726件中 91 - 100件表示
  • 本多政信

    本多政信から見た出雲国出雲国

    播磨国姫路藩主・本多政朝の次男。官位は従五位下出雲守。本多政信 フレッシュアイペディアより)

  • 熊谷広真

    熊谷広真から見た出雲国出雲国

    永禄5年(1562年)11月に出雲国高櫓城主に任じられる。城主となってからは久光寺の創建や須佐大宮、多部神社の修復に尽力した。熊谷広真 フレッシュアイペディアより)

  • 島根郡

    島根郡から見た出雲国出雲国

    島根郡(しまねぐん)は出雲国にかつて存在した郡である。嶋根郡とも書かれた。島根半島の東側に位置していた。2009年(平成21年)現在は全域が松江市に属している。島根郡 フレッシュアイペディアより)

  • 湯原宗綱

    湯原宗綱から見た出雲国出雲国

    湯原 宗綱(ゆはら むねつな、永正15年(1518年?) - 天文9年9月26日(1540年10月25日))は、戦国時代の武将。戦国大名・尼子氏家臣。出雲国の国人領主、湯原氏の当主。父は湯原信綱、弟に湯原春綱他。通称、弥次郎。尼子経久と尼子晴久の2代に仕えた。伯耆国時山城主。湯原宗綱 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤宗看 (初代)

    伊藤宗看 (初代)から見た出雲国出雲国

    出雲国出身。二世名人大橋宗古 (二代)の娘婿であり、宗古の計らいによって、新しい家元、伊藤家を興す(寛永12年)。このとき、宗看18歳であった。伊藤宗看 (初代) フレッシュアイペディアより)

  • 岡山県道34号笠岡井原線

    岡山県道34号笠岡井原線から見た出雲国出雲国

    別名を笠岡側では井原道、井原往来。井原側では笠岡道、笠岡往来とも。笠岡の港(現在の笠岡港。)より東城(現在の広島県庄原市東城町。)を経て、雲州こと出雲国(現在の島根県。)、出雲大社に通じていた道。七日市宿(現在の岡山県井原市七日市町。)で山陽道(西国街道)に接し、そこから高山市(現在の岡山県高梁市川上町高山市・井原市芳井町東三原)等を経て、東城に向う。笠岡方向に対しては、笠岡の港から四国、金毘羅に向う道でもあった。岡山県道34号笠岡井原線 フレッシュアイペディアより)

  • 太歳神社

    太歳神社から見た出雲国出雲国

    太歳神社は大同3年(808年)、出雲国神門郡青柳郷吹上島より勧進し建立されたことにはじまる。永く地元領主だった三吉氏の尊崇を受けたが、関ヶ原の戦いの際に毛利家臣として西軍に組したことから戦後に改易。太歳神社 フレッシュアイペディアより)

  • 昌泰の変

    昌泰の変から見た出雲国出雲国

    この政変で道真・善(出雲権守に左遷)を排斥、変の直後に連座を免れた源希も病死、同じく藤原忠平も政治の中枢から事実上追われることになり、醍醐天皇・藤原時平派の政治的勝利に終わった。直後に醍醐天皇は穏子を女御に格上げして事実上の正妃として遇し、その所生の皇子による直系継承によって藤原氏の支持を得た皇位継承を図ることとなる。これは、宇多上皇が進めてきた藤原氏の抑制方針を大きく変えるものであった。天皇や時平は「延喜の治」と呼ばれる自らが主導する政治改革を目指すものの、変からわずか8年後に時平が急死、続いて醍醐天皇も病気がちとなり、政治権力の中心は再度宇多法皇と藤原忠平の手中に帰する事になった。昌泰の変 フレッシュアイペディアより)

  • 赤川氏

    赤川氏から見た出雲国出雲国

    その後は毛利氏の譜代家臣として仕え。戦国時代の当主赤川就秀は大永3年(1523年)に毛利元就の毛利宗家相続を要請した宿老の中の一人にもなった。その後、毛利氏が尼子氏に従属した際にその人質として、光永秀時や井上元貞と出雲国月山富田城に赴いた。毛利氏と尼子氏の絶縁の際には、秘密裏に脱出して安芸国へと逃げ帰った。赤川氏 フレッシュアイペディアより)

  • 雲芸和議

    雲芸和議から見た出雲国出雲国

    出雲国を基盤とする尼子氏は、尼子氏当主晴久の代には山陰・山陽八ヶ国守護として最盛期を迎え、大内氏を滅ぼした毛利氏にとって最大の障害となっていた。特に毛利元就は石見銀山を獲得すべく石見へと侵攻するも、晴久によって二度撃退され尼子氏は石見銀山の権益を独占していた。雲芸和議 フレッシュアイペディアより)

726件中 91 - 100件表示

「出雲のできごと」のニューストピックワード

  • FUJITSU Manufacturing Industry Solution VisuaLine

  • 6042MkII対応

  • VisuaLine