアイペディアより)

  • ホーリズム

    ホーリズムから見た出生率出生率

    またドイツの統計学者ヨハン・ペーター・ジュスミルヒは人口の統計をとって観察した結果、死亡率および出生率、男女の出生比が一定になることを発見、このように全体の規則性のうち、個々の要素に還元して説明できない物を「神の秩序」と名付けた。ホーリズム フレッシュアイペディアより)

  • ダブルケア

    ダブルケアから見た出生率出生率

    2013年の厚生労働省の人口動態統計(確定数)によると、女性の初婚年齢は1975年の24.7歳から4.6歳上昇し29.3歳。これに伴い第1子出生時の母の平均年齢も25.7歳から30.4歳と4.7歳上昇している。また、40?44歳女性が産んだ子供の数(出生率)は6,911人から約7倍増加し4万6,546人となっている。ダブルケア フレッシュアイペディアより)

  • フィンランドの医療

    フィンランドの医療から見た出生率出生率

    フィンランドは平均寿命が延びる一方で、出生率低下と高齢化が進んでおり、急激な人口高齢化による保健・福祉財源の減少が予想されるために、医療制度改革を行っている。2025年にはフィンランドの高齢化率は、EU圏内で最も高くなると試算されている。フィンランドの医療 フレッシュアイペディアより)

  • ドバイの人口動態

    ドバイの人口動態から見た出生率出生率

    ドバイの人口は、210万9,274人である。移住人口のおよそ85%(首長国全体では71%)は、インド人、パキスタン人、フィリピン人、バングラデシュ人、スリランカ人などのアジア人である。ドバイの総人口の約3%は、「欧米人」である。さらに、人口の16%(288,000人)は仕事のために集団で生活しており、国籍や人種が判明していないが、主にアジア人だと考えられている。首長国の平均年齢は約27歳で、2005年の出生率は約13.6%、死亡率は約1%だった。ドバイの人口動態 フレッシュアイペディアより)

83件中 21 - 30件表示

「出生率」のニューストピックワード