83件中 71 - 80件表示
  • パリ

    パリから見た出生率出生率

    出生率は1000人中14.8人であり、国平均の13.2%より高い。一方、子供の数は世帯あたり1.75人で、国平均の1.86人より少ない。半分の世帯において子供は1人である。パリ市では住居が狭く高額であることが、その主因である。パリ フレッシュアイペディアより)

  • 日本の経済

    日本の経済から見た出生率出生率

    2000年代に入り、公的資金を注入したことによって金融機関の不良債権処理が進み、民間企業の過剰な設備・雇用・負債が解消された。中国の経済発展により貿易相手国の第一位はアメリカから中国に代わった。中国をはじめとするBRICs諸国や、ASEAN諸国の経済発展に伴って伸びた外需に牽引されて、日本はデフレ脱却、景気の回復を果たし、大企業の業績は大幅に伸びた。しかし労働者にはこの好景気の分配はなく、労働者の給与は減少傾向をたどった。旧来の労使関係は見直され、終身雇用制度は崩壊し、契約社員や派遣社員が増えて労働市場の流動化が進んだ。労働環境の悪化と雇用不安のため出生率は落ち込み、少子化と高齢化により2005年から日本は人口減少を始めた。国内需要を見限った企業は海外市場に活路を求め、製造業は外需偏重となり、海外市場の動向に日本の景気が顕著に左右されるようになった。2007年夏頃よりアメリカ合衆国のサブプライムローンに端を発した世界金融危機により、戦後最長といわれた「いざなみ景気」(第14循環)は終焉を迎えた。日本経済は再び不景気の時代に突入し、またそれまでのいざなみ景気も好景気の実感が乏しいものだったため、いざなみ景気の期間も含めたバブル崩壊以降の20年間を「失われた20年」とする見方も出始めた。さらに、外需依存という日本経済の体質的な問題、産業の海外移転、少子高齢化などから内需縮小の傾向は今後も変わらず、中進国レベルに賃金が下落するまで衰退を続けるといった悲観論も続出している。ちなみに、2016年現在日本の一人あたりGDPは為替レートでの順位にして24位であり(国際通貨基金調べ)、上位を独占する欧州やアメリカ合衆国と比較しても、「先進国」としてはかなりの凋落が見られ、激しい貧富の差がかねてからの社会問題として認識されている中東のイスラエルよりも数値上ではGDPは低い。日本の経済 フレッシュアイペディアより)

  • かりあげクン

    かりあげクンから見た出生率出生率

    高級外車を乗り回して遊んでばかりいるドラ息子が悩みのタネ。その他にも5人の子供を“外で作った”実力者でもある。かりあげからは「出生率5.0」と揶揄された。かりあげクン フレッシュアイペディアより)

  • 日本の人口統計

    日本の人口統計から見た出生率出生率

    「2005年(平成17年)10月1日の国勢調査」に基づく「2055年までの将来の人口推計」が、2006年(平成18年)12月に公表されたが、近年の出生率低下や寿命の延びを反映して、前回の2002年(平成14年)推計よりも少子高齢化が一層進行し、本格的な人口減少社会になるとの見通しが示された。日本の人口統計 フレッシュアイペディアより)

  • ドイツ

    ドイツから見た出生率出生率

    少子高齢化が進み、1人の高齢者を2.9人で支える高齢社会に突入しており(2012年)、OECD各国では日本の次に少子高齢化が進行している。2010年1月現在のドイツの人口は8,180万人であり、EU域内では最大、世界第15位である。平均人口密度は229.4人/km?である。平均寿命は79.9歳。2009年の合計特殊出生率は女性一人当たり1.4人または1000人当たりでは7.9人となり、世界で最も低率の国のひとつである。1990年代以降、死亡率が出生率を上回る状態が続いている。ドイツは2060年までに人口は6,500万人から7,000万人に減少すると予測している(移民の程度による)。ドイツ フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮民主主義人民共和国

    朝鮮民主主義人民共和国から見た出生率出生率

    北朝鮮政府が人口センサスを実施したのは1993年末に1回のみであったが、2008年10月に国連人口基金の支援下で新たな人口センサスが実施された。これによる暫定集計の結果は、総人口24,051,218人、内男性が11,722,403人、女性が12,328,815人である。米国CIAの『ザ・ワールド・ファクトブック』によれば2011年7月での推定人口は24,457,492人(男性:11,850,436人/女性:12,607,056人)である。平均余命は68.89歳(男性65.03歳、女性72.93歳)、出生率は人口1000人当たり14.51人、合計特殊出生率は2.02人、幼児死亡率は1000人当たり27.11人となっている。WHOの推計では、平均寿命は男性65歳、女性68歳(2005年)となっている。国連の推計では現在の平均寿命が1980年代後半より4歳下回っているとされている。朝鮮民主主義人民共和国 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年の日本

    2016年の日本から見た出生率出生率

    安倍晋三内閣率いるアベノミクスがセカンドステージに入り、新3本の矢である、「GDP600兆円」・「出生率1.8」・「介護離職ゼロ」による、「一億総活躍社会」を目指すと各種政策を打ち出した。2016年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • ロシア

    ロシアから見た出生率出生率

    20世紀のロシアの人口動態は、第一次大戦・干渉戦争期そして第二次世界大戦期と2度にわたって激減したが、その後は回復。しかし1992年以降ふたたび人口の減少が続き、1992年で最大1億4800万人いた人口が、2050年には1億1000万人程度まで減少すると見られている。原因には、出生率の低下や男性の平均寿命が極めて短くなっていることがある。ロシアの男性の平均寿命は1987年以降短くなる傾向にあり、世界銀行の統計によると1994年には57.6歳まで低下した。その後回復し、2013年時点では65.1歳である。女性は、1993年に71.2歳まで低下したが、2013年には76.5歳と上昇、男女差は12歳と極めて大きいままである。ちなみに2008年、OECD諸国の平均は男性77.2歳、女性82.8歳と男女差は6歳程度である。続いていた人口減少は2012年に止まり、その後は人口増加に転じたが2016年の減少に戻り2017年は約17万人の減少となった。また、出生率も2013年には1.71に上昇するなど変化がみられる。2016年の出生率は1.76人であった。ロシア フレッシュアイペディアより)

  • ウルグアイ

    ウルグアイから見た出生率出生率

    その後ウルグアイの人口は、1963年のセンサスでは2,592,583人、1976年推計では3,101,000人、1983年年央推計では約297万人となった。出生率はアルゼンチンより低く、ラテンアメリカでは最も低い部類に入る。ウルグアイ フレッシュアイペディアより)

  • 台湾

    台湾から見た出生率出生率

    少子化が進んでおり、2009年の出生率は0.829を記録、合計特殊出生率は1と世界最低となった。2010年の合計特殊出生率は干支の影響もあり0.895とさらに低下した。2011年の台湾の合計特殊出生率は2010年の0.89から1.07に回復した。台湾 フレッシュアイペディアより)

83件中 71 - 80件表示

「出生率」のニューストピックワード

  • iPhone

  • 中学受験で保護者が志望校を選ぶときに重視している項目

  • なないろえほんの国/The World of Rainbow Picture Books