953件中 121 - 130件表示
  • 久留島通明

    久留島通明から見た出雲国出雲国

    第9代藩主・通容の長男(第8代藩主・通嘉の子で通容の異母弟との説もある)。子は娘(横田某室)。官位は従五位下、出雲守。幼名は松喜代、通称は兵部。久留島通明 フレッシュアイペディアより)

  • 田の神

    田の神から見た出雲国出雲国

    三九日とは、旧暦9月9日・19日・29日のこと。クニチ、オクンチ、ミクンチ、サンクニチなどの呼称もある。各地でさまざまな行事がみられるが、東北地方では9月29日までに稲を取り入れるとされる。また、9日の餅を食べた後、10月になってから神が出雲国に旅立たれると信じられていた。神無月の伝承とこれを結びつけたがゆえに混乱の生じた地域もあったが、旧10月中旬以降に神を田から送る祭は各地でおこなわれた。田の神 フレッシュアイペディアより)

  • 嵐の伝説

    嵐の伝説から見た出雲国出雲国

    現代においてはいずれも出雲を本拠地とするインディーズプロレス団体「いずもプロレス」に所属するベビーフェイスギミックのレスラー。マスクレスラーのイザナギは千引、平坂、そして桃木実の師匠であり、千引と平坂は桃木の兄弟子である。「裁きの日」後、3人ともゾンビとなってしまう。しかし生前のフェアな精神は健在なのか、通常のゾンビの主力武器である噛みつきを行わず、もっぱらプロレス技で攻撃する。出雲において、かつての弟子であり後輩である桃木と、激しくも正々堂々たる戦いを繰り広げる。嵐の伝説 フレッシュアイペディアより)

  • 鴻池之政

    鴻池之政から見た出雲国出雲国

    鴻池 之政(こうのいけ これまさ、慶長2年(1597年)- 寛文8年(1668年)9月8日)は、日本の江戸時代の商人。和泉町鴻池家の初代当主。出雲国の戦国武将山中幸盛の孫。山中幸元(新右衛門)の三男。通称は(初代)鴻池又右衛門と称した。鴻池之政 フレッシュアイペディアより)

  • 行徳玉江

    行徳玉江から見た出雲国出雲国

    14歳頃に鼎金城に就いて南画の指導を受ける。18歳のときには『浪華画家名流』にその名が掲載され画家として認められている。京都にて貫名海屋からも画の教えを受けている。篆刻は呉北渚に就いて学び、画名以上に名を馳せた。叔父に「医業か画業いずれかに専心せよ」と戒めを受けあっさり医を諦め、九州各地を遊歴し長崎では祖門鉄翁に画法を受けた。その後も旅を続け越前・伊予・伊勢などに赴いている。新婚間も無い安政元年には出雲に遊び、3年間も滞在している。行徳玉江 フレッシュアイペディアより)

  • 京極材宗

    京極材宗から見た出雲国出雲国

    父が高清に敗れて出雲へ下向した後も高清と戦い、文亀元年(1501年)に浅井直種を従えて今浜を攻めたが、上坂家信の防戦で失敗。文亀2年(1502年)、永正2年(1505年)にも高清を攻撃したが失敗、同年に高清と和睦したが、永正4年に高清に自殺させられた。京極材宗 フレッシュアイペディアより)

  • 山中清直

    山中清直から見た出雲国出雲国

    山中 清直(やまなか きよなお、生年不詳 - 寛永18年(1641年)7月15日)は、日本の江戸時代の商人。小浜山中家の初代当主。出雲国の戦国武将・山中幸盛の孫。山中幸元(新右衛門)の長男。通称は新兵衛と称した。山中清直 フレッシュアイペディアより)

  • 多賀宗直

    多賀宗直から見た出雲国出雲国

    文明18年(1486年)8月、京極政経・材宗父子が出雲から上洛すると政経父子と結んで高清に反乱を起こし、高清を甲賀郡三雲に追放したが、10月に高清の反撃に遭い美濃へ逃亡、翌長享元年(1487年)に北近江に戻ったが、5月1日に国友河原で敗北、浅井郡月ヶ瀬の城館に逃れたが包囲され自殺した。多賀宗直 フレッシュアイペディアより)

  • 本多政信

    本多政信から見た出雲国出雲国

    播磨姫路藩主・本多政朝の次男。官位は従五位下出雲守。本多政信 フレッシュアイペディアより)

  • 板倉重泰

    板倉重泰から見た出雲国出雲国

    板倉 重泰(いたくら しげやす、元禄4年5月24日(1691年6月20日) - 享保3年閏10月24日(1718年12月15日))は、江戸時代中期の大名で、陸奥国福島藩主。板倉重寛の長男。正室は水野忠直の娘。養嗣子は板倉勝里、子は娘(亀井茲満正室のち小出英持正室)がいる。官位は従五位下、出雲守。重昌流板倉家第5代。板倉重泰 フレッシュアイペディアより)

953件中 121 - 130件表示

「出雲のできごと」のニューストピックワード