726件中 11 - 20件表示
  • 佐々木政義

    佐々木政義から見た出雲国出雲国

    佐々木 政義(ささき まさよし、承元2年(1208年) - 正応3年6月17日(1290年7月24日))は、鎌倉時代前期の武将。鎌倉幕府の御家人。佐々木義清の嫡男。通称は隠岐太郎。官位は左衛門少尉。隠岐・出雲両国の守護職。佐々木政義 フレッシュアイペディアより)

  • 牧清冬

    牧清冬から見た出雲国出雲国

    しかし、三浦貞久が病死すると尼子晴久の圧力に屈し、美作三浦氏は尼子の軍門に降る事となる。尼子臣従後当初は、祖父尚春の尽力もあって尼子誠久に三浦貞広に高田城周辺が安堵されていたが、天文23年(1554年)、尼子家中において三浦貞広の高田支配を容認していた尼子誠久が新宮党粛清で死亡すると、尼子晴久は高田周辺の直轄支配に乗り出し、代官として宇山誠明が配置された。これを期に三浦貞広は領を失い、貞広とその家老であった祖父尚春や清冬も出雲国に召喚され尼子氏の管理下に置かれるようになったと考えられている。牧清冬 フレッシュアイペディアより)

  • 山中幸盛

    山中幸盛から見た出雲国出雲国

    山中 鹿介 幸盛(やまなか しかのすけ ゆきもり)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての山陰地方の武将。出雲国能義郡(現在の島根県安来市広瀬町)に生まれる。戦国大名尼子氏の家臣。実名は幸盛(ゆきもり)、幼名は甚次郎(じんじろう)。優れた武勇の持ち主で「山陰の麒麟児」の異名を取る。山中幸盛 フレッシュアイペディアより)

  • 日野衆

    日野衆から見た出雲国出雲国

    日野氏は『源平盛衰記』に郡司として名前が上げられ平安時代末期にはすでにこの地にあったとされるが、その他の諸氏は主に室町時代にこの地に勢力を張ったと思われる。出自が記録として明らかなのは山名氏と蜂塚で、日野山名氏は弘和/永徳年代に室町幕府侍所頭人、丹後・出雲・隠岐守護を務めた山名義幸が職を辞してこの地に入り日野屋形号を名乗った事を始めとする。蜂塚氏は『鳥取県神社誌』によれば文明16年(1484年)に初代・蜂塚安房守が江美城に入った事が始めとある。また、進氏は山名氏のもとで伯耆衆の一員になり応仁の乱に参加、その功によって進美濃守は南条氏と共に伯耆守護代に任じらている。これら諸氏が日野川に沿った街道や利水などの利害調整の為に日野山名氏を筆頭に衆派を形成したのが始りと思われる。日野衆 フレッシュアイペディアより)

  • 尼子晴久

    尼子晴久から見た出雲国出雲国

    尼子 晴久(あまご はるひさ)は、戦国時代の武将。出雲の戦国大名・守護大名。出雲・隠岐・備前・備中・備後・美作・因幡・伯耆守護職。尼子経久の嫡孫に当たる。尼子晴久 フレッシュアイペディアより)

  • 島根県

    島根県から見た出雲国出雲国

    島根県(しまねけん)は、日本の中国地方の日本海側である山陰地方の西部を成す県である。県庁所在地は松江市。離島の隠岐島、竹島なども島根県の領域に含まれる。旧国名は出雲国・石見国・隠岐国であり、現在でも出雲地方・石見地方・隠岐地方の3つの地域に区分されることが多い。島根県 フレッシュアイペディアより)

  • 雲州

    雲州から見た出雲国出雲国

    雲州 (日本) - 日本の令制国である出雲国の別称。雲州 フレッシュアイペディアより)

  • 小浪城

    小浪城から見た出雲国出雲国

    1333年、名和長年は後醍醐天皇の隠岐島脱出を助け、船上山に立てこもった。隠岐国守護の佐々木清高は追撃のため小浪城に入り、出雲国、伯耆国、因幡国の軍勢をまとめ、天皇方のこもる船上山を攻めた。しかし、船上山を落すことはできず、清高は再び当城に入った。小浪城 フレッシュアイペディアより)

  • 竹内町

    竹内町から見た出雲国出雲国

    備中国英賀郡草間(現・岡山県新見市草間)川崎城城主。室は美作高田城主三浦元兼の娘。1521年(大永元年)信則は元兼の口入により雲州富田月山城主尼子経久の旗下に属す。竹内町 フレッシュアイペディアより)

  • 三刀屋氏

    三刀屋氏から見た出雲国出雲国

    三刀屋氏(みとやし、みとやうじ)は、日本の氏族の一。清和源氏満快流信濃源氏一族を称した三刀屋氏が有名で、この一族は出雲国に住した後に三刀屋を名字とする。三刀屋氏 フレッシュアイペディアより)

726件中 11 - 20件表示

「出雲のできごと」のニューストピックワード