953件中 91 - 100件表示
  • 天叢雲剣

    天叢雲剣から見た出雲国出雲国

    日本神話において、スサノオが出雲国でヤマタノオロチ(八岐大蛇)を退治した時に、大蛇の体内(尾)から見つかった神剣である。八岐大蛇退治に至る経緯と、神剣の名称については古事記・日本書紀で複数の異伝がある。天叢雲剣 フレッシュアイペディアより)

  • 出雲市

    出雲市から見た出雲国出雲国

    この嫡流は、出雲国神門郡塩冶郷を本貫(出雲源氏発祥の地)として塩冶氏を名乗り出雲国守護を世襲したが、南北朝時代の守護・塩冶高貞(塩冶判官)は室町幕府執事高師直によって滅ぼされた。出雲市 フレッシュアイペディアより)

  • 富田義泰

    富田義泰から見た出雲国出雲国

    佐々木頼泰は、出雲国神門郡塩冶郷を領し、塩冶氏を称して出雲国守護職を父泰清から継承した。頼泰の弟である義泰は、父泰清から出雲国意宇郡富田庄を分与せられ、祖父佐々木義清の築城した月山富田城(がっさんとだじょう)を本拠として富田氏を称す。子に泰茂、師泰、頼秀、胤清、宗泰、秀泰がいる。富田義泰 フレッシュアイペディアより)

  • 天羽々斬

    天羽々斬から見た出雲国出雲国

    スサノオが出雲国のヤマタノオロチを退治した時に用いた神剣。大蛇を斬った時、体内にあった天叢雲剣(草薙剣)にあたって切先が欠けてしまった。天羽々斬 フレッシュアイペディアより)

  • 大田市

    大田市から見た出雲国出雲国

    大田市の大半は旧安濃郡と旧邇摩郡である。但し大田市祖式町、大代町新屋・大家(新屋地区、大家本郷地区、北佐木地区の一部)はかつての邑智郡、大田市山口町山口・佐津目は、昔の出雲国(旧簸川郡)にあたる。大田市 フレッシュアイペディアより)

  • 塩冶頼泰

    塩冶頼泰から見た出雲国出雲国

    塩冶 頼泰(えんや よりやす、旧字体表記:鹽冶 ?泰)は鎌倉幕府の御家人、出雲守護。出雲塩冶氏の祖となった。塩冶頼泰 フレッシュアイペディアより)

  • 松江市

    松江市から見た出雲国出雲国

    松江市(まつえし)は、島根県の東部(出雲地方)に位置する市。同県の県庁所在地である。松江市 フレッシュアイペディアより)

  • 毛利元氏

    毛利元氏から見た出雲国出雲国

    永禄12年(1569年)に尼子勝久や山中幸盛ら尼子氏再興軍が出雲国へ侵攻したため、父・元春や兄・元長らと共に元氏も出雲国へ出陣した。永禄13年/元亀元年(1570年)には父や兄と共に、尼子勝久や大内輝弘と手を組んで毛利氏の後方を撹乱していた三隅国定を討ち取っている。その後、恩賞として三隅氏の旧領3000貫を得た。天正3年(1575年)12月23日には安芸国上下庄北の北就勝の旧領100貫の地、天正5年(1577年)2月14日には出雲国の秋上氏の旧領を与えられる。また、後に山陰地方の肥中港(現在の山口県下関市豊北町神田肥中)や瀬戸崎港(現在の山口県長門市仙崎)を押さえて、山陰の海運を担うこととなった。毛利元氏 フレッシュアイペディアより)

  • 月山富田城の戦い

    月山富田城の戦いから見た出雲国出雲国

    月山富田城の戦い(がっさんとだじょうのたたかい)は、1542年から1543年・1565年から1566年に尼子氏の本拠である出雲国の月山富田城(現:島根県安来市)を巡って発生した合戦である。月山富田城の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 尼子再興軍の雲州侵攻

    尼子再興軍の雲州侵攻から見た出雲国出雲国

    尼子再興軍の雲州侵攻(あまごさいこうぐんのうんしゅうしんこう)とは、永禄12年6月(1569年8月)、雲州(出雲国)奪還を目指す尼子再興軍が但馬国から舟に乗って海を渡り、島根半島に上陸して毛利軍より真山城を奪った戦いである。尼子再興軍の雲州侵攻 フレッシュアイペディアより)

953件中 91 - 100件表示

「出雲のできごと」のニューストピックワード