953件中 101 - 110件表示
  • 出雲建

    出雲建から見た出雲国出雲国

    ヤマトタケル(倭建命/日本武尊)に征伐された出雲の豪族である。出雲建 フレッシュアイペディアより)

  • 黒田治宗

    黒田治宗から見た出雲国出雲国

    黒田治宗(くろだ はるむね、生没年不詳)は、日本の戦国時代の武将。赤松氏の家臣黒田宗政の長男。通称などは不詳。子は黒田治重(長男)、不詳(次男)、山中貞幸(三男)。出雲の戦国武将山中幸盛の曾祖父。墓所・法号についても不詳である。黒田治宗 フレッシュアイペディアより)

  • 熊谷広真

    熊谷広真から見た出雲国出雲国

    永禄5年(1562年)11月に出雲国高櫓城主に任じられる。城主となってからは久光寺の創建や須佐大宮、多部神社の修復に尽力した。熊谷広真 フレッシュアイペディアより)

  • 岡山県道294号下鴫川上線

    岡山県道294号下鴫川上線から見た出雲国出雲国

    笠岡の港から井原、東城を経て出雲国および出雲大社を結ぶ道。笠岡往来、笠岡道とも呼ぶ。岡山県道294号下鴫川上線 フレッシュアイペディアより)

  • 本田家吉

    本田家吉から見た出雲国出雲国

    始めは尼子晴久に仕える。主に内政にその手腕を見せ、尼子晴久が中国地方の大大名として地位を確立した際に出雲奉行衆に任ぜられる。この中で天文年間に発行された大半の奉行人連署書状に「本田豊前守家吉」の名が「佐世伊豆守清宗」・「立原備前守幸隆」等の尼子氏重臣と並んで多く見えることからも、尼子家臣としてはの地位は高い方に位置されていた。奉行衆自体は尼子宗家の専制を強化する為に晴久が作り出した機構であり、これは富田衆と呼ばれる尼子氏直臣が任ぜられていることが多いが、家吉自身は晴久に取り立てられた将である。本田家吉 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤泰觚

    加藤泰觚から見た出雲国出雲国

    大洲藩嫡子・加藤泰義の長男。母は霊光院。正室は織田長頼の娘。子は加藤泰貫(長男)、加藤泰恒(次男)、娘(松平信房正室)。官位は従五位下、出雲守。大洲藩2代藩主・加藤泰興の孫で、大洲藩3代藩主・加藤泰恒の兄に当たる。加藤泰觚 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤泰賢

    加藤泰賢から見た出雲国出雲国

    第5代藩主・加藤泰宦の長男。母は松平近貞の娘・宣遊院。正室は加藤泰衑の娘・恭心院。継室は板倉勝矩の娘・琴。継々室は鳥居忠求の娘・謡台院。子は加藤泰儔(長男)、加藤泰好(次男)、娘(脇坂安能室)。官位は従五位下、出雲守。幼名は覚十郎。加藤泰賢 フレッシュアイペディアより)

  • 出雲国造神賀詞

    出雲国造神賀詞から見た出雲国出雲国

    出雲国造は都の太政官の庁舎で任命が行われる。任命者は直ちに出雲国に戻って1年間の潔斎に入り、その後国司・出雲大社祝部とともに改めて都に入り、吉日を選んで天皇の前で奏上したのが神賀詞である。六国史などによれば、霊亀2年(716年)から天長10年(833年)までの間に15回確認できる。その性格としては服属儀礼とみる見方と復奏儀礼とする見方がある。出雲国造神賀詞 フレッシュアイペディアより)

  • 盾縫

    盾縫から見た出雲国出雲国

    忌部の中に祭祀に用いる盾を作るものがいたと思われる点や前述の石上神宮に関わりのある刀工川上部(かわかみのとも)の中に楯部がいたなど、古墳期の盾縫は宗教と関わり深い。出雲国楯縫郡の地名も、神事道具としての盾を製作していたことに由来する。盾縫 フレッシュアイペディアより)

  • 松平直温

    松平直温から見た出雲国出雲国

    松平直温 (母里藩主) (まつだいら なおより) - 幕末の出雲母里藩主。松平直温 フレッシュアイペディアより)

953件中 101 - 110件表示

「出雲のできごと」のニューストピックワード