67件中 41 - 50件表示
  • 友部達夫

    友部達夫から見た出資法違反出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律

    1983年、日本中高年連盟を母体とし弟の友部正夫らとともに年金党を結成、衆院選1回、参院選4回立候補するもすべて落選。1995年、第17回参議院議員通常選挙で新進党へ参加、比例区より立候補、当選。しかし自身が設立し理事長を務めるオレンジ共済組合が、出資法違反容疑で捜索を受け同年12月、倒産(オレンジ共済組合事件)。この事件で、出資金の選挙費用、政界工作費、借金返済など私的流用が明らかになる。友部達夫 フレッシュアイペディアより)

  • 普通銀行

    普通銀行から見た出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律

    日本では、法律に基づかない預金の受入れは出資法第2条で禁止されているが、普通銀行や長期信用銀行、商工組合中央金庫以外にも、信用金庫・信用協同組合・農業協同組合・漁業協同組合・労働金庫など、特別法により預貯金の受入れを業とする協同組織形態の金融機関(協同組織金融機関)が存在する。普通銀行や長期信用銀行、商工組合中央金庫は、営利法人といえど、金融の高い公共性を担う存在として銀行法はじめ様々な法令の規制下におかれるが、協同組織金融機関は、同様に公共目的をもった金融機関と位置づけられている。普通銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 普通銀行

    普通銀行から見た出資法出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律

    この為、一時期、三井住友銀行はプロミスに、三菱UFJフィナンシャル・グループはアコムといった様に、利益率の高いとされた消費者金融業(サラ金)に出資、グループ傘下にし、連結収益のかさ上げを図った。しかし、近年の出資法改正議論によるグレーゾーン金利撤廃の動きの中、2007年現在、相次いだ過払い金返還請求により、消費者金融業界はビジネスモデルの変更を余儀なくされている。普通銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 消費貸借

    消費貸借から見た出資法出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律

    消費貸借契約は原則として無償契約である(無償消費貸借)。特約により貸主が利息を受け取る場合(利息付消費貸借)には有償契約となり(有償消費貸借)、現実に利用されるのは利息付消費貸借契約(有償消費貸借)がほとんどである。金銭消費貸借に伴う利息の利率については利息制限法、貸金業規制法、出資法、臨時金利調整法などの規制を受ける。消費貸借 フレッシュアイペディアより)

  • グレーゾーン金利

    グレーゾーン金利から見た出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律

    グレーゾーン金利(グレーゾーンきんり)とは、2010年(平成22年)6月18日施行の貸金業法及び出資法改正前に存在した利息制限法に定める上限金利は超えるものの出資法に定める上限金利には満たない金利のこと。利息制限法によると、利息の契約は、同法で定められた利率を超える超過部分は無効とされている。貸金業者、特に消費者金融(サラ金・高利貸し)業者の多くは、この金利帯で金銭を貸し出していた。しかし、質屋はこの金利帯で金銭を貸し出しをしているのが一般的である。グレーゾーン金利 フレッシュアイペディアより)

  • 上川陽子

    上川陽子から見た出資法出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律

    衆議院財務金融委員会委員だった2002年に、消費者金融業界の政治団体「全国貸金業政治連盟」(全政連)から35万円のパーティー券による資金提供を受け(当時の国会議員の中では最高額)、当時の消費者金融業界は出資法の上限金利の引き上げを自民党に求めていたと日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗」にて伝えられた 。上川陽子 フレッシュアイペディアより)

  • 日本保証

    日本保証から見た出資法出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律

    1990年11月に店頭公開、1993年12月には京都、大阪二部上場、1995年3月に東証二部、翌年9月には東証一部へ昇格するなど、バブル不況期にあっても躍進を続け、1998年前後には商工ファンド(現:SFCG)を上回る業績で商工ローン最大手に君臨した。その理由は、バブル崩壊後、銀行の貸し渋りにより資金繰りの悪化した中小企業が増加したこと、低金利時代に入り、低利による資金調達が可能になったこと、出資法ギリギリ(グレーゾーン金利)の高金利設定、連帯保証人から回収する手法により高い回収率を誇ったこと、などがあげられる。日本保証 フレッシュアイペディアより)

  • 稲垣実男

    稲垣実男から見た出資法出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律

    2000年の総選挙で落選し、政界引退。2004年、自らが社長を務める顧問投資会社が、無許可・無認可で高齢者相手の詐欺的商法を手がけていたことが判明し、出資法違反容疑で逮捕。2005年、執行猶予付き有罪判決確定。稲垣実男 フレッシュアイペディアより)

  • 生活安全部

    生活安全部から見た出資法出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律

    経済第1係(課内庶務)、経済第2係(悪質商法の照会、捜査)、経済第3?第5係(出資法・貸金業規制法関連法令違反捜査)、経済第6係(外国為替及び外国貿易法関連法令違反捜査)生活安全部 フレッシュアイペディアより)

  • グレーゾーン

    グレーゾーンから見た出資法出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律

    グレーゾーン金利 - 利息制限法の利率と出資法の利率の間にある金利のことで利息制限法を越える金利については法的に無効であるものの、出資法を越えない金利については「債務者が任意に払ったこと」として罰則規定が無いことから呼ばれる。グレーゾーン フレッシュアイペディアより)

67件中 41 - 50件表示

「出資法違反」のニューストピックワード