前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
726件中 1 - 10件表示
  • 出雲源氏

    出雲源氏から見た出雲国出雲国

    出雲源氏(いずもげんじ)とは、鎌倉時代以降に出雲国を本拠として土着した源氏の流れを汲む一族の呼称。宇多源氏佐々木氏流に属し、近江源氏の分流にあたる。雲州源氏(うんしゅうげんじ)とも呼ばれる。家紋は佐々木流として珍しく「四つ目結い」を使わず(一部例外あり)、「花輪違い」を使うなどの特徴がある。出雲国神門郡塩冶郷(現 島根県出雲市)を本拠として発祥し、のち能義郡(現 安来市)に本拠が移った。出雲源氏 フレッシュアイペディアより)

  • 月山富田城

    月山富田城から見た出雲国出雲国

    歴代の出雲国守護職の居城で1396 ~1566年(戦国時代)には大名尼子氏の本拠地となり以後尼子氏とともに山陰の要衝の地となった。尼子氏は中国地方の覇権を巡って周辺諸国と争い尼子経久の時期に出雲に基盤を造り上げ、嫡孫晴久の代には山陰・山陽八ヶ国守護の大大名となった。天然の地形を利用した、最も難攻不落の要塞城といわれ「天空の城」とも呼ばれていた。その後、城を巡っても度々攻防戦が行われた(詳細は月山富田城の戦い参照)が、最終的に尼子氏は毛利氏によって滅ぼされ、城も毛利領となった。1600年(慶長5年)以降、堀尾氏が城主となるが、1611年(慶長16年)、堀尾忠晴が松江城に移り廃城となったが、それまで山陰の首城たる地位を失わなかった。1934年(昭和9年)、国の史跡に指定された。月山富田城 フレッシュアイペディアより)

  • 崎津村

    崎津村から見た出雲国出雲国

    江戸時代から明治22年(1889年)までの村名。万治2年(1659年)の藩の記録に吉津と書かれてあり、そのころ9戸の家があったと言われる。阿川氏、石橋氏、友森氏、山口氏、吉岡氏、長谷川氏、渡部氏、安田氏、松本氏などである。開発の時期は江戸時代初期と思われる。万延元年(1860年)に書かれた当村からの上申書によると、流浪していた讃岐高松出身の浪人善左衛門(阿川氏)はこの辺りを見立て開拓試作を試み、雲州、及び近郷の者を呼び寄せ、米子町人数名から出資を受け、開発を始めたという。崎津村 フレッシュアイペディアより)

  • 平時忠

    平時忠から見た出雲国出雲国

    この頃から時忠は清盛の思惑から外れ、独自の動きを見せるようになる。平治の乱の後、政治の主導権を巡って後白河上皇と二条天皇が激しく対立する中で、応保元年(1161年)9月3日、妹の滋子が後白河上皇の第七皇子(憲仁親王、後の高倉天皇)を出産した。その直後の15日、時忠は清盛の弟・平教盛とともに二条天皇により解官された。『愚管抄』によれば「ユユシキ過言」をしたのが原因であったという。翌年6月、院近臣・源資賢が二条天皇を賀茂社で呪詛したとして解官されるが、時忠も陰謀に関わったとして23日に出雲国に配流された。教盛が短期間で赦免されたのに対してはるかに重い処罰であり、二条天皇親政派が時忠を強く警戒していたことがうかがわれる。この事件において清盛は二条天皇支持の立場をとり、時忠に手を差し伸べることはなかった。平時忠 フレッシュアイペディアより)

  • 三沢氏

    三沢氏から見た出雲国出雲国

    出雲国の国人領主であった三沢氏の出自は、清和源氏木曾義仲を祖とする木曾系、同じく清和源氏満快流の飯島系と言われている。木曾系の説は木曾義仲の孫木曾為仲を三沢氏の祖としている。それに対して、長府藩に仕えた三沢家に伝わる史料では、同じ源氏でも、源満快の流れを汲んだ信濃国伊那郡飯島を本領とした飯島為国を祖としている。三沢氏 フレッシュアイペディアより)

  • 中国国分

    中国国分から見た出雲国出雲国

    なお、本能寺の変後の和睦条件は、当初織田氏方が要求していた備中・備後・美作・伯耆・出雲の5か国割譲に代えて、備後・出雲をのぞく備中・美作・伯耆の3か国の割譲と高松城(岡山県岡山市北区)の城主清水宗治の切腹というものであった。中国国分 フレッシュアイペディアより)

  • 忌部子人

    忌部子人から見た出雲国出雲国

    忌部 子人(いんべ/ いみべ/ いむべ の こびと、生年不詳 - 養老3年閏7月15日(719年9月3日))は、日本の飛鳥時代の人物である。名は「子首」「首」とも書き、「こおびと」「おびと」とも読む。姓ははじめ首、後に連、宿禰。神祇頭・忌部佐賀斯の子で、子に狛麻呂・馬麻呂・菟がいたとする系図がある。官位は従四位上・出雲守。忌部子人 フレッシュアイペディアより)

  • 吉美侯部

    吉美侯部から見た出雲国出雲国

    六国史(類聚国史の補分を含む)には吉弥侯部や吉弥侯を氏とする人物の記述が時折見られる。続日本紀では公民や官人としての君子氏や君子部氏、吉弥侯部氏、吉弥侯氏が記載されているが、類聚国史の「俘囚」の項には多くの吉弥侯部氏や吉弥侯氏が俘囚として記録されており、続日本後紀以降では俘囚以外にも賊首や賊主としての吉弥侯部氏、吉弥侯氏の記録がある。これら六国史の実際の記載としては「陸奥国俘囚」、「陸奥国賊首」、「出羽国俘囚」、「常陸国俘囚」、「甲斐国俘囚」、「甲斐国賊主」、「越中国俘囚」、「摂津国俘囚」、「播磨国俘囚」、「伊予国俘囚」、「安芸国俘囚長」、「因幡国俘囚」、「出雲国俘囚」、「豊前国俘囚」、「豊後国俘囚」とされているが、その殆どは何らかの功を挙げ位階を賜った記事となっている。これらの人物の中には、尾張国や駿河国、阿波国へ移配された者もあった。吉美侯部 フレッシュアイペディアより)

  • 塩冶高貞

    塩冶高貞から見た出雲国出雲国

    塩冶氏は、近江佐々木氏の佐々木秀義の五男義清が、承久の乱の功によって出雲・隠岐守に任ぜられたことを起源とする出雲源氏の嫡流。塩冶高貞 フレッシュアイペディアより)

  • 土屋氏

    土屋氏から見た出雲国出雲国

    土屋氏は坂東八平氏であった相模国中村荘司村岡宗平の子、土屋宗遠が相模国中村荘において土屋郷司についた事に由来する。鎌倉時代には、出雲国持田荘や出雲国大東荘、河内国茨田郡伊香賀郷の地頭を任官し各地に勢力を伸張する。土屋氏 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
726件中 1 - 10件表示

「出雲のできごと」のニューストピックワード