67件中 21 - 30件表示
  • トイチ

    トイチから見た出資法出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律

    借入金利が「十日で一割の金利」の略で、年利365%の金利をさす。もちろん、利息制限法の年利20%を超過しており、かつ、出資法の年利29.2%をも超過している(詳しくは、金融業が29.2%で、それ以外は109.5%が限度)ため、どちらの法律にも違反することとなる。正規の貸金業者がこのような貸付を行うことは無く、ヤミ金と呼ばれる違法金融業者によって行われている。このような金融業者は法律で禁止されている複利での貸付を行うため、実質年利は1000?3000%を超える。トイチ フレッシュアイペディアより)

  • 磯田一郎

    磯田一郎から見た出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律

    1990年10月15日には横浜市の住友銀行青葉台支店長が、蛇の目ミシン工業事件で注目されていた仕手集団の光進代表に対し客を紹介し株取引の仲介をしたことで出資法違反(浮貸し)で逮捕されたことをきっかけに、これまでの住友銀行と住友グループの暗部がマスコミの注目の的となる。老舗商社の消滅をもたらしたイトマン事件(この事件では、磯田の長女もイトマンとの不明朗な絵画取引で利権を得ていた)を招き、批判を浴びたが「イトマンのことは墓場まで持っていく」と沈黙を守り、同年10月17日、早くも引責辞任を発表した。しかしこの一件は沈静化せず、住友銀行全体の不正融資や暴力団との関係、不良債権の実態が深刻なことが報道されていくことになる。磯田一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 経済犯罪

    経済犯罪から見た出資法出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律

    金融犯罪(出資法違反・貸金業規制法(貸金業法)違反)経済犯罪 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の自転車競技

    2010年の自転車競技から見た出資法出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律

    元競輪選手で、元ラグビー選手の渡邉大吾(日本競輪学校第78期生)が、出資法違反(預かり金の禁止)の疑いで逮捕される。2010年の自転車競技 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎泰

    山崎泰から見た出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律

    都議2期目在職中の2000年11月22日、東京信用保証協会への口利きを巡る出資法(仲介手数料の制限)違反容疑で、私設秘書(大塚雄司元建設大臣の元秘書)や、何れも当時衆議院議員だった佐藤茂樹(公明党)、吉田公一(民主党)、西川太一郎(保守党)の政策秘書らと共に、東京地検特捜部に摘発された。山崎泰 フレッシュアイペディアより)

  • 徳田博美

    徳田博美から見た出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律

    銀行局長時代には、社会問題化していたサラ金の規制に取り組み、貸金業規制法(1983年5月成立、同時に改正出資法成立)の素案を作成した。苛酷な取立てや過剰な貸付を禁止し、サラ金を登録制にし、大蔵省の立ち入り検査の対象にした。野村総研副社長時代の1987年、金融制度調査会消費者信用問題専門委員会委員長として、消費者金融の健全な成長の為には、「銀行による適切な資金供給が望ましい」との見解を提出、この報告はのちの大手サラ金の株式上場(1993年)の後押しになったといわれている。また1988年2月には、金融制度調査会第二委員会に委員として所属、第二委は1989年5月、「子会社方式による銀行と証券の相互参入」の中間報告を打ち出した。徳田博美 フレッシュアイペディアより)

  • 増田俊男

    増田俊男から見た出資法出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律

    これら一連の投資への勧誘で約200億円の資金を集めるが償還期限後も大半が返済不能状態になり、不特定多数からの預かり金を禁じた出資法違反の罪により、一部投資家から警視庁へ告訴される。2010年2月3日、サンラ・ワールド本部や増田私邸など数カ所が、警視庁生活経済課に家宅捜索される。2007年、約6200万円分のカナダIT企業未公開株売買を仙台市の医師ら10人に仲介した金融商品取引法違反(無登録営業)容疑で在宅起訴され、2012年1月27日、懲役1年6月執行猶予3年・罰金300万円の有罪判決が言い渡される。増田俊男 フレッシュアイペディアより)

  • 保全経済会事件

    保全経済会事件から見た出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律

    伊藤は1953年10月の時点では会員に対して、自分の全財産を差し出すと約束していたが、その後法廷では「保全経済会は匿名組合なので出資金を返す必要はない」と主張した。このことから投資と預かり金の境界について、消費者保護の観点から議論されることとなり、1954年に出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律(出資法)が成立するきっかけとなった。同法により、不特定多数の者に対する元本保証した出資の受入れすることと、根拠法なく業としての預かり金をすることの禁止が定められた。保全経済会事件 フレッシュアイペディアより)

  • 利益至上主義

    利益至上主義から見た出資法出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律

    法外な高金利で貸し付けをする(出資法違反)利益至上主義 フレッシュアイペディアより)

  • 過払金

    過払金から見た出資法出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律

    これについては、出資法改正により貸付利率が利息制限法の水準まで引き下げられ、今後、新たな過払金は発生しにくくなること、また、出資法改正により、多重債務者の利払負担が減り、長期的には信用収縮以上に与信需要が低下すると見込まれることから、過渡期における一時的な不都合に過ぎないとする見解もある。過払金 フレッシュアイペディアより)

67件中 21 - 30件表示

「出資法違反」のニューストピックワード