出雲のできごと ニュース&Wiki etc.

出雲国(いずものくに)は、かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ。山陰道に属する。 (出典:Wikipedia)

「出雲のできごと」最新ニュース

「出雲のできごと」Q&A

  • Q&A

    ◆ 朝鮮蔑視と大和朝廷 ◆ やまと朝廷は朝鮮の騎馬民族により作られたという学説を執筆…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2012年11月28日 22:54

  • Q&A

    ◆ 朝鮮蔑視と大和朝廷 やまと朝廷は朝鮮の騎馬民族により作られたという学説を執筆した…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2012年11月28日 22:50

  • Q&A

    日本語で書いた長文ですけど、文法的なミスなど直していただけませんか。 大変ご迷惑をか…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2009年1月8日 19:23

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「出雲国」のつながり調べ

  • 赤尾氏

    赤尾氏から見た出雲国

    寛永11年(1634年)に高次の子京極忠高が出雲国松江藩へ転封されると、忠高と共に出雲へ移った。(赤尾氏 フレッシュアイペディアより)

  • 相馬叙胤

    相馬叙胤から見た出雲国

    相馬 叙胤(そうま のぶたね、延宝5年4月4日(1677年5月5日) - 宝永8年4月20日(1711年6月6日))は、江戸時代前期から中期の大名。相馬氏第22代当主。陸奥相馬中村藩第6代藩主。出羽久保田藩主・佐竹義処の次男。母は出雲松江藩主・松平直政(越前松平家)の娘。正室は5代藩主・相馬昌胤の娘。子女に徳胤(三男)、養子尊胤(実父は相馬昌胤)らあり。幼名は仁寿丸。通称は求馬。諱は佐竹氏時代は義珍。後に相馬氏に入って宣胤、叙胤。後に官位は従五位下、図書頭、長門守。(相馬叙胤 フレッシュアイペディアより)

「出雲国」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「出雲のできごと」のニューストピックワード