1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
80件中 71 - 80件表示
  • 闇金融

    闇金融から見た出資法出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律

    無登録貸金業の場合には貸金業法違反、出資法の上限金利(2010年6月8日の改正では年20.0%)を超える金利を設定した場合には出資法違反、に該当し司法捜査を受ける。その他の違法行為(前述)によっても司法捜査や、登録貸金業者であれば行政処分の対象となる。貸金業登録の有無にかかわらず、組織犯罪処罰法に抵触すれば加重処罰される。闇金融 フレッシュアイペディアより)

  • 闇金融

    闇金融から見た出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律

    貸金業を営む場合は、本来、国や都道府県に貸金業としての登録が必要である。闇金融にはこうした登録を行わず、出資法の制限を超える金利を課して人権を無視した取り立て(キリトリ、債権回収業務)を行うもの、または登録しながらも同様の犯罪を起こすものがある。闇金融 フレッシュアイペディアより)

  • トイチ

    トイチから見た出資法出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律

    借入金利が「十日で一割の金利」の略で、年利365%の金利をさし、高金利の俗語としても用いられる。もちろん、利息制限法の年利20%を超過しており、かつ、出資法の年利29.2%をも超過している(詳しくは、金融業が29.2%で、それ以外は109.5%が限度)ため、どちらの法律にも違反することとなる。正規の貸金業者がこのような貸付を行うことは無く、ヤミ金と呼ばれる違法金融業者によって行われている。このような金融業者は複利での貸付を行うため、実質年利は1000?3000%を超える。トイチ フレッシュアイペディアより)

  • 消費者金融

    消費者金融から見た出資法出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律

    なお、この頃「ヤミ金」被害が急増しており、その原因を上記のような信用情報機関の情報交流による与信の厳格化と中堅業者の淘汰に求める見解もある。他方、消費者金融業界は、原因は2000年(平成12年)の出資法改正による上限金利の40.004%から29.2%への引き下げによる中小零細業者の撤退・倒産にあるとしており、業者の淘汰の原因を信用情報の交流に求めるか法改正に求めるかの点において上記の見解と異なる。また、この2つの見解と異なった視点から、この時期のヤミ金被害急増の原因は不況の長期化による所得の減少、デフレによる金融債務の実質負担の増加、暴対法施行及び不況による暴力団員のサイドビジネスへの進出、携帯電話の普及などにあるとする見解もある。2003年(平成15年)にヤミ金対策を主目的に貸金業規制法が改正されたと同時に、出資法の上限金利の引き下げが論じられたが実現しなかった。消費者金融 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎泰

    山崎泰から見た出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律

    都議2期目在職中の2000年11月22日、東京信用保証協会への口利きを巡る出資法(仲介手数料の5%制限)違反容疑で、私設秘書(大塚雄司元建設大臣の元秘書)や、何れも当時衆議院議員だった佐藤茂樹(公明党)、吉田公一(民主党)、西川太一郎(保守党)の政策秘書始め、多くの国会・東京都政関係者が東京地検特捜部に摘発された。山崎泰 フレッシュアイペディアより)

  • 2017年の日本

    2017年の日本から見た出資法出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律

    22日 - フリーマーケット上で現金を出品する行為が相次ぎ出品者に出資法違反の疑いがあるとして、大手フリマアプリのメルカリが同行為を禁止する措置。2017年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 稲垣実男

    稲垣実男から見た出資法出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律

    2004年6月10日、自らが社長を務める投資顧問会社が、無許可・無認可で高齢者相手の詐欺的商法を手がけていたことが判明し、出資法違反容疑で逮捕。約230人から7億円弱を違法に集めたとされる。稲垣は10億円を超える借金を抱えていたとみられ、逮捕時に「相当額の借金があり、これを返してもう一花咲かせたかった」と供述している。2005年7月、執行猶予付き有罪判決確定。稲垣実男 フレッシュアイペディアより)

  • 徳田博美

    徳田博美から見た出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律

    銀行局長時代には、社会問題化していたサラ金の規制に取り組み、貸金業規制法(1983年5月成立、同時に改正出資法成立)の素案を作成した。苛酷な取立てや過剰な貸付を禁止し、サラ金を登録制にし、大蔵省の立ち入り検査の対象にした。野村総研副社長時代の1987年、金融制度調査会消費者信用問題専門委員会委員長として、消費者金融の健全な成長の為には、「銀行による適切な資金供給が望ましい」との見解を提出、この報告はのちの大手サラ金の株式上場(1993年)の後押しになったといわれている。また1988年2月には、金融制度調査会第二委員会に委員として所属、第二委は1989年5月、「子会社方式による銀行と証券の相互参入」の中間報告を打ち出した。徳田博美 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田公一

    吉田公一から見た出資法出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律

    2000年、中小企業向け制度融資の悪用をめぐり、東京信用保証協会への口利きの見返りに法外な仲介手数料の一部を受け取っていたとして、出資法違反の疑いで吉田の元秘書が逮捕された。吉田公一 フレッシュアイペディアより)

  • 電通

    電通から見た出資法出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律

    2010年、大阪市中央区のコンサルタント会社『インベストメント・パートナーズ』が、高利回りがあると虚偽の勧誘をして多額の現金を集めた出資法違反事件の共犯として、元電通社員の男性(同志社大学ラグビー部OB)が大阪府警に逮捕された。電通 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
80件中 71 - 80件表示

「出資法違反」のニューストピックワード