80件中 31 - 40件表示
  • 日本保証

    日本保証から見た出資法出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律

    1990年11月に店頭公開、1993年12月には京都証券取引所、大阪証券取引所二部に上場、1995年3月に東京証券取引所二部に上場し、翌年9月には東証一部へ昇格するなどバブル不況期にあっても躍進を続け、1998年前後には商工ファンド(現:SFCG)を上回る業績で商工ローン最大手に君臨した。これはバブル崩壊後、低金利時代での資金調達が容易となり出資法ギリギリ(グレーゾーン金利)の高金利設定で利ざやを稼ぎ、銀行の貸し渋りにより資金繰りの悪化した中小企業が増えて商工ローンの需要が拡大したためである。また、連帯保証人から取り立てるなど容赦の無い債権回収で高い回収率を誇ったことなどが挙げられる。この時期には第一勧業銀行・富士銀行(現:みずほ銀行)、三菱UFJ信託銀行(旧三菱信託銀行・東洋信託銀行)から大口融資を受けていた。日本保証 フレッシュアイペディアより)

  • クレジットカード現金化

    クレジットカード現金化から見た出資法出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律

    このような事態に対して関係省庁は「カード現金化は違法」として取締に動いており、2011年8月、警視庁は出資法違反(高金利の受領など)容疑で「キャッシュバック型」でショッピング枠を現金化していた男を逮捕し、11月に懲役3年執行猶予5年の有罪判決が言い渡された。クレジットカード現金化 フレッシュアイペディアより)

  • 全日本同和会

    全日本同和会から見た出資法出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律

    2003年5月、同和会神奈川県連会長(横浜支部長兼任)が神奈川県庁による中小企業向けの融資を仲介し法外な手数料を取ったとして出資法違反で逮捕された。全日本同和会 フレッシュアイペディアより)

  • 八尾市ヤミ金心中事件

    八尾市ヤミ金心中事件から見た出資法出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律

    恐喝事件に直接関与したヤミ金融業者に在籍していた関係者に対する恐喝罪及び出資法違反(高金利)の刑事裁判の結果は以下の通り(大阪地方裁判所)。八尾市ヤミ金心中事件 フレッシュアイペディアより)

  • 出資

    出資から見た出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律

    出資についての一般的な規制については出資法を参照。出資 フレッシュアイペディアより)

  • 菅谷政雄

    菅谷政雄から見た出資法出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律

    1961年から1964年頃にかけて菅谷組は神戸、大阪、和歌山、福井、石川、福島、愛媛、福岡、熊本に進出し、最盛期には構成員1200人を擁した。警察論文集によると「麻薬暴力団」とされる菅谷組は、福島、栃木、四国などで密売組織を作り数度にわたり覚醒剤事犯を起こしている。また経済力も強く、1974年に出資法違反で起訴された際には年間20億円を超える収入があったことが明らかになっている。菅谷政雄 フレッシュアイペディアより)

  • 不当利得

    不当利得から見た出資法出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律

    また、闇金融が貸し付けた金銭も、出資法に違反する利息を収受するという犯罪行為を目的として交付された金銭にすぎないから、これも不法原因給付に当たる。よって闇金融は、出資法違反の利息を請求することができないのはもちろん(貸金業法42条の2)、貸金元本の返還請求もできない。さらに、借受けた者が闇金融に対して弁済をした場合にその弁済額を、不法行為を原因とした損害賠償請求により取り戻す事ができる。なお、この場合において従来、裁判所は、当該不法行為において借受者は貸金元本を受領しているのであるから、損害賠償請求額から貸金元本分を損益相殺または損益相殺類似の調整を行うことを認めていた。しかし最高裁判所は、借受者の弁済は不法原因給付により生じたものであるから、これを損害賠償請求額から損益相殺することは、民法708条の趣旨に反するものとして許されない旨と判示した(最判平成20年6月10日民集62巻6号1488頁)。不当利得 フレッシュアイペディアより)

  • 天下一家の会事件

    天下一家の会事件から見た出資法出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律

    内村については、前述したように脱税で有罪判決が確定しているが、詐欺罪、出資法違反のいずれについても罪に問われていない。天下一家の会事件 フレッシュアイペディアより)

  • 利息制限法

    利息制限法から見た出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律

    しかし、いくらでも高利の契約や(裁判外での)取立てをしてもよいとか、みなし弁済規定の要件を満たせばいくらでも高利を受領できるというわけではない。単利換算で貸金業者は年20%、その他の者は年109.5%(2月29日を含む1年については年109.8%、1日当たり0.3%)を超える利息の契約又は賠償額の予定をしたり、これを受領し又はその支払を要求すれば処罰される(出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律(以下「出資法」という)5条1項、3項、5項)。質屋に対する出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律(昭和29年法律第195号)第5条第2項の規定の適用については、同項中「20パーセント」とあるのは、「109.5パーセント(2月29日を含む1年については年109.8パーセントとし、1日当たりについては0.3パーセントとする。)」と、同法第5条の4第1項中「貸付け又は保証の期間が15日未満であるときは、これを15日として利息又は保証料の計算をするものとする。」とあるのは、「月の初日から末日までの期間(当該期間の日数は、その月の暦日の数にかかわらず、30日とする。)を一期として利息を計算するものとする。この場合において、貸付けの期間が一期に満たないときは一期とし、2以上の月にわたるときは、そのわたる月の数を期の数とする。」とする。(質屋営業法第36条、出資法附則2)利息制限法 フレッシュアイペディアより)

  • 池袋危険ドラッグ吸引RV暴走死亡事故

    池袋危険ドラッグ吸引RV暴走死亡事故から見た出資法出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律

    男は2003年11月25日、貸金業法違反(無登録営業)と出資法違反(高金利)容疑で逮捕されたことがあった。男は自動車運転処罰法違反の罪で起訴され、男は被告人質問で「事件前に吸ったドラッグは初めて買った種類のもので、意識を失うような効果があるとは考えていなかった」と主張、弁護側も2015年11月20日の論告求刑公判で、「被告はドラッグの効果について認識していなかった。初めて購入したものなので試しに車の中で2、3口吸ったら気分が悪くなったので、ブレーキを踏み込んだ。被告人は周囲からは『温厚で優しく愛される人物』と評価されている」と主張し、被害者およびその遺族全員と示談が成立していることも挙げ、情状酌量を求めた。一方検察側は同日、「過去に一緒に危険ドラッグを吸った友人が、気分が悪くなる姿を見たことがあり、近年はニュースなどで危険ドラッグによる事故が何度も報じられていることからも、吸引すれば運転に支障が出ることを知らなかったとは、到底考えられない」「強い常習性があり、同様の事故が今後再発しないためにも、厳しい処罰が必要」と主張し、示談についても「保険会社の努力だ」と一蹴、懲役10年を求刑した。男は「私の浅はかな行動で被害を与えてしまったことは申し訳なく思います。深く反省し、心よりお詫び申し上げます」と謝罪。2016年1月15日、東京地裁は「制御を失った車は走る凶器と化した。極めて危険で悪質な犯行だ」と指摘、懲役8年の判決を下した。2016年6月8日、東京高裁は一審判決を支持し、被告側の控訴を棄却した。池袋危険ドラッグ吸引RV暴走死亡事故 フレッシュアイペディアより)

80件中 31 - 40件表示

「出資法違反」のニューストピックワード