953件中 111 - 120件表示
  • 毛利高翰

    毛利高翰から見た出雲国出雲国

    第9代藩主・毛利高誠の長男。母は喜連川恵氏の娘。正室は井伊直朗の娘。子に毛利高泰(長男)、娘(細川行芬正室)、娘(喜連川熙氏正室)。官位は従五位下、出雲守、若狭守。幼名は栄菊。毛利高翰 フレッシュアイペディアより)

  • 堀直旧

    堀直旧から見た出雲国出雲国

    堀 直旧(ほり なおひさ、享保4年12月11日(1720年1月20日) - 延享5年6月20日(1748年7月15日))は、江戸時代の大名で、越後椎谷藩第4代藩主。直之系堀家6代。椎谷藩2代藩主・堀直央の長男。正室はなし。通称、直四郎。初め、直喬。従五位下、出雲守、式部少輔。堀直旧 フレッシュアイペディアより)

  • 内村友輔

    内村友輔から見た出雲国出雲国

    出雲国松江の油屋の三男として生まれる。幼時より読書を好み、家業を手伝いながら父の監視の目をくぐりつつ学業を続けたという。24歳の時に京都へ出て貫名海屋の門に入り、さらに大阪で篠崎小竹に学び、30歳の頃に江戸に行き、商人の身分で昌平黌への入学を許された。当時の教授は佐藤一斎と安積艮斎などで、学友としては重野成斎・岡鹿門・中村敬宇が挙げられる。当時の志士である松本奎堂・松林飯山と交わり、水戸学の影響を受ける。一度は松江に帰藩するが用いられず、大阪で私塾を開き、かなりの成績を上げた。この時の生徒の一人が、後の松本幹一(晩翠)である。内村友輔 フレッシュアイペディアより)

  • 大梶七兵衛

    大梶七兵衛から見た出雲国出雲国

    大梶七兵衛(おおかじ しちべえ、元和7年(1621年) - 元禄2年5月25日(1689年7月11日))は出雲国神門郡古志村(現在の島根県出雲市古志町)で生まれ、高い農業土木技術を認められて松江藩に召され開発棟梁となり、荒木浜における植林、高瀬川の開削など、出雲平野の開拓・植林に尽力した人物である。大梶七兵衛 フレッシュアイペディアより)

  • 庄司儀右衛門

    庄司儀右衛門から見た出雲国出雲国

    会見郡渡村(現在の鳥取県境港市渡町)出身。庄司姓については、渡村集落の中心部に「庄司名」の地字も残り、中世荘園との関連が推定されるが、現段階ではその起源を立証するものは見当たらない。もとは出雲の安来出身とする説もある庄司儀右衛門 フレッシュアイペディアより)

  • 良忠

    良忠から見た出雲国出雲国

    出雲国鰐淵寺・園城寺(三井寺)に入り、浄土・天台・真言・法相の各宗の教学を修めた。1236年(嘉禎2年)法然の弟子である弁長の弟子となり、1240年(仁治元年)幕府の重臣北条経時の帰依を受けて鎌倉に蓮華寺(現在の光明寺)を創建した。1248年(宝治2年)には後嵯峨上皇に円頓戒を授戒している。関東において広く浄土教を布教し、日蓮と論争もしている。良忠 フレッシュアイペディアより)

  • 生駒正種

    生駒正種から見た出雲国出雲国

    寛永14年(1637年)7月、生駒帯刀は江戸へ出て藤堂家の藩邸へ行き訴状を差し出した。訴状を受け取った藤堂高次は容易ならぬことと思い、土井利勝と生駒家縁戚の脇坂安元と相談し、穏便に済ますよう帯刀を説諭して国許へ帰らせた。しかし、家中の対立は収まらず、寛永15年(1638年)10月、帯刀は再び高次に前野と石崎を厳しく裁くよう訴え出た。国許にあった高次は帯刀を伊勢国津に呼び、家中の不和が続くようではお家滅亡になると諭して帰した。寛永16年(1639年)5月、高次は一件を収拾するため喧嘩両成敗として双方の主だった者5人に前野、石崎および国許から帯刀を藤堂藩邸に呼んで説得し、彼らは切腹することを承知した。帯刀は藤堂家の領地の伊賀国へ退いた。しかし、帯刀派は忠義の者が同罪というのはおかしいと、江戸にいる藩主高俊に帯刀ら忠義の者の命を助けるよう訴えた。これまでの顛末を知らない高俊は驚き、高次に抗議した為、高次は後見職から手を引いた。これにより、帯刀は国許に帰った。前野と石崎も切腹をやめ、前野・石崎派は老中稲葉正勝を介して幕府に訴状を提出した。そして、武装をして、一族郎党が国許から退去し大騒動に発展した。幕府の詮議により、前野・石崎派は武装して立ち退いたことなど幕府の心象が悪く4人が切腹また多くのものが処刑となったのに対して、帯刀派に対しては生駒帯刀は主人に対して忠心あるとして出雲国松江藩にお預け、その他の者も諸大名家へお預けとり、藩主の生駒高俊は出羽国へ流罪となり、堪忍料として矢島1万石を与えられた。生駒正種 フレッシュアイペディアより)

  • 堀之敏

    堀之敏から見た出雲国出雲国

    堀 之敏(ほり ゆきとし、文政3年4月18日(1820年5月29日) - 文久2年12月8日(1863年1月27日))は、江戸時代の大名で、越後椎谷藩第12代藩主。直之系堀家14代。11代藩主・堀直哉の長男。母は岡部長備の娘。正室は三浦俊次の娘。子は堀之美(次男)。通称、慎太郎。従五位下、出雲守。堀之敏 フレッシュアイペディアより)

  • 南条貞宗

    南条貞宗から見た出雲国出雲国

    南条 貞宗(なんじょう さだむね、延元4年/暦応2年(1339年)? - 元中8年/明徳2年(1391年)?)は南北朝時代の武将で伯耆国羽衣石城に拠点を置いた国人・南条氏の始祖。通説では出雲国守護の塩冶高貞の次男といわれており尼子南条伯耆守と称した。子に南条景宗、機堂長応、尼子右衛門尉経時。初名は高秀。南条貞宗 フレッシュアイペディアより)

  • 津軽承保

    津軽承保から見た出雲国出雲国

    津軽 承保(つがる つぐやす、文政4年11月29日(1821年12月23日)- 嘉永4年9月24日(1851年10月18日))は、陸奥国黒石藩の第3代藩主。初代藩主・津軽親足の次男。正室は高秭の娘。官位は従五位下、出雲守。津軽承保 フレッシュアイペディアより)

953件中 111 - 120件表示

「出雲のできごと」のニューストピックワード