953件中 11 - 20件表示
  • 忌部子人

    忌部子人から見た出雲国出雲国

    忌部 子人(いんべ/ いみべ/ いむべ の こびと/ こおびと/ おびと、生年不詳 - 養老3年閏7月15日(719年9月3日))は、日本の飛鳥時代から奈良時代にかけての貴族。名は子首、首とも記される。姓は首のち連、宿禰。神祇頭・忌部佐賀斯の子とする系図がある。官位は従四位上・出雲守。忌部子人 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木政義

    佐々木政義から見た出雲国出雲国

    佐々木 政義(ささき まさよし、承元2年(1208年) - 正応3年6月17日(1290年7月24日))は、鎌倉時代前期の武将。鎌倉幕府の御家人。佐々木義清の嫡男。通称は隠岐太郎。官位は左衛門少尉。隠岐・出雲両国の守護職。佐々木政義 フレッシュアイペディアより)

  • 布勢人主

    布勢人主から見た出雲国出雲国

    布勢 人主(ふせ の ひとぬし、生没年不詳)は、奈良時代の貴族。姓は朝臣。官位は従五位上・出雲守。布勢人主 フレッシュアイペディアより)

  • 吉美侯部

    吉美侯部から見た出雲国出雲国

    『六国史』(『類聚国史』の補分を含む)には吉弥侯部や吉弥侯を氏とする人物の記述が時折見られる。『続日本紀』では公民や官人としての君子氏や君子部氏、吉弥侯部氏、吉弥侯氏が記載されているが、類聚国史の「俘囚」の項には多くの吉弥侯部氏や吉弥侯氏が俘囚として記録されており、『続日本後紀』以降では俘囚以外にも賊首や賊主としての吉弥侯部氏、吉弥侯氏の記録がある。これら六国史の実際の記載としては「陸奥国俘囚」「陸奥国賊首」「出羽国俘囚」「常陸国俘囚」「甲斐国俘囚」「甲斐国賊主」「越中国俘囚」「摂津国俘囚」「播磨国俘囚」「伊予国俘囚」「安芸国俘囚長」「因幡国俘囚」「出雲国俘囚」「豊前国俘囚」「豊後国俘囚」とされているが、その殆どは何らかの功を挙げ位階を賜った記事となっている。これらの人物の中には、尾張国、駿河国、阿波国へ移配された者もあった。吉美侯部 フレッシュアイペディアより)

  • 牧清冬

    牧清冬から見た出雲国出雲国

    しかし、三浦貞久が病死すると尼子晴久の圧力に屈し、美作三浦氏は尼子の軍門に降る事となる。尼子氏臣従後当初は、祖父尚春の尽力もあって尼子誠久によって三浦貞広に高田城周辺が安堵されていたが、天文23年(1554年)、尼子家中において三浦貞広の高田支配を容認していた尼子誠久が新宮党粛清で死亡すると、尼子晴久は高田周辺の直轄支配に乗り出し、代官として宇山誠明が配置された。これを期に三浦貞広は領を失い、貞広とその家老であった祖父尚春や清冬も出雲国に召喚され尼子氏の管理下に置かれるようになったと考えられている。牧清冬 フレッシュアイペディアより)

  • 三沢為清

    三沢為清から見た出雲国出雲国

    三沢 為清(みざわ ためきよ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。初めは尼子氏、後に毛利氏に属する。南信濃の国人飯島氏の末裔、もしくは木曾義仲の末裔を称し、出雲国仁多郡三沢城(現在の島根県仁多郡奥出雲町三沢)を根拠地とした国人である三沢氏の当主。三沢為清 フレッシュアイペディアより)

  • 村国子老

    村国子老から見た出雲国出雲国

    村国 子老(むらくに の こおゆ、生没年不詳)は、奈良時代の官人。姓(カバネ)は連。官位は外従五位下・出雲介。村国子老 フレッシュアイペディアより)

  • 土屋氏

    土屋氏から見た出雲国出雲国

    土屋氏は坂東八平氏であった相模国中村荘司村岡宗平の子、土屋宗遠が相模国中村荘において土屋郷司についたことに由来する。鎌倉時代には、出雲国持田荘や出雲国大東荘、河内国茨田郡伊香賀郷の地頭を任官し各地に勢力を伸張する。土屋氏 フレッシュアイペディアより)

  • 越前松平家

    越前松平家から見た出雲国出雲国

    松江松平家(出雲国松江藩18万石) - 秀康の三男直政の子孫越前松平家 フレッシュアイペディアより)

  • 松平氏

    松平氏から見た出雲国出雲国

    松江松平家(出雲国松江藩等) - 秀康の三男直政の子孫松平氏 フレッシュアイペディアより)

953件中 11 - 20件表示

「出雲のできごと」のニューストピックワード