80件中 61 - 70件表示
  • 宇都宮健児

    宇都宮健児から見た出資法出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律

    1970年代後半、当時ほとんど顧みられることのなかった多重債務者の弁護を引き受けた。サラ金被害者向けに、弁護士費用分割払いを初めて実践。宇都宮らの活動により、グレーゾーン金利の違法性が確定することとなった。しかし、依頼者が急増した結果、当時勤務していた事務所から「サラ金問題をやるなら事務所を辞めてくれ」と言われ独立。独立した1983年には貸金業規制法、出資法改正法が成立したこともあり、事務所は追い風に乗った。宇都宮健児 フレッシュアイペディアより)

  • オレンジ共済組合事件

    オレンジ共済組合事件から見た出資法出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律

    1996年 - 11月、同組合が出資法違反容疑で捜索を受ける。12月に同組合が倒産。オレンジ共済組合事件 フレッシュアイペディアより)

  • 住友銀行

    住友銀行から見た出資法出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律

    続く同年10月、横浜の住友銀行青葉台支店長が、蛇の目ミシン恐喝事件で注目されていた仕手集団「光進」に対し巨額融資の仲介を行い、出資法違反(浮貸し)で逮捕された。相次ぐ不祥事の中、同年9月、大蔵省銀行局検査が4か月の長きにわたって開始され、同年10月、当時会長だった磯田は辞任に追い込まれた。住友銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の日本

    2013年の日本から見た出資法出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律

    11月13日 - 警視庁生活経済課、質屋チェーン「質のひょうたんや」が質屋を装って無登録で貸金業を営んだ上、法定外の高金利で融資していたとして、貸金業法違反と出資法違反容疑で同質店運営会社社長ら8人を逮捕。2013年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年の日本

    2014年の日本から見た出資法出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律

    愛媛県警察、架空の国産キノコ販売事業に投資すれば高配当が受けられると勧誘、出資を募り、2012年5月ごろから富山以外の46都道府県で約2500人から約17億4千万円を集金した出資法違反(預かり金の禁止)の疑いで、福岡市博多区のコンサルタント会社「コア・ジャパン」社長ら7人を逮捕。2014年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 友部達夫

    友部達夫から見た出資法出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律

    しかし自身が設立し理事長を務めるオレンジ共済組合が出資法違反容疑で捜索を受け同年12月倒産(オレンジ共済組合事件)。この事件で、出資金の選挙費用、新進党議員への政界工作費、借金返済など私的流用が明らかになる。友部達夫 フレッシュアイペディアより)

  • ジー・オーグループ

    ジー・オーグループから見た出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律

    ジー・オーグループは、大神源太(おおがみ げんた、1963年 - )が実質的に経営していた企業グループ。ジャパンジー・オーグループインターナショナル株式会社を持株会社としてその下にグループ企業を置いた。「ジー・オー」は大神のイニシャルの“Genta Ogami”に由来し、登記上を含めた公式な表記は「ジー.オー」である。本社は東京都港区三田にあった。1996年頃より、グループ企業のジー・コスモス・ジャパン株式会社が、独特な手法で個人から多額の資金を集めたが、出資法違反や詐欺の疑いで大神が逮捕され、後に破産した。ジー・オーグループ フレッシュアイペディアより)

  • 清水一家

    清水一家から見た出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律

    しかし、その直後から闇金融を利用した五菱会事件が発覚して摘発が始まる。2003年8月11日には出資法違反の疑いで指名手配されていた会長側近の闇金融組織統括経営者・梶山進が逮捕。会長・高木も同年11月20日に組織犯罪処罰法違反の疑いで指名手配され、6日後の11月26日に逮捕された。清水一家 フレッシュアイペディアより)

  • グレーゾーン

    グレーゾーンから見た出資法出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律

    グレーゾーン金利 - 利息制限法の利率と出資法の利率の間にある金利のことで、利息制限法を越える金利については法的に無効であるものの、出資法を越えない金利については「債務者が任意に払ったこと」として罰則規定が無いことから、こう呼ばれる。グレーゾーン フレッシュアイペディアより)

  • 新宿スワン

    新宿スワンから見た出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律

    バースト幹部で、ハーレムとの抗争時に一度バーストを辞めた出戻り組。出戻る直前のタイミングで闇金に手を出し、その後は独自の手法で成り上がり、アカブタグループのオーナーにまでなる。が、それも全て周りの策略であり最終的には出資法違反で逮捕される。周りから信頼されているタツヒコを妬み、彼にバーストを裏切らせようと目論んでいた。しかし、一度バーストを辞めた理由は社長がタツヒコを売ろうとした卑劣さに嫌気がさしたためであり、本来は仲間想いな一面もあったが、闇金業で成り上がるにつれ、卑劣さが増していった。逮捕された後は改心し、タツヒコのことを素直に評価するようになる。愛車は(ベンツ・Gクラス)。新宿スワン フレッシュアイペディアより)

80件中 61 - 70件表示

「出資法違反」のニューストピックワード