54件中 31 - 40件表示
  • 仕事中毒

    仕事中毒から見た出生率出生率

    働きすぎの日本人と言うイメージは、イメージ自体が先行しているという批判もある。こうした批判の一つとして、先進諸国では米国では平均労働時間は日本人よりも長く、また日本人より低賃金・長時間労働で日本を追い上げている(韓国、中国などの)中進諸国の実態が存在する、というものがある。しかし、日本の労働時間には統計に現れない無償労働(→サービス残業)が多く含まれている。さらに、この労働時間の中には正社員の半分程度の労働時間であることが多いパートタイマーの労働時間も含まれており、日本では近年パートタイマーが増加傾向にあることから、これも全体として日本の平均労働時間を大きく押し下げている。こうしたことから、表面上の数字のみでの単純比較はできない。(ただし、米国にはホワイトカラーエグゼンプションがあり、その分は統計に入っていない)。日本における長時間労働とサービス残業の蔓延は、少子化の原因としてよく論じられる点のひとつである(ただし、それが少子化の原因であるとの明確な論拠はない。近年は平均労働時間は下がってきているが、少子化は改善していない。これは出生率自体は改善傾向にあるものの、子育て世代の人口自体の減少により出生数が減っていることが最大の原因である)。仕事中毒 フレッシュアイペディアより)

  • サンマリノ

    サンマリノから見た出生率出生率

    出生率は1000人に対し9.7人(2009年)、死亡率は同じく7.4人(2009年)、乳児死亡率は1.0人(2009年)、合計特殊出生率は1.5(2008年)となっている。サンマリノ フレッシュアイペディアより)

  • 廃線

    廃線から見た出生率出生率

    ローカル線沿線の人口の減少については1960 - 70年代には鉱業・林業の衰退や離農の増加など産業構造の変化によるものが要因の一つであったが、21世紀初頭では出生率の低下による影響も大きい。自家用車の普及により通勤需要の少ないローカル線では高校生を中心とした通学利用が主要な収入源となっているため、少子化による通学利用客の大幅な減少は廃線につながる要因の一つとなっている。廃線 フレッシュアイペディアより)

  • パーミル

    パーミルから見た出生率出生率

    出生率や死亡率などの統計値でも、千分の一程度が頻出する場合には利用する。パーミル フレッシュアイペディアより)

  • 浦添市

    浦添市から見た出生率出生率

    那覇市、沖縄市、うるま市に次ぎ、沖縄県第4の規模を持つ市である。全国でも高い出生率を誇り、那覇市と隣接するため人口増加が著しく、人口密度は5,694人/km²(2007年3月31日現在)と県内では那覇市に次いで2番目に高い。県内でも有数の商業、工業が活発な市である。浦添市 フレッシュアイペディアより)

  • 個体群

    個体群から見た出生率出生率

    個体群には、個体数、個体群密度、齢構成、出生率、死亡率、その他の属性を持っている。これらを研究するのが個体群生態学である。個体群生態学では、特に個体数の問題を中心として扱う。また、個体群は具体的な種を対象とするから、種の性質としての生態や習性を研究する側面もあり、これを個生態学()や種生態学()と呼ぶこともある。また、生態学においては研究対象とする集団の階層が、最小単位の個体から個体群、群集、生態系、景観という順に上がっていく。個体群 フレッシュアイペディアより)

  • ミーム

    ミームから見た出生率出生率

    ミームはDNAの複製に貢献するためにも、私達の幸福のためにも進化しない。自らを複製させるのがうまいミームがより複製されていくだけである。ミーム進化がDNAの複製を助けるのではないということは、例えば2010年現在、日本の出生率は低下傾向にあり少子化が進んでいることからも分かる。ミーム フレッシュアイペディアより)

  • 川口博

    川口博から見た出生率出生率

    出生率の問題について地域全体で子育て支援をする政策を掲げている。川口博 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の経済

    日本の経済から見た出生率出生率

    2000年代に入り、公的資金を注入したことによって金融機関の不良債権処理が進み、民間企業の過剰な設備・雇用・負債が解消された。中国の経済発展により貿易相手国の第一位はアメリカから中国に代わった。中国をはじめとするBRICs諸国や、ASEAN諸国の経済発展に伴って伸びた外需に牽引されて、日本はデフレ脱却、景気の回復を果たし、大企業の業績は大幅に伸びた。しかし労働者にはこの好景気の分配はなく、労働者の給与は減少傾向をたどった。旧来の労使関係は見直され、終身雇用制度は崩壊し、契約社員や派遣社員が増えて労働市場の流動化が進んだ。労働環境の悪化と雇用不安のため出生率は落ち込み、少子化と高齢化により2005年から日本は人口減少を始めた。国内需要を見限った企業は海外市場に活路を求め、製造業は外需偏重となり、海外市場の動向に日本の景気が顕著に左右されるようになった。2007年夏頃よりアメリカ合衆国のサブプライムローンに端を発した世界金融危機により、戦後最長といわれた「いざなみ景気」(第14循環)は終焉を迎えた。日本経済は再び不景気の時代に突入し、またそれまでのいざなみ景気も好景気の実感が乏しいものだったため、いざなみ景気の期間も含めたバブル崩壊以降の20年間を「失われた20年」とする見方も出始めた。さらに、外需依存という日本経済の体質的な問題、産業の海外移転、少子 高齢化などから内需縮小の傾向は今後も変わらず、中進国レベルに賃金が下落するまで衰退を続けるといった悲観論も続出している。日本の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 滑川町

    滑川町から見た出生率出生率

    近年、東武東上線の森林公園駅、つきのわ駅周辺など町南部では東京のベッドタウンとして都市化が進んでおり、住宅開発によって人口の増加が著しく、出生率は埼玉県内一、2000年-2005年の人口増加率は全国の町村のうち第3位であった。また、2005年-2010年にかけても人口の増加傾向が続き、埼玉県内では北足立郡伊奈町に次いで第2位、全国の町村でも第8位となっている。滑川町 フレッシュアイペディアより)

54件中 31 - 40件表示

「出生率」のニューストピックワード