83件中 31 - 40件表示
  • アイリッシュ・トラヴェラー

    アイリッシュ・トラヴェラーから見た出生率出生率

    アイリッシュ・トラヴェラーの出生率は1990年代より減少を続けているが、それでもいまだにその数値はヨーロッパで最も高い。2005年のトラヴェラーのコミュニティにおける出生率は1千人中33.32人であり、記録されているヨーロッパのあらゆるコミュニティの中で最も高い出生率かもしれない。アイリッシュ・トラヴェラー フレッシュアイペディアより)

  • ローマ帝国の人口学

    ローマ帝国の人口学から見た出生率出生率

    人口統計学的に、ローマ帝国は普通の前近代国家であった。ローマ帝国では、平均寿命が短く乳幼児死亡率が高い。また同様に結婚年齢は若く、出生率が高くなっている。誕生した時点でのローマ人の平均余命は20から25年程度であり、おそらく15から35%程度のローマ人は乳幼児の段階で死んでいた。一方で5歳以上成長した子供は四十代程度まで生きていたと思われる。ローマ人の女性は平均すると一生で6から9人の子供を生んでいたものと考えられている。ローマ帝国の人口学 フレッシュアイペディアより)

  • 多死社会

    多死社会から見た出生率出生率

    2038年頃が多死社会の中でも特に事態が著しい時期であると予想されており、その頃に出生率が向上していない、あるいは現状よりも下がっているならば日本の人口減少が激しく、毎年国内の大都市の人口に相当するだけの人口減少が起こっているだろうと計算されている。多死社会 フレッシュアイペディアより)

  • 世界で一番美しい夜

    世界で一番美しい夜から見た出生率出生率

    出生率日本一を誇る村、要村。その秘密を探りに来たジャーナリストが、その村で出会った少女から、14年前に起こった驚くべき事実を聞かされる。世界で一番美しい夜 フレッシュアイペディアより)

  • フランス系アメリカ人

    フランス系アメリカ人から見た出生率出生率

    フランス系の人々の多くは自らのアイデンティティをフレンチカナディアンやケイジャン、クレオールととらえ、彼らの北米での本格的活動は1840年代から1930年代にかけてのケベックからの離散によって始まった。この時、約100万人のフランス系カナダ人がニューイングランドを始めミネソタ州、ウィスコンシン州、ミシガン州(全て五大湖沿岸の州)などに移り住んだ。当時のフランス系カナダ人の出生率は世界的に見て非常に高く、よって本国フランスからの移民が少なかったのにも関わらず彼らの人口は大きかった。またアメリカだけでなくオンタリオ州やマニトバ州などカナダ内でも散らばりを見せた。男性の労働者の多くは両国にて最初は材木業に携わり、他の者は五大湖周辺で活性化した鉱山業に従事した。フランス系アメリカ人 フレッシュアイペディアより)

  • 投票

    投票から見た出生率出生率

    未成年者の親権を持つ投票者は、扶養する未成年者の数だけ投票できる。成人すれば親権者の投票権はその分失われることになる。出生率を上昇させる1つの方法として期待されている。投票 フレッシュアイペディアより)

  • カリフォルニア州の歴史

    カリフォルニア州の歴史から見た出生率出生率

    2004年までに、切望されるハイテクの仕事の多くは、労務費がアメリカの10%であるインドに外注されたり、インドや中国の何十億人の中から新参の者を雇って内作するかのどちらかになったように見える。特に北アメリカ自由貿易協定(NAFTA)採用後は、新しい法律でビザの制約を無くした。1960年以降第三世界から数千万人の人々が合衆国に入り、最初は主にカリフォルニアや南西部に入ったが、今や大陸全体に拡がっている。1960年(出生率が置換率と均しくなった時)の合衆国の人口は1億8千万人だったが、2000年時点では2億8千万人になっている。カリフォルニア州の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ワーク・ライフ・バランス

    ワーク・ライフ・バランスから見た出生率出生率

    仕事と生活のバランスを崩したことで起こる悲劇の急増は、国民(労働者)にとって日々の私生活や将来への大いなる不安を抱かせることになり、却って社会の活力を低下させてしまうことになる。さらには多忙で安定した生活ができないことにより出生率低下・少子化に繋がり、人口を減らす原因となってしまうとも考えられている。ワーク・ライフ・バランス フレッシュアイペディアより)

  • フロリダ県

    フロリダ県から見た出生率出生率

    2004年に行われた国勢調査によると、人口は68,181人で21,938世帯が暮らしており、平均世帯人員は3.1人。また男女比は、女性100人に対して男性100.4人であった。人口増加率は0.071%で出生率は14.53%、死亡率は10.08%。平均年齢は33.2歳で平均寿命は76.24歳。男女別にみると男性は72.98歳で女性は79.63歳であった。フロリダ県 フレッシュアイペディアより)

  • 日本創成会議

    日本創成会議から見た出生率出生率

    国立社会保障・人口問題研究所の『日本の地域別将来推計人口(平成25年3月推計)』では、地方からの人口流出は一定の収束があると想定したものであるのに対し、『日本創生会議』は現在と同程度の人口流出が今後も続く、という独自の仮定を基に推計を行ったところ、2010年から2040年までの30年間に、人口の「再生産力」を示す20 - 39歳の女性人口が50%以下に減少する市区町村は、全体1800のち49.8%の896地域であり、そのうち人口1万人未満は、全体の29.1%の523地域であった。これらの地域では、高い割合で人口が流出するため、出生率が上がった場合でも、存続できなくなる恐れが高いとした。日本創成会議 フレッシュアイペディアより)

83件中 31 - 40件表示

「出生率」のニューストピックワード

  • iPhone

  • 中学受験で保護者が志望校を選ぶときに重視している項目

  • なないろえほんの国/The World of Rainbow Picture Books